2020/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
第3学年の学年通信『輝く峰』第8号が発行されましたのでご紹介します。


第3学年 学年通信 『輝く峰』 第8号 
発行 2007年11月28日(水)倉吉東高等学校 第3学年団 

気温もぐっと下がり、もうすぐ冬本番を迎えます。皆さんはちゃんと『インフルエンザ予防接種』をしましたか?今の時期の体調不良は命取りですよ!そこで‥・

心と体のリズムづくり  「早起きのススメ」 

センター試験当日をシュミレーションしてみる。  
・起床  5:00
・倉吉駅発6:55 →→→ 鳥取大学前駅着 7:57
       7:20 →→→ 鳥取大学前駅着 8:18
          △(注)列車の時間は11月現在のものを参考にしている。

駅から大学に向かって、受験生の列が続く。鳥取大学の正門を通り、各自が受験生控え室や各試験会場へと向かって行く。

・公民テスト開始   9:30~
・外国語テスト終了  18:35

これがセンター当日の受験生の行動パターンである。
それでは、受験生はこの時期(11~12月)にいったい何をしなければならないだろうか。

以下の三つに集約できる
・規則正しい生活をおくること。
・学力をつけること。
・健康管理に気をつけること


もうお分かりだと思います。皆さんはセンター当日の行動パターンを想定した規則正しい生活をしていかなければならないのです。
       ‘
夜遅くまで勉強し朝学校に遅刻をする人、授業中うとうとする人、日ごとに生活が変化する人等いろんな生徒を見かけます。皆さんがこれから尹ヤレンジしていこうとする取り組みは、体調を崩し、リズムをつくれない人が、簡単にこなせるものではありません。長期間かけて体や心を整え、ほぼ万全な体勢でなければクリアできないのです。

この時期寒さが厳しくなる中、自分の生活を見直し、「 センター型リズム」をつくってください。


 保護者の皆様へ  
以前は、静かな環境で、一人部屋にこもってもくもくと勉強していくものだと思っていました。ところが、ある出会いから考え方を改めました。以前こういう生徒がいたことを紹介します。・・・

続きはこちら

学年通信3年第8号1 学年通信3年第8号2

画像の見方

**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
reported by terasaka
[第3学年 学年通信 『輝く峰』 No.8]の続きを読む
3年生、専攻科生の保護者会が開催されます。センター試験も残すところ、55日です。子どもさんとしっかり話し合って、目標に向かってサポートしてあげたいですね。


                             平成19年11年16日
全日制3年生、専攻科生
保護者の皆さまへ
                             鳥取県立倉吉東高等学校
                             校長 名越和範

         保護者会開催について(ご案内)

 初冬の候、保護者の皆さまには益々ご清祥のことと存じます。
 さて、3年生と専攻科生にとって進路選択の最終段階に入りました。12月7日には「進路判定会」を持つ予定にしておりますが、下記のとおり保護者会を開催いたします。
会議での情報に基づきながら、保護者の皆さまとご相談の上でお子様の進路選択について最善の判断ができればと考えます。ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせのうえご出席いただきますようご案内申し上げます。
               記
1.日時 平成19年12月12日(水)午後12時50分から
                13日(木)同上
                14日(金)同上
2.場所 各教室
3.内容 進路判定の報告と進路選択、生徒の近況(生活・学習状況)等
      (上履きをご持参ください。)
4.連絡 ※日時調整の都合上、11月27日(火)までに担任へご提出ください。
      ※学校周辺の路上は駐車禁止となっていますのでご注意ください。
        (駐車場はグランド西側をご利用ください。)

(日時調整表は略)

**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
reported by terasaka
3年生の学年通信が発行されました。


放課後課外開始、本格的受験モードへ
 夏休みが終わり、放課後課タトも9月3日からスタートしました。いよいよ受験に向って、スパートをかける時期となってきました。これからの4ヶ月は、今まで生きてきた中でもつらく厳しい4ヶ月になることと思います。
3学年通信No.6_1

「集中力が持続しない」「思うように成績が伸びない」など、悩みが解消できない日々が続くかも知れません。しかし、つらければつらいほど、その期間を乗り越えた時に忍耐力や精神力が養われ、大きく成長した自分に出会えることと思います。

 そして、それが自信となり、今後生きていく上でいろんな困難に立ち向かえる強さになっていくものと思います。

 この4ヶ月は受験のための4ヶ月でもあり、自分を強くするための4ヶ月でもあると思ってください。自分の強さが試されています。安易な方向に流されることなく、常に自分に厳しく、そして自分を鍛えることに努力を惜しまないようにしてください。今頑張っている自分をさらにこれから頑張るための励みにしてください。

 何年か後に、「高3の時頑張っとけば良かった」ではなく、「頑張っといて良かった」と思える自分であって欲しいと思います。

 この3学年のすべての生徒を応援しています。みなさんがこの4ヶ月間を乗り越えていけるよう全力でサポートします!がんばれ!
3学年通信No.6_2

今の自分をチェックしよう!
(1)課題をきちんと提出しているか?
誠実にやらない、期限を守らない自分を許すな!
自分のため!
(2)授業に向かう姿勢は万全か?
チャイムと同時にスタート!始め・終わりの挨拶!
集中力持続!予習・復習!
(3)遅刻・欠席・早退をしていないか?
基本的生活習慣の維持!
センター当日に体調を崩さないよう日々体調管理を!
授業を欠いたらもったいない!
(4)服装等きちんとしているか?
当たり前のことが当たり前にできる人間であれ!
(5)ペクトルの向きと大きさは大丈夫か?
受験は団体戦。みんなが頑張れる環境づくりを! 

上記画像の見方
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka
[第3学年通信 輝く峰 No.6]の続きを読む
第3学年 学年通信 輝く峰 第5号 の続きをお伝えします。


大山合宿の感想より学年通信3年5号No.2
○この合宿を振り返ってみると、私が今までどれだけ集中力がなかったかよくわかりました。「みんなが頑張っているから私も頑張らないと!」という気持ちに支えられて勉強することができました。しっかりと集中力つけてこれからも精一杯頑張ろうと思いました。

○最初は1日11時間とか今まで勉強したことがなくて疲れきってしまったけど、少しずつ慣れてきて最後には苦痛に思わなくなってきて、最終日にどれだけ進んだか確認したら結構進んでいてビックリしました。今回の合宿が終わった後、家の学習につなげていきたいです。

○勉強だけでなく、みんなと共同生活のなかでたくさんのことを学びました。私は班長で、率先して行動しようとしました。班員のみんながきちんと聞いてくれてお互いに支えあいながら生活できて良い合宿になったと思います。「メリハリをつける」ということが大切だと改めて感じました。家に帰ってからもこの合宿を思い出して、「気力」で頑張っていこうと思います。

○今まで何がわからないかもわからない状況だったものが、やってみればわかってきてそれが続くと勉強も楽しいもんだなと思ってきた。とにかくNEXTAGEを1回全部やろうと思ってみたら数日前にやったテストの時に覚えた文法が出てきて、わかると楽しいと実感した。2回、3回と繰り返して何回もやってみようと思った。

放課後課外学習の実施について

入試の実践力を高めることをねらいとして、下記のとおり放課後課外を実施します。この課外演習では、生徒各々が志望する大学の受験型に応じて、センター試験または2次試験演習として設定した講座群の中から必要なものを選択し、問題演習を行います。

つきましては、生徒の受講についてご理解をいただきますようお願いします。

1 センター試験演習
 (1)期間:9月3日(月)~11月30日(金)
 (2)日程:A週・B週で教科・科目が異なる。
   曜日    月    火    水        木       金
   A週   英語        現代社会   数学ⅠA   物理・生物・地学
   B週        化学   地理・歴史 数学ⅡB
 (3)時間:教科・科目により実施時間が異なる。

             英語     日本史・地理・理科   世界史    数学
問題解答     15:50-17:10    15:50-16:50      15:50-18:00 15:50-16:50
自己採点・理解  17:10-17:40    16:50-17:20              16:50-17:20
質問・解説     17:40-        17:20-                 17:20-

2 2次試験演習
(1)期間:9月3日(月)~11月30日(金)
(2)日程:毎週実施
 曜日   月   火   水    木    金
 教科  英語 国語       理系数学 物理
          化学       文系数学  生物
(3)時間:15:50-17:20(90分間)

**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

第3学年の学年通信が発行されました。保護者の方もしっかりご覧下さい。学年通信の裏面は後日掲載します。


発行2007年8月24目(金)
倉吉東高等学校 第3学年団

3年生の暑い夏、終わる 充実の秋へ。
・大山学習合宿135名完走
・国際高校生フォーラム ☆最優秀賞☆
  倉吉東高校 「武士道」
・硬式野球部 鳥取県選手権大会ベスト4。


学年通信3年第5号
 いよいよ夏休みも終わり、勝負の秋となりました。この夏、みんなは本当に熱い夏を過ごしました。最後までねぱり強く戦い、希望と勇気をくれた硬式野球部。フォーラムでは、他校やゲストコメンテーターからも高い評価をいただいた翠嵐チーム(5組)を中心とした本校が最優秀賞を獲得。また、学習面でも、課外授業や自学自習会の欠席者も少なく、学習合宿においても135名が完走するなど(生徒の感想は裏面)、学習に対する態勢や意欲もいよいよ整ってきました。さあ、これからが受験シーズン本番です。

センター試験まで残り5ヶ月、2次試験まで残り6ヶ月。夏休みの成果を生かし、この秋を実り多きものとするよう、君たちは今燃えていることでしょう。多くの先輩たちも、本校の授業・CT演習・放課後課外を十分に活用し、結果を残してきました。

今年度は、君たちの目標を叶えるため、さらに細分化された丁寧な指導がなされます。私達の指導を信じて、しっかり結果を残しましょう。秋は一番実力がつく時期です。加えて、模試の回数も多く、自分の学力を客観的に把握でき、弱点補強を行える貴重な時期でもあります。この秋を実り多きものにするためにアドバイスを送ります。

①学力=生活。生活が全てである。
3年生、この時期になっても欠席・遅刻が多いようでは結果は出ない。緊張感とメリハリがなければ、学力は伸びません。自分を律することができるようになることが、受験勉強のメリットでもあるのです。当然ながら、学習中心の生活を送りましょう。9月になればセンター演習・2次試験演習(詳細は裏面)が始まります。CT演習はやりっ放してはいけません。しっかり復習を! 理解できなければ解説をきちんと聞きましょう。

②学習時間の維持
平日:CT・放課後演習+自宅学習=6時間以上
休日:10時間以上を学習するのは、合格への必要条件です。センター本番に間に合わせるためには、このくらいは必要になります。勉強不足だったとあとで悔いを残してほしくないのです。限界はありません。精一杯やってみましょう。

③センター目標得点を再確認し、その戦術を立てよ。
残りの5ヶ月で、どの時期までにどの科目を強化するかなどの自分なりの戦術を立てましょう。これが達成できる人ほど、合格の可能性が高いことは言うまでもありません。計画的に学習することは、生きていくうえで大切な力を身につけることにつながるのです。

④模試は結果ではなく、内容を分析せよ。
秋は模試が連続しているため、結果も連続して返ってきます。判定に一喜一憂するのではなく、分野別の正当率を確認しましょう。各科目でまだ習熟できていない分野を放っておいてはいけません。必ず復習し、次回の模試では挽回するクセをつけましょう。その繰り返しが得点アップに繋がっていくのです。次の9月マークは夏休みの勉強の成果を試す絶好のチャンスです。今回の8月マークで不本意な結果に終わった人は必ず挽回しましょう。ここで、過去のデータを一つ掲載します。

 9月マーク得点からセンター試験本番までに、
  本校生は過去4年間の平均90点伸びています。


1O月になれば、センター試験の出願を行い、本番が近づいてきたことを実感します。現在、弱い科目をそのままにし、センター試験直前に強化すると、それ以外の科目の得点が下がり、全体としては伸びない結果に終わります。次回の9月マークを大切にしてください。そして、この得点を参考にして自分の志望校選択を行ってください。ここからのマーク模試は素点勝負です。勉強はしているつもりでも得点が伸びてこない場合や志望校の選択に悩む場合があるはずです。担任や教科担当の先生との連携のみなちず、保護者との話し合いも必ずして下さい。残りの高校生活がみんなにとって有意義なものになることを心から願っています。

《8・9月の日程》保護者の皆様も共にご確認下さい。
8月24・25日 第3回進路指導テスト
     (記述カこそが真の学力、全力で向かおう!!)
8月27日~  家庭学習調査・面接週間
9月1日~  CT演習・放課後2次演習開始
       (集中して取り組み、実力を上げよう。)
9月7日~11日 前期末考査
        (調査書の評定を決める大事な考査。後悔しないように。)
9月14日・15日 進研マーク模試
        (夏休みの成果をここで発揮しよう。)
9月22日   駿台ハイレベル模試・全統論文模試(希望者)
9月28目   終始業式
10月中旬~  センター試験出願(いよいよ本番が迫ってきた!!)

保護者の皆さまへ
受験生としての天王山とも呼べる夏休みが終わりました。課外、大山合宿等、無事に終了し、進路実現に向けて意欲的に学習に取り組んでいる生徒たちの姿を数多く見ました。これも保護者の皆様方のご協力があってのものだと教職員一同感謝しております。今後、放課後課外も始まり、生徒にとっても正念場の時期がやって参ります。保護者が子どもの受験の厳しさに耐えられるかどうかも間われます。無遅刻・無欠席、規則正しい生活が送れるよう、家庭でも生徒の様子を見守っていただき、引き続き、叱咤激励をよろしくお願いいたします。
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka
熟い5時間を過ごせ!君たちの学園祭だ、東高3年生
 前期中間考査も終わり、いよいよ学園祭の準備期間となりました。今、この大きな学校行事を前にして、なすべきことは一つです。学園祭の準備に燃えてこそ、学園祭当日を楽しむことができるのです。

 これから、級友や後輩との熱い時間が流れていきます。話し合い、ぶつかり合うこともあるでしょうが、それも青春の証(あかし)です。学園祭最終日の感動のゴールを目指し、その準備に燃焼しましょう。それとともに、高校総体後の大切な時間を君たちは過ごしていきます。学校では学園祭準備に取り組み、自宅では自己実現のための学習に取り組む、まさしく、
   学園祭準備(2)十自宅学習(3)=熱い5時間
が、東高生としてのあるべき姿です。忙しい、きつい生活は当たり前であり、これが今後の生活にも活きるのです。けじめある生活を送り、「今年の3年生」はひと味違うことを見せていこう。そのために、
 ①課題は必ず提出する。
 ②どんなに疲れていても授業中には絶対に寝ない。
  …教員に後ろ指を指されていてはいけない!自律せよ!
 ③遅刻や安易な欠席は厳禁である
  …けじめある生活を。体調管理も実力である。休めば周囲も迷惑する。
 ④地域に迷惑をかけない。
  …大人への第1歩である。東高生であると同時に人としてのマナーを。
 ⑤後輩の規範となる行動を、後輩に学園祭の伝統を伝えよう。
  …服装・挨拶・言動一時間厳守、君たちの姿勢を後輩が真似る。
以上の5点を留意して、学園祭終了までの日々を過ごしていこう。

夏休みまでに求められること
 よく言われるように、受験生にとって夏休みは来春の結果を大きく左右する勝負どころの期間です。夏休みは課外を除き、授業を離れ自分の計画でもっとも自由に学習できる最良の期間です。ただし、逆に言うと自分だけで学習せねばならない40日間です。夏休みを一ヵ月後に控えた今、夏休みに向けて何をすべきでしょうか。

 現在、家庭で学習しているとき教科書、参考書や問題集の解説を見ても、どうもはっきりわからない科目、分野がある人は、基礎学力の不足により、夏休み中自学自習を行えない(自学自習では解答をなぞっていろだけで、本当の力が身につかない)可能性があります。そうなってしまうと実際に学力をつける学習が9月以降にずれ込み、致命的な遅れとなってしまいます。

 心当たりの人は、友人や先生にいつでも質問できる夏休みまでの間に、少なくとも自分で解説を読めば、その問題、分野について納得ができる基礎学力を身につけておく必要があります。どの教科も週明けテスト、週末課題がその教科の基本を押さえる例題となっているので、過去の週末課題をやり直すなどの基礎の確認と基礎学力の定着を急いでください。これは学園祭が済んでからの一週間では短すぎます。

 そのように考えていくと、今こそ、自分から求めて勉強する姿勢に転ずる必要があります。現在、学園祭の準備と学業を両立させていくこの苦しさの中で、授業・課題を中心にしっかり取り組む、毎日継続して学習するものを決めて取り組む、自発的な学習習慣を育てていきましょう。学園祭が終われば、すぐに進研記述模試です。

 学園祭が終われば、一気に受験勉強開始となります。しかし、それまで待っていては、大きなハンデを背負い、追いつけない人たちもいます。そのため、基磁力を充実させていく必要がある生徒を指名し、学園祭準備期間から夏休みまで、定期的に課題の提出を求めていきます。6月26日~28日の昼休みに該当者を集めて教科別の集会を行います。

 自分のためを思い、欠席がないように集合しなさい。中間考査での不振者指導にも、遅刻・欠席がないようにしなさい。追試に何度もかか
れば、学園祭の準備にも迷惑がかかります。自己責任をきちんと果たし、速やかに復習しましょう。

 学園祭終了後、夏季休業での学習にスムーズに移行するため、この準備期間中に夏季休業中の学習計画表の提出があります。自分の将来と現実を見つめ、忙しいと言い訳せず、きちんとした計画表を7月5日には提出しましょう。


<<3年生今後の日程>>  保護者の皆様も共にご確認下さい。 
6月19日     学園祭決起集会
            これから熱い5時間・6時間を!
            けじめのある生活を!
6月26日~28日  基礎力養成 該当者集会(昼休憩)
6月26日~28日  保護者会(3者面談)
           大山学習合宿案内配布(学習習慣を身に付けよう)
6月29日     夏季休業課題一覧表・夏季休業学習計画表配布
6月29日~7月2日学園祭(演劇・プレコン合宿…該当チーム)
7月5日     夏季休業学習計画表提出
7月6日     学園祭前日準備
7月7日~10日 学園祭
7月11日    学年集会(7限)
7月15日~16日進研記述模試…夏休み前の記述模試
           「自分の2次力=これまでの学習」成果を出そう!

保護者の皆さまへ
 6月に入り、3年生全員が無遅刻の日数が増えています。受験生としての生活習慣の確立ができつつある兆しとして、うれしく思います。これも保護者の皆さま一人ひとりの協力があればこそと感謝しております。今後とも各家庭との協力を密にして、共に頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
               |
 保護者会と同時に学園祭の準備の時期となりました。生徒たちが楽しみにしていた学園祭の準備期間ですが、勢い生活のリズムが崩れがちになります。教職員一同「けじめある生活」ができるよう配慮していきますが、ご家庭でもご指導のほどよろしくお願いします。

 この準備期間中、朝練習や合宿があり、ご家庭に迷惑をかける場面も予想されますが、学園祭は生徒各自の人間形成に多大な貢献をするものであり、生徒へのサポートをよろしくお願いします。

 保護者会は、各クラスとも3者懇談で行います。生徒の生活状況、学習成績、志望校検討などを中心に行います。質問等がありましたら、お気軽にお尋ねください。

 また、本校では、センター試験の全員受験を目指しています。学年保護者会でもお話しした通り、高校生として教養を得、学習習慣を習得するために最適の試験ですので、ご協力をお願い申し上げます。

3tusin_03_1.jpg 3tusin_03_2.jpg
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka
 倉吉東高校 最終学年 スタート 
いよいよ倉吉東高校最終学年、新3年生がスタートしました。

    『夢と志を持ち、人生を語れる者となれ!』
 2年生最後の学年集会でこうお話しました。さあ、夢を夢で終わらせず、現実のものとするために、この最後の短い1年間を共に歩んでいきましょう。

 さっそく明日は対面式も行われ、先輩としての活動もいよいよ本番です。春休みからチューターとして新入生の指導にあたってくれている人もいます。応援団の練習も真剣さを増し、伝統の応援歌練習への準備も万端です。本日、各クラスでチームリーダーが決定する予定です。チームとしての活動もいよいよスタート。自信を持って2年生・1年生をリ
ードしてください。

  『打てば響く第3学年。
     そして、自ら打者になり、響きを発信する第3学年!』

みんなであれば、すぱらしい倉吉東高校をつくりあげることができます。そして、3年学年団15名はもちろん、倉吉東高校職員一同、生徒の志・進路実現のためにこの1年一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

<3学年団紹介> 15名
    正担任      副担任
1組 河口 泰丈(数)  有山 彰(国)
2組 河本 祐子(保体) 檜 佳憲(地歴)井本あや子(国)
3組 桑本 秀一(理)  濱路 政庸(国)知久馬 大輔(地歴)
4組 置名 浩樹(英)  廣田 誠一(保体)
5組 徳本 和訓(数)  藤原 達夫(地歴)石田 亮彦(理) 
6組 桑田 亨 (理)  三谷 友来(英)

<学年団の分掌>
教務:藤原、廣田、桑田
進路:三谷、桑本、河口、置名
生徒会:川本
人権教育:濱路
総務:檜、石田、有山
研修:知久馬、徳本
保健:井本


保護者の皆様へ  第3学年 学年経営方針を伝えます。

 21世紀の日本を支え、世界をリードする高い志、それを実現するた
 めの基盤となる第3学年に!!

 1、打てば響く第3学年。 そして、自ら打者になり、響きを発信する第3学年。
   元気よく挨拶ができる。誇りをもって校歌を歌える。
   自ら動く。まっすぐに立ち向かう。やり遂げる。

 2、最高学年としてのリーダーシップと自主性の育成
   ア、1・2年生の良き模範となる
   イ、4月チームの盛り上げ。チューターとして新入生の指導
   ウ、6月県高校総体活躍→→3年引退→→学習の切り替え
   エ、7月学園祭燃焼→→生徒会引退→→卒業まで尊敬される3年生

 3、規律ある生活・基本的生活習慣の修得
   ア、欠席無し! 遅刻O! 5分前行動、時間厳守
     →8:20分には登校完了。常に時間を意識した生活を。
   イ、指導7項目の厳守。
   ウ、言葉遣い、態度を大人に。

 4、圧倒的基礎学力の育成(宅習時間確保、英語の遅れを取り戻す!)
   ア、毎日、毎時間の授業の充実
   イ、宅習時間 6月まで平日3時間以上、総体後平日4時間、夏休み後平目5時間
   ウ、まず 英語!英語の遅れを取り戻す!
   エ、5教科7科目の取り組み⇒教科の絞り込みは進路実現(合格)をより困難に⇒⇒逃げない
 5、進路実現
   ア、夢と現実、言葉と行動の再確認  日常の取り組み→進路の実現→志
   イ、「やればできる」は「できない]である
   ウ、学校への集中

 6、集団としての行動力と調和
   ア、集会の整列は生徒が自ら意識を持って行う
   イ、高校総体、高文祭、学園祭での活躍
   ウ、8月国際高校生フォーラム(3年が生体)
   エ、受験はチームワークである。3年生のベクトルを1つに→→大きな力
 
 以上のことを 生徒に伝えていきます。ご家庭でもご理解、ご協力をお願いします。


  《3年生今後の日程》
 4/10・11  休み明けテスト
 4/10~20  面接週間
 4/15     創立記念日 OB講演会「倉都康行 氏」
 4/16~22  家庭学習時間調査
            (180分を越えなければ3年生ではない)
 4/17・18  第1回進路指導テスト
            (2次試験の学力は、進路指導テストでわかる。全力で向かおう。)
 4/27・28  河合マーク模試
            (CT試験本番のつもりで。腕時計、鉛筆を忘れない。)

☆3年生は模試も多く、土日登校が多くなります。学年通信を毎月発行しますので、ぜひご覧いただき、日程のご確認をお願いいたします。

gakunen3_1.jpg gakunen3_12.jpg

画像の見方
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka
2006年5月2日発行

 最上級学年としての4月はどうでしたか。対面式・部紹介・チュータリングと君たちの出番はたくさんありました。今後は、更に活躍する場面は増えていきます。そこで、私たち3年担任団は、君たちにもう一度問いかけたい。この4月、君たちは
 「最上級生としての自信と誇りをもち、下級生の良き模範となる生徒
であったか?と。

 4月、学習面では、2つの間題点が明らかになりました。1つめは、大変残念なことですが、春休み明けテストの課題提出状況が芳しくないことです。させられ勉強と勘違いしていませんか。勉強していないのに、第1回進路指導テストの結果だけを嘆くのは愚かです。また、以下が第1回学習時間調査の結果です。

  1組  2組  3組   4組   5組   6組   学年全体
  160分 140分 225分 148分 163分 156分   170分

確かに、2年次の定期考査を含まない時期の学習時間より伸びてはいますが、目標時間は、あくまで総体前180分であり、それをどれだけ超えられるかがポイントだったはずです。この自宅学習1 8 0分を達成できなかったことが、2つめの問題点です。今更ながら、このような発言をする人がいます。「何を学習していいか、わからない。」当然ながら、答えは、授業の予復習、課題、週明けテスト、模試の見直し、更に渡されている教材をフルに活用することに尽きます。東高の学習及び進路システムほど、合格への近道はありません。このことをしっかり自覚して、地直に取り組むことが何よりも大切です。

 また、ここに君たちにとって、知っておくべきデータがあります。

 マーク模試からセンター試験への上昇幡(過去3年平均)
            平均値 最大値
  2年2月一CT本番 94、3  127.3
  5月河合一CT本番 115.8  133.0

あくまで、平均的な上昇幅とはいえ、2年2月のマーク模試からは、100(最大130)点、今回の河合マーク模試から115(最大133)点しか伸びないことがわかります。今のままの怠惰な学習習慣を変えることが遅れれば遅れるほど、現役合格が遠のいていくこともわかります。(志望校でセンター試験で何点必要か知っていますか?)

 従って、学校の課題を完全に提出し、予・復習や週明けテストにしっかり取り組むという当たり前のことがきちんとできないまま、放置されることは絶対に許されないのです。もっともっと頭を使い、汗をかき、手を動かして学習すること。このことが出来ない限り、現役合格は勝ち得ないのです。スマートな学習法などありません。また、未提出の課題もこのGW中に全て完了し、提出しなさい。このことについて、厳しく対応することを担任団で申し合わせています。

 また、生活面においても、昨年度に比べ、欠席は少なくなってきたものの、遅刻0にはなかなかなりません。服装・頭髪も併せて、けじめある生活かできなくては、良き見本とはなり得ません。何よりも、規律ある生活を心掛けてください。

 いよいよ、あと1ケ月で高校総体です。部活動にも熱が入って来る時期でしょう。勉学と部活動との両立に精一杯のエネルギーを費やし、高校3年間で一番充実した時間を過ごしてくれることを願っています。君たちのひたむきさが、下級生の良き手本となるのです。泥臭くてもいい、是非心のこもった時間を過ごしてください。

[第3学年学年通信 花なり若き友われら 第2号]の続きを読む

テーマ:PTA - ジャンル:学校・教育

    2006年4月10日発行

 3年生進級おめでとう。いよいよ最上級学年となりました。この1年間は君たちの人生において大きな決断を迫られる1年となります。厳しく辛い時もありますが、この1年間の君たちの流した汗や涙が、人生の噪となります。歯を食いしばって頑張る君たちを支えるものが、私たち3年生学年団であり、仲間の存在です。3年生の243名がお互いに支え合う、これこそ「花なり若き友われら」であり、今年の学年通信の題なのです。君たちの志の実現のために、担任団も全力で支えていきます。ひたむきにお互いに取組み、全員が現役合格を目指しましょう。


今年度は、学年の目標を決めています。
 長い倉吉東高の伝統の中で、歴史に残る学年となる!!
 ・「主体的な学習者」であり「志ある学習者」であれ。
 ・最上級生としての自信と誇りをもち、下級生の良き模範となる生徒の育成
 ・自ら動<、真っ直ぐに物事に立ち向かえる、やり遂げる、ひたむきな生徒の育成


 君たちは、学力面では順調に伸びていますが、今ひとつの印象を持たれています。それは、学習時間の少なさから来ている弱さ、生活習慣の規律のなさから来ています。皆がセンター試験である程度の得点をとり、国公立大2次試験で標準的な問題を解くためには、圧倒的基礎力が必要です。これには、時間がかかります.演習、暗記、繰り返しのための時間を取らなければ達成できません。従って、
 ・総体前180分は最低ライン。どれだけ超えられるか、総体後300分以上。
が、現役合格のためのなすべきことです。難しいことではありません。毎日学習することを決め、授業の予復習をしっかりし、週末の利用をきちんとすることです。学習習慣を身につける上でも、週明けテストヘの取り組みをしっかりして下さい。また、3年生は、模試の復習も大きな力となります。

 生活面でも、下級生の見本となることが自分を伸ばします。何よりも、規律ある生活が大切です。そのために

   安易な遅刻・欠席を減らす・・・粘れない人間には結果はない
   始業時間の徹底
   学年ボードの徹底利用…「見ていません」を通用しない。主体的となるために!
   指導7項目の遵守 着飾りているようでは、結果は出ない。
   生徒会行事の積極的参加

これらにひたむきに取り組みましょう。君たち一人一人がリーダーであり、下級生は君たちを見ています。下級生の手本となる生活自体が自分を律することになります。最上学年としての自覚をもち、志を成し遂げるために、頑張りましょう。

 最後に、「花なり若き友われら」3年生243名、この1年間お互いに切磋琢磨して、3年生一つになって団体戦で立ち向かい、夢を実現していこう。われわれも全力で支えます。
 
[第三学年学年通信 花なり若き友われら 第1号]の続きを読む

テーマ:PTA - ジャンル:学校・教育

第三学年 学年通信
明けゆく空に 第13号
  10月7日(金)
発行 倉吉東高校 第三学年団

 後期1週間経過・強歩大会終了
明日からクラス対抗宅習時間調査大会

 後期がスタートし、1週間が経過しました。3年生最後の強歩大会もあり、スポーツの秋を満喫しました。部活を引退し、先日のスポーツ大会同様、筋肉痛のひとも多いと思います。第二関門では、おいしい豚汁をいただき、お世話になった保護者の方々に「ありがとうございました。」という感謝の言葉も大きく響き、気持ちのよい強歩大会でした。

 いよいよ、明日から3年生クラス対抗宅習時間調査が開始になります。学年目標390分を全員が超えてください。

 前回9月上旬の調査の結果に1位6組370分、2位3組346分、3位2組319分、4位5組318分、5位4組315分、6位1組290分でした。1位と6位は1日平均80分の差があり、この差は明らかに学力にも大きく影響するものでした。

今回の調査では、8(土)10時間、9(日)10(月)8時間、11(火)~14(金)5時間のペースで学年全体が頑張り、10月14,15日(全国大規模記述模試)最後の大規模記述模試で結果を出してください。「この大学に合格するぞ」という強い気持ちでしっかり準備をしてください。センター本番の得点とドッキングの判定を行い、出願の大きな材料になります。

 10月12日は公開同和教育LHRです。9月上旬から同和教育LHR委員を中心に「結婚差別」というテーマで準備しています。保護者の方の参加も成功への大きな要因です。

 皆の呼びかけで参加も多くなると思います。再度、保護者の方に連絡してください。1、2年生に比べ保護者の参加数が少なく残念です。

 明後日10月9ロ(日)、10(月)は記述模試があります。志望校の考え方ですが、第一希望前期、第二希望後期、第三希望前期、第四希望後期、第五希望中期と実際の受験パターンで記入しください。中期日程も考えましょう。

 全国の強い浪人生も多く参加しています。現役の3年生には厳しい結果が返ってきますが、とにかく模試終了後はしっかり見直し、間違えた部分の復習をしっかりやっていきましょう。

 後期がスタートし遅刻、欠席者がほとんどなくなりました。3年生の意識の変化を感じています。後期は「自己管理能力が鍵」です。時間を守る、提出物をしっかり出す、服装をみださないという当たり前のことを、当たり前のように継続してやっていきましょう。


 《保護者の方へ》
* 前期考査の成績、出席状況を配布しています。受験勉強の基本は学校の授業です。授業の成績が不十分な生徒は、授業の態度、提出物、考査の点が好ましくない証拠です。卒業にも大きく影響する場合がありますので生徒本人ともしっかり話をしてください。

* 大学受験に向けて頑張っている中、受験が不安な生徒もいます。保護者としても不安であり、早く楽にさせてあげたいと考えられる方もあります。「10月に大学受験をさせたい。」「早く大学に合格させてしまいたい。」という声もありますが、早く楽になりたいことと、夢に向かって頑張ることとは、相反する部分でもあります。

 学年全体でセンターを受験し前期、中期、後期試験まで、頑張り続けることが一番の近道です。今一番つらい時期ですが、昨年の3年生も後期試験まで全力で頑張り、過去2番目の国公立合格実績を残しています。新課程初年度の今年は、例年以上に粘った受験生が合格します。家庭でも、焦らず、じっくり支えてあげてください。3年の職員も相談に乗ります。

 3年生の保護者会は校内進路判定会後の12月14目(水)~16日(金)に予定しています。

*先日連絡しましたように 10月12日は、1限より公開授業になっています。6,7限(13:35~15 : 15)は同教LHRになっています。テーマは「結婚差別」です。各クラス保護者に事前アンケートを実施したり、講演会を開いたりと準備を一生懸命おこなっています。現在3年生の保護者の参加が少なく、生徒たちも残念がっています。大変お忙しい時期ですが多くの参加をお待ちしています。

* 強歩大会において多くの保護者の方から、豚汁の材料、果物を準備していただきありがとうございました。3年生最後の強歩大会も思い出にのこるものになりました。ご協力ありがとうございました。

≪今後の日程≫
10月9,10日(午前中記述模試、午後自宅でしっかり学習)
     11日後期週明けテスト開始(全員遅刻なしでスタート)
     12日(同和教育LHR 公開)
  14,15日(全国大規模記述模試)最後の大規模記述模試
   以上の事柄を家庭でも御理解、御協力をお願いします。

051007gakunen3_13

051007gakunen3_13_2

テーマ:学校での出来事 - ジャンル:学校・教育

第三学年 学年通信
明けゆく空に
第12号   9月30日(金)
発行 倉吉東高校 第三学年団
長い前期終了・短い後期開始
 後期は自己管理能力が鍵
 

 本日で3年生前期が終了しました。3年生にとって、非常に濃く長い前期でした。入学式、対面式、高校総体、学園祭、高校生フォーラム、大山合宿と多くの行事の中で先輩として、大活躍し、新しい自分を発見した人も多いようです。学習においても学園祭後、「いままでこんなに勉強したことがないくらい、頑張っています。」という声も聞くようになりました。

 センター試験までの授業数は、学園祭後から本日までの授業数と同じくらいです。長いですか?短いですか?10月は毎週末模試があります。特に、10月14,15日(全国大規模記述模試)最後の大規模記述模試は全力で頑張ってください。「この大学に合格するぞ」という強い気持ちでしっかり準備をしてください。センター本番の得点とドッキングの判定を行い、出願の大きな材料になります。

 校内進路指導テストも第4回と第5回のあと2回です。校内進路指導テストの素点は、東高の先輩連の軌跡と大きくリンクしています。来週の10月3日、4日は進路指導テストがありますが、志望大学の素点を目標に頑張ってください。現役の生徒は、この秋から成績がグングン伸びてきます。

 10月12日は公開同和教育LHRです。9月上旬から同和教育LHR委員を中心に「結婚差別」というテーマで準備しています。保護者の方の参加も成功への大きな要因です。皆の呼びかけで参加も多くなると思います。再度、保護者の方に連絡してください。先日のスポーツ大会で久々に激しく運動し、体調を崩している人がいますが、果たしてスポーツ大会だけが原因でしょうか?心の緩みもあります。気候の変化もあります。
 
 気を引き締めて、後期は遅刻Oで行きましょう。今年の3年生は、例年より遅刻Oの日が少ないです。放課後課外後の下校状況もダラダラしていまナ。決して無理なことを要求しているわけではありません。基本的な生活習慣をいましっかり身につけてください。今後の受験勉強に大きく影響していきます。

 センター試験の願書も仕上がりました。あとは、実力をつけていくだけです。遅刻Oは大学合格の近道です。継続は力なり。先生達は、いつも皆のそばにいます。しかし、提出物、遅刻、下校など自分でしっかりしなければならないことが、できていない人が多すぎます。センターの願書の説明も全員に同時にしました。 しかし、「提出期限がまもれない。記入が正確にできない、考査の補充にこない、課題を出さない、服装が乱れている。」そんな、ことで受験が乗り越えられるのですか?いつも皆のそばにいますが、心配です。後期はしっかり! !

 《保護者の方へ》
* 最近、体調不良の生徒がいます。季節の変わり目も大きく影響していますが、入試本番は冬です。今より寒くなりますが、起床時間、食事、体調管理をよろしくお願いします。

* 前期の様子を持たせております、成績は考査の得点と授業態度、提出物が影響しています。
 欠席、遅刻の回数にも注目してください。かなり回数の多い家庭は、家族の協力が必要です。

*センターの願書を提出させましたが、期限内に正確にできない生徒がいました。今後の出願 が心配でナ。センター試験の願書は学校が責任をもって出願します。後日センター試験の確 認はがき、センター願書を自宅に持って帰りますが、郵便物の確認、保管をよろしくお願いします。(10月下句)

 2次試験の個別試験の願書は各自で取り寄せになります。学校でも案内しますが、家庭でもご注意ください。


*先日連絡しましたように 10月12日は、1限より公開授業になっています。
6,7限(13:35~15:15)は同教LHRになっています。テーマは「結婚差別」です。生徒たちは現在一生懸命、準備をしています。
多くの参加をお待ちしています。
≪今後の日程≫
10月 3,4日(第4回進路指導テスト)
      7日(強歩大会)
    8,9日(記述模試)
     12日(同和教育LHR 公開)
  14,15日@(全国大規模記述模試)最後の大規模記述模試
  28、29日@(全国大規模マーク模試)最後の大規模マーク模試
 @この2回の結果は進路指導の大きな指針になります。
以上の事柄を家庭でも御理解、御協力をお願いします。



gakuen12



gakuen12_2s

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

期末考査前の家庭学習は、平均320分を超えた。
夏休みを終え、ほとんどの生徒が300分以上学習し、本番へ向けエンジン全開となってきた。
週末にテストが多くなり、週末の勉強が期待できない中、平日の放課後課外と家庭学習をしっかりやることが必要とのこと。

保護者としては、食事、体調管理に留意したい。

センター試験の願書を9/26までに担任に提出とのこと。それまでに検定料18,800円(3科目以上、成績開示)を事前に振り込む必要があります。
kakunen3_11_1

kakunen3_11_2

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育