2018/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
vお知らせ
生徒の皆さんへ:未来中心アトリウムの机を長時間占有しないでください
「同窓名鑑」(人事新報社)の葉書にご注意ください!!
保護者による子供の送迎についてお願いがあります。こちらをお読みください。
◆このサイトは携帯電話でも閲覧できます。QRコードでアクセス
学校のこと 各学年お知らせ 育友会のこと
 学校行事  連絡・お知らせ  第1学年  育友会活動  人権推進委
 部活動・生徒会  生活指導・安全  第2学年  倉東だより  健全育成委
 大学入試  進路指導  第3学年  総会  広報委
 行事予定  入学希望の方へ  定時制  組織・規約  管理者から
高校生が考えるこれからの時代の「仕事」
-第4次産業革命期を主体的に生き抜くために-

DSC_0002-1.jpg
昨日8月5日(日)、フォーラム2日目は、倉吉東高等学校のプレゼンから始まりました。

①鳥取県立倉吉東高等学校
「STEPs to Survive in ABCDI-Society」
 

②島根県立松江北高等学校
「20年後の社会における『仕事』とは」
 

③大韓民国京畿道安養高等学校
「危機を好機に変える~HITプロジェクト~」
 

④鳥取県立米子東高等学校
「知識よりも大切なもの」
 

⑤シンガポール共和国セントジョセフ高等学校
「衝撃に備えよ~第4次産業革命期へ向けて~」
 

⑥鳥取県立鳥取西高等学校
「旅するペンギン」
 

⑦長野県松本深志高等学校
「もし未来を生きる人間がAIと仲良しになったら」
 

各校、それぞれの切り口で、テーマについての提言をしました。
発表内容、スクリーンの映像作成、発表の英訳(和訳)に至るまで、たくさんの研究・勉強をし、多くの時間と労力を使ってこのプレゼンに臨んだことがうかがえました。
どの高校も、大きな舞台で、堂々たる立派なプレゼンでした。
発表が終わるたび、会場からは大きな拍手が送られていました。

討論・まとめ
  
各校の発表について、様々な質問や意見が出され、活発な討論が展開されました。
ゲストコメンテーターの先生方からは、具体的な鋭い指摘も多々ありましたが、最後に全ての発表校の健闘に対して温かい言葉をいただきました。

優秀賞は2校、
シンガポール共和国セントジョセフ高等学校と倉吉東高等学校でした。

最優秀賞と倉東賞は、
大韓民国安養高等学校が受賞されました。
おめでとうございます。

このフォーラムに向けて準備を進めてきてくれた生徒実行委員のみなさん、各々が確実にしっかりと仕事をこなし、滞りないスムーズな会の運営でした。
運営に携わって下さった全ての皆様、ありがとうございました。

(no-j)
「第17回国際高校生フォーラムin倉吉2018」いよいよ開幕です!

倉吉未来中心大ホール、ステージ上は倉吉東高オーケストラ部。
歓迎演奏で幕を開けました。
sKIMG1946_20180804182631.jpg

御舩校長先生の歓迎の言葉
sKIMG1950_20180804185723.jpg

来賓あいさつは鳥取県教育委員会教育次長 足羽英樹さん。
このフォーラムを立ち上げるときに教師として倉吉東高におられ、当時の様子をお話しいただきました。
sKIMG1952_20180804191919.jpg

開会行事の後、ゲストコメンテーター 東京大学大学院教授 本田由紀先生から、「日本社会の過去・現在・未来―AIは何を変えるのか」と題して基調講演がありました。
sKIMG1960_20180804182743.jpg

AIについて語る前に、現在の日本の社会構造の問題点ををきちんと押さえ、その解決の手立てを考えていかなければ、AIがもたらす未来はユートピアにはなりえないのではという内容で、私たち保護者にとっても非常に興味深いお話でした。

明日は各校のプレゼン・討論があります。非常に楽しみです!
発表は、9時20分から
倉吉東高校(代表:銀河チーム)からスタートです。 
島根県 松江北高校
韓国 安養高校
米子東高校
シンガポール セント・ジョセフ高校
昼食をはさんで
鳥取西高校
長野県 松本深志高校
の順に発表があります。

(なか)
 
7月21日(土)倉吉東高において第2回HP運営委員会を開きました。

よりよいHPにするため、フォトアルバムの作成やHP内のリンク切れの箇所を整理する作業を行いました。

今後も見やすくわかりやすいHPになるよう研修を重ねていきたいと思います。

ホームページ運営委員会 委員長 M.O
HPに関するアンケートから、フォトアルバムを見つけられなかったというお声をいただきました。
スマホ版で育友会HPを開いて下のほうに「リンク」というところがあります。



ここをクリックしていただくと
フォトアルバムへのリンクが出ますのでクリックしてみてください。


20180721175707dc9.jpg

見たいアルバム名をクリックするとGoogleフォトのアルバムを見ることができます。

ぜひご覧ください。

(o_n)
平成30年度 青少年育成者研修会【報告】


〇日時   平成30年7月13日(金)15:30~17:00
〇主催   倉吉地区少年補導センター
〇場所   倉吉交流プラザ 視聴覚ホール
〇日程  

①開会

②研修 
・講演会
演題「過去は変わらなくても未来を変える」~心を描く少年たちへ~

講師 美保学園(少年院)篤志面接委員   濱田 珠鳳氏 

③質疑応答

④閉会

〇講演内容 ・美保学園とは、鳥取県米子市にある法務省が管轄する短期の少年院。
・12歳~20歳までの少年が期間入院し、教育指導などが行われている。
・濱田氏は、指先などで絵を描く指画(ゆびが)を教えながら、少年たちと向き合い、更生させ、社会復帰に向けた支援などを行っておられ、日々感じておられることを今回お話いただいた。

      

(育友会会長 kinu)
東高学園祭いよいよ最後です。

総合優勝を飾った銀河チームのチームコール。
最後は全チーム一緒に「倉東コール」で締めくくられました。
sKIMG1809.jpg

その後、アンコール
ダンス・カラオケ、バンドが次々登場。最後の盛り上げ!
sKIMG1818.jpg

sKIMG1837.jpg

そしてラストメッセージ
各チームに分かれて一緒に頑張ってきた仲間と、学祭を振り返ります
sKIMG1856.jpg

sKIMG1872.jpg

大変だったけれど、それが良い思い出になりますように
sKIMG1878.jpg

(なか)
大雨の中、閉祭式が行われました。

プレコン、演劇の2冠を達成した銀河チームが総合優勝しました。






詳しい結果は後ほどアップします。



JR運休の知らせがないため、今後の企画(アンコールなど)は計画通り行います。


天候不良のため花火の打ち上げはありません。

(o_m)