2020/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
 明日3月1日の卒業式をひかえ、普段より多くの配布物があります。

 ・志在千里 第34号(東高小論文委員会 発行)
 ・倉東だより No.123(育友会 発行)

 ・鳥取県高P連会報 第76号
   (平成24年11月18日開催指導者研修会報告、西田寛司育友会長 発表)
 ・鳥取県高等学校教育振興会会報 第26号(最終号)
   (平成23年度著者講演会への助成 紹介)

 ご確認、ご一読下さい。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)
 現在、倉吉鴨水館では活動を支援する正会員及び賛助会員を募集しておられます。

 鴨水館ホームページ(HP)によると、正会員は総会で決議に参加でき法人経営に参画することができます。賛助会員は倉吉鴨水館の設立趣旨に賛同して、その活動や運営を応援するものです。
 会費は、正会員が入会金3,000円、年会費3,000円。賛助会員はいずれも0円です。

 入会を希望される方(団体)は 倉吉鴨水館 ousuikan@hotmail.co.jp 宛に氏名(団体名)、住所、連絡先(電話)を記載したメール送ると、連絡メールが届くそうです。

 詳しくは鴨水館HP、又はブログをご覧下さい。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)

 倉吉鴨水館が平成25年1月16日に特定非営利活動法人として認証されました。
 また、第2回理事会では教育目標のほか、受験実施要項などが話し合われ、いよいよ開館にむけての動きが活発になってきています。良いスタートをきり、子ども達の夢の実現に協力できればと思います。

 本ブログ内に、鴨水館ホームページブログfacebookのそれぞれへのリンクバナーを作って頂きました。右列 TOPICS欄に有ります。
 鴨水館ホームページは設立趣旨や体制などが掲載され、いわゆる「公式ホームページ」にあたります。
 鴨水館ブログは「倉吉鴨水館の動きを肩に力を入れないでお伝えしています。」とのことで、先日もNPO申請経過にまつわるあれこれが掲載されていました。

 用途にあわせて、ご利用下さい。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)

 先日、NPO倉吉鴨水館のブログ紹介の記事を掲載しましたが、鴨水館ではそのほかにホームページfacebookのサイトも出来ています。
 この育友会ブログでは、左欄中程の「リンク」に倉吉鴨水館ホームページへのリンクを設定しましたのでご利用下さい。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)
 専攻科に代わる進学支援組織、NPO倉吉鴨水館のブログができています。
現在は構築中ですが、認可申請の受理などがいち早くわかり、今後のニュースが楽しみです。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)
  平成24年11月20日
保護者の皆さま
鳥取県立倉吉市高等学校
校 長  牧  尚 志
                学校評価アンケートについて(お願い)

 向寒の候、保護者の皆さまには益々ご清祥のことと存じます。
目頃より本校の教育活動に対しまして、ご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。
 さて、本校では学校評価の一環として、保護者の皆さまからもご意見をいただき学校改
善に活かすためにアンケートを実施しております。お手数とは存じますが、アンケートに
ご記入の上、お子様を通じて担任までご提出くださいますようお順いいたします。

        提出締め切り日:12月7日(金)

※なお、平成24年度の校内環境改善目標に基づき資源節約の観点から裏面にアンケートを
印刷しておりますので、ご理解のほど何とぞよろしくお願いいたします。

    学校評価アンケート お願い       アンケート(保護者)
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)

 毎月、学校図書館から「図書館ニュース」・「新着図書案内」が発行されていますが、皆さんはご覧になっているでしょうか。
 今回発行されたNo.6では、11月16日に予定されています著者講演会の著者・著書について紹介や、先月行われた図書館ゼミの様子が掲載されています。また、新刊図書案内では新着の今時の書籍や、卒業生の著作が紹介されています。学校ホームページにはカラー版のリンクがありますので、そちらもご覧下さい。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)
 昨日、鳥取県立倉吉体育文化会館大会議室において補習科(仮称)の保護者説明会が開催され、3年生の保護者をはじめとして多くの保護者が出席されました。その概要をお知らせします。

 Ⅰ 経過報告(西田育友会長)
 ・専攻科の廃止とそれに対する活動の経過。
 ・平成17年9月議会で「平成20年度までに県立高校の専攻科廃止」の決定。
 ・平成19年11月、県高校PTA連合会による「県立高校の専攻科存続の陳情」提出。
 ・平成19年12月議会で「県立高校の専攻科存続の陳情」が研究留保。
 ・平成20年6月議会で「県立高校の専攻科存続の陳情」が不採択。(倉吉東、米子東の
  専攻科は平成22年度まで  存続し再度検討。)
 ・平成21年11月、県高校PTA連合会による「倉吉東・米子東専攻科存続の陳情」提出。
 ・平成21年12月議会で「倉吉東・米子東専攻科存続の陳情」不採択。
 ・平成22年5月、中西部高校PTA連絡協議会による「倉吉東・米子東専攻科存続の陳情
  (署名)」提出。
 ・平成22年6月議会で「倉吉東・米子東専攻科存続の陳情(署名)」研究留保。
 ・平成22年9月議会で「倉吉東・米子東専攻科存続の陳情(署名)」不採択。
  この間、鴨水同窓会等で検討会が立ち上げられる。また、倉吉市長、倉吉市議会議
  長、倉吉教育長、前育友会長の要望書などが提出される。
 ・平成24年6月に育友会・鴨水同窓会による「倉吉東高補習科(仮称)設置の陳情」提出。
  育友会評議員会で確認。
 ・平成24年8月、県議会総務教育常任委員会が来校。同窓会長、歴代育友会長らが対応
  し聞き取りを受ける。
 ・平成24年9月、県教育長へ中部高等学校PTA会長連名で6千余名分の署名を提出。
 ・平成24年9月議会で「倉吉東高補習科(仮称)設置の陳情」が趣旨採択。
 ・昭和36年に設立された専攻科は51年の幕を閉じるが、新たな組織である補習科(仮
  称)を立ち上げることがで  きるようになった。今後は、組織作り、育てていくう
  えで、保護者の皆さんの協力、助言をお願いしたい。
 
Ⅱ 概要説明(牧校長)
  今、3年生は毎週模試があり、その度に厳しい判定が連続していると思うが、ここで保
 護者がタオルを投げて(諦めるのも仕方ないと)目標を下げず、最後まで生徒が努力するよう、
 それを支えて欲しい。

 ・補習科(仮称)の組織形態は、NPO法人が運営。対象は主に中部地区の高卒生とする
  が、これに限らない。
  資料にある主体的学習者の育成という目的を、文言だけでなく実際に実現する。
 ・名称は、「倉吉鴨水館」を予定。
 ・理事は、鴨水同窓会長、育友会長、中部地区高P連会長又は副会長、東高校長を含む3
  ~15人以内。監事は、外の立場で1~3人以内
 ・スタッフはNPO法人が雇用し、常勤・非常勤講師及び非常勤事務職員。
 ・定員は、廃止の経緯を踏まえ約50名(理系・文系)
 ・資料のカリキュラムは常任委員会の願意聞き取り調査の時に説明したものである。
  今後、講師の確保が課題。
 ・「趣旨採択」の意味は、「専攻科と同じもの」は認められないということである。
 ・授業料は、専攻科の授業料とルーム費を合わせた金額程度としているが、変動の可能
  性有り。
 ・今後の日程は、この説明会後、NPO設立総会11/13、定款作成、申請。認可は遅くと
  も2月に。
 ・3月中旬(前・中期入試後)募集要項配布、入学試験4月初旬、授業開始4月中旬に向
  けて準備。
 ・補習科(仮称)と倉吉東高との連携イメージ図を説明。
  
Ⅲ 質疑応答
 ・「お願いとして、魅力あるものとしてあり続けるための長期的な展望を今から取り入
  れておいて欲しい。」
   ⇒ 東高の実績は、通説以上に長期間継続している。それは「何をするか」でなく
    「なぜ」、「どうして」を考え続け、実行し続けてきたことによる。保護者にも
    当事者として一緒に支えてほしい。
 ・「スタッフの採用について」
   ⇒ 公募では無く、依頼する予定。
 ・「定数について」
   ⇒ 専攻科の人数のままでは認可が難しい。採算と認可を考慮したライン。
 ・「場所は」
   ⇒ 東高の敷地内。
 ・「入試において家庭の経済状況を考慮してもらえるか」
   ⇒ 経済状況は合否判定には入れない。 
 ・「高卒以外は対象でないのか」
   ⇒ 専攻科でも高校中退者(今でいう高校卒業程度認定試験合格者)はいた。試
    験の状況で判断できる。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)

 明日、補習科(仮称)設立に関する保護者説明会が、午後5時から午後6時までの予定で鳥取県立倉吉体育文化会館において開催されます。
 案内をご覧になっていない保護者がおられるようですので、お知らせします。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)
 10月12日県議会で陳情が趣旨採択となり、いよいよ補習科(仮称)がスタートすることになりました。

 補習科(仮称)の運営母体となるNPO設立に向けて、NPO設立準備会(鴨水同窓会、育友会、中部地区高校PTAなどによって構成)が今月29日に第1回準備会が開催され、主にNPOの定款(名称、目的、組織、会費、会員など)が検討されます。

 これまでの陳情・署名活動の中では「補習科(仮称)」として取り組んできましたが、いよいよ正式な名称を付けることになりました。「倉吉東高校専攻科廃止後の生徒支援のあり方検討会」(通称「補習科(仮称)検討会」)からの要請で、新たに創設する生徒支援組織(補習科(仮称))にふさわしい名称をブログで広く募集することにします。

 つきましては、ブログをご覧の皆さんのお知恵をお借りしたいと思います。募集期間が非常に短くて申し訳ありません。新しい名称を準備会で検討できるよう〆切を10月28日とさせていただきます。多くの名称が寄せていただきますようお願いします。

 なお、名称の決定は、NPO設立準備会で決定していただくことになります。(運営母体であるNPOの名称と補習科(仮称)の名称はおそらく同じものになると思います。)

 名称の応募宛先は、名称募集専用アドレス newschoolname@ikuyukai.org へお願いします。

(西田寛司)
 ---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)
平成24年10月16日
保護者の皆様ヘ
鳥取県立倉吉東高等学校
校 長  牧  尚 志

補習科(仮称)設立に関する保護者説明会の開催について(ご案内)

 秋冷の候、・保護者のみなさまにはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、皆様ご存知のとおり、本校専攻科は本年度末を持って閉科となりますが、その後については、本校同窓会や育友会が中心となってNPO法人を立ち上げ、平成25年度より倉吉東高補習科(仮称)として新たにスタートできるよう県議会に陳情を行うなど積極的に働きかけてまいりました。この間、皆様には署名活動をはじめ多大なご協力をいただき、誠にありがとうございました。お陰をもちまして、今県議会で補習科(仮称)設立に関する陳情が趣旨採択となり、平成25年度4月開科に向けて具体的な準備を開始いたしました。
 つきましては、現在設立準備を進めております補習科(仮称)の内容につきまして、保護者の皆様にご理解ご協力いただきたく、下記のとおり説明会を開催させていただきます。ご多忙中とは存じますが、お子様に安心して受験していただくためにも、3年生保護者の皆様には是非とも全員ご参加いただきますようお願い申し上げます。また、1、2年生の保護者の皆様で関心をお持ちの方も是非ご参加ください。

                  記

 1.日 時 11月3日(土)午後5時から午後6時まで

 2.場 所 鳥取県立倉吉体育文化会館

 3.内 容 補習科(仮称)について

-----------------------  切 り 取 り 線 ------------------------

  補習科(仮称)設立に関する保護者説明会(出欠票)

出席・欠席のどちらかに○印をご記入のうえ、各担任に御提出ください。(締切10月26日(金))
設立説明会(案内)    出席          欠席

 ( )年 (  )組(  )番  生徒氏名              .
             保護者氏名              


---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)
平成24年10月15日
全日制1,2年生保護者の皆様ヘ
鳥取県立倉吉東高等学校
校長 牧 尚 志
平成24年度第2回保護者会(個別懇談)開催について(ご案内)

 秋冷の候、保護者のみなさまにはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、先日の強歩大会、公開人権教育ロングホームルームの実施におきましては、保護者の皆様に多数ご協力・ご参加いただき有難うございました。このあと2年生の韓国研修旅行のほか、各クラブの新人戦もたくさん予定されています。慌ただしい時期ではありますが、ここで前期の成績報告とお子さまの近況報告を兼ねて、下記のとおり保護者会を開催いたします。ご多忙中恐縮ですが、万障お繰り合わせのうえご出席くださいますようご案内申し上げます。
 また、午前中の授業を公開しておりますので、ご自由にご参観ください。(その際には管理棟1階の事務室で受付をお願いします。)

                     記
 1.日 時  10月31日(水)、11月1日(木)、2日(金) 3日間とも午後2時~
 2.場 所  各教室(上履きをご持参ください)
 3.内 容  学校生活、学習状況など(1年は文系理系コース選択についても)
 4.連 絡  *日時調整の都合上、
         1年:10月22日(月)まで、
         2年:10月19日(金)までに担任へご提出ください。
        *学校周辺の路上は駐車禁止となっていますのでご注意ください。
         駐車場は東高グラウンド(西側)をご利用ください。
------------------------ 切 り 取 り 線  ----------------------
     保護者会(個別懇談)出欠票H24年度第2回保護者会

出席・欠席のどちらかに○印を付け、出席の場合は希望日時をご記入ください。

   出 席    (   )日  (  )時 (   )分頃
   欠 席
     (  ) 年(  )組(  )番 生 徒 氏 名        . 
                     保護者氏名         印
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)
本日開催された鳥取県議会総務教育常任委員会において、先に提出した倉吉東高補習科(仮称)設置に係る陳情書に対する採決が行われました。委員全員が「趣旨採択」でした。設立にゴーサインです。
委員会の議論の中で、長谷川議員から6000件を超える署名が教育長に提出されたことが触れられました。
なお、斉木議員(米子市選挙区)から、専攻科廃止に至るまでの経緯や専攻科廃止の議会議決の趣旨を踏まえ対応することとの、附帯意見が出され賛成多数で可決されました。

最終的には10/12の本会議での採決によりますが、次のステップに向かうことができます。

昨年の8月から専攻科後の生徒支援のあり方が検討されてきましたが、この結果を西田会長、高松前会長を始め多くの関係者の皆様がどれほど心待ちにされていたか、本当に嬉しいことです。署名活動にご協力いただきました皆様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。またこの判断をしていただいた議員の皆様にも敬意を表したいと思います。
寺坂和利
陳情書
 本日、9月県議会総務教育常任委員会において、「倉吉東高等学校補習科(仮称)設置について」陳情の予備調査が行われました。
 こちらからその様子が録画放送でご覧になれます。(補習科についての時間帯は、1:49:35-2:05:00)
   http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/752918/gikai_iinkai_so20120919.asx

 なお、ご覧になるにはMicrosoft社のWindows Media Playerが必要となります。詳細については下記のアドレス(インターネット放送局 → ヘルプ)にアクセスしてください。
   http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=68652

 現在育友会で行っている署名は25日が締切です。ご協力お願いします。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)
 7日の記事でお知らせしたとおり、育友会運営委員会において補習科(仮称)設置に関する署名活動を会員全体で取り組むこととなりました。学校ホームページには牧校長からのお知らせが掲載されています。
 それによると、追加用紙は学校事務室に準備されているそうですので、直接あるいはお子さんが持ち帰るなどの方法で利用できます。
 9月25日(火)が締切となっていますので、皆様のご協力をよろしくお願いします。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)
 鳥取県議会総務教育常任委員会は本日2日、倉吉東高等学校補習科(仮称)設置についての陳情を、委員長採決で研究留保としました。最終的な決定は、7月4日となります。

こちらの鳥取県議会、総務教育常任委員会開催概要の録画放送から録画でご覧になれます。

 なお、ご覧になるにはMicrosoft社のWindows Media Playerが必要となります。詳細については下記のアドレス(インターネット放送局 → ヘルプ)にアクセスしてください。
   http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=68652
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)

本校の専攻科廃止後の対応について、県議会で興治英夫議員(倉吉市選挙区、会派「絆」)が6月22日に一般質問され、知事、教育長等が答弁しました。その概要です。ライブ中継視聴時のメモから文章化しましたので、正式記録とは異なることをご了承下さい。


倉吉東高等学校における専攻科廃止後の対応について

Q・倉吉東高の教育実績に対する評価について、教育実践・実績をどの様に評価しているか
・倉吉東高が高い教育実績を上げるにあたって、これまで専攻科が果たしてきた役割の評価について。特に生徒の学力向上と人材育成に果たした役割について
・専攻科廃止後の受け皿として、鴨水同窓会などが設置したいと考えている補習科とはどのようなものと、教育長は認識しているか。補習科設置について、前向きの検討、理解と協力をお願いしたい。
・補習科設置にあたっての課題解決について、現職教員の皆さんの協力を得るには、教育委員会の指示を仰ぎ、校長が許可するといった手続きが必要。教育委員会がそのことを承認して頂きたいが、教育長の考えは。一部現職職員に補習科の授業を受け持ってもらうことについて、知事の所感は。学校施設の一部使用は可能で、許可できることだと考えるが、知事、教育長の所見は。

 【知事】「倉吉東高のかたち」など特徴ある教育をされている。県下各校それぞれの良さがある。県は教育委員会をサポートしていく形。専攻科設置は石破知事の時代で、予備校では難しい人間教育を実施してきた。これまで議会で議論が交わされ、本来の三年間の高校教育で果たしていくべきと廃止が決まったが、その後の考えもいるかもしれない。「after専攻科」は議会の審議を見守り、教育委員会の判断をサポート。「補習科」については、知事部局、教育委員会でのやり取りになる。兼業の許可、施設については、教育上の目的や公益性によって貸し付け・利用料減免など。
 【行財政改革局長】 現職教員については教育公務員特例法で、本務に支障の無い時はOK。教室など財産については教育委員会の財産となる。
 【教育長】東高の教育は、フォーラムやスクラム教育など、韓国研修の継続など打って出る教育。専攻科については長らく議論されてきた。「補習科」は近県にもある。陳情では「廃止を受け止め、専攻科の後を考える」。設置は可能で、専攻科との違いは主体が県でなく、PTA・同窓会になる。現職教員については教育公務員特例法など、学校施設については県の取り扱い要領。議会での取り扱いを見ながら。

Q・「補習科」設置に協力をお願いしたい。議会の判断を待つと言うことで、議員の皆さんも賛成して欲しい。専攻科の存在が高校生のレベル向上につながっているが、これが廃止によって断ち切られるマイナスの影響について

 【知事】可否の言及は控えるが、専攻科廃止は官・民、モラルハザードなどの議論の結論で、高校生や保護者の気持ちの担保は「民」、「民活」の二つで、後者に当たる。考えるべき課題。
 【教育長】議会の結論。廃止は判っていて、乗り越えなくてはいけない。3年間でやり遂げるために、指定校の1、2年生で学力分析、教材研究など取り組み、改革支援をしている。

Q・学力向上対策だけでいいのか。中部の民は充分でない、人間的成長も指導の中に入れて欲しいという保護者の声。現職教員からは「換わるものが必要」「これまでの指導に対する信頼」の声。前向きに考えて欲しい。
・配置された教員、予算が無くなり、NPOとして設置すると陳情。専攻科と違う
 【知事】やるなら地域で皆が力を合わせて民の力を使い、官民協働パートナーシップでとなるか。長年の議会の判断があるのでそれを考慮しながら。
 【教育長】公費、公平性の議論で専攻科が廃止になった。現職教員の協力については状況によっては専攻科と同じになる懸念。その内容による。詳細がわからない。
 許可をする立場。制度としてできるからOKではない。全体像が見えないので、はっきりしたところでオープンな議論を。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)
 本校の専攻科廃止後の対応について、現在開会中の県議会で興治英夫議員(倉吉市選挙区、会派「絆」)が、明日6月22日に一般質問されます。開議は10時で、最初の質問です。

興治議員の質問項目
 倉吉東高等学校の専攻科廃止後の対応について  【指定答弁者 知事、教育長】

こちらからライブでご覧になれます。
  http://www.pref.tottori.jp/streaming/gikai_live_b.asx

 なお、ご覧になるにはMicrosoft社のWindows Media Playerが必要となります。詳細については下記のアドレス(インターネット放送局 → ヘルプ)にアクセスしてください。
   http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=68652
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)
鳥取県議会に提出された倉吉東高補習科(仮称)設置に係る陳情書は以下のとおりです。


                              平成24年6月11日

鳥取県議会議長
伊藤 美都夫 様

                         鳥取県倉吉市下田中町801番地

                         倉吉東高等学校 育友会会長 西田寛司
                         倉吉東高等学校 鴨水同窓会会長 杉本美智子

   倉吉東高等学校補習科(仮称)設置について(陳情)

要旨
 私たちは、育友会(倉吉東高校PTA)や鴨水同窓会などの「民」の力により、隣県にも設置さ
れている補習科に類似した新たな体制・組織を立ち上げ、運営したいと考えています。
鳥取県議会におかれましては、以下の理由をご勘案の上、平成25年4月からの倉吉東高等学校
補習科(仮称)設置に何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。あわせて、下記事項につい
て許可していただきますようお願い申し上げます。

1鳥取県立倉吉東高等学校施設の一部使用
2鳥取県立倉吉東高等学校一部教員による教科・進路指導

理由
 昭和36年4月に設置され、51年の長きにわたり浪人生の学力育成に当たってきた鳥取県立倉吉東高等学校専攻科は、平成22年9月の定例鳥取県議会における「県立高等学校の教育のあり方に関する決議」を受け、平成22年11月の定例教育委員会において、平成24年度末をもって廃止されることとなりました。

 このことについては謙虚に受け止めています。また、その決議に際して、「専攻科に対する県民のニーズは依然として高いものがある」との議会の認識にも感謝しておりますし、「高校3年間で自らが目指す進路を実現するための力を養うため、高校教育全体の質を高めるべき」との考え方も理解しています。

 ただ、現実としては、どんなに力を付けようとも浪人生が出ることは不可避と考えられます。また、近年の倉吉東高専攻科の存在は、浪人生を支援するだけではなく、現役生にとっても大きな刺激となっています。専攻科生の真摯に勉学に取り組む姿勢は、多くの現役生が、“行ける大学”でなく“行きたい大学”を果敢に受験しようとする姿勢を持つことにつながっています。さらに、専攻科・現役合同の補習等をとおして、確かな学力を付ける上でも大きな役割を果たしてきています。

 このような現役生と専攻科生との相乗効果により、近年の本校の進学実績は、東京大学をはじめとする難関大学や国公立大学の合格者数において、学年定員200名規模の公立高校の中では全国屈指となっています。

 しかし、専攻科廃止後の県中部の浪人生を取りまく状況は、生徒・保護者にとって安心できるものではなく、都会と比した教育環境を考えると、実際には子どもたちの願いを叶えて行くことは非常に困難なことだと思われます。

 これまで倉吉東高等学校が担ってきた高い志を持つ人材の育成という使命を果たし続けていただくためにも、本校卒業生だけでなく、県内の他校出身者も受け入れることができる専攻科廃止後の新たな受け皿として、私たちは補習科(仮称)を設置したいと考えています。また、授業が充実したものとなるためには、中部地区で不足傾向にある退職教員だけでなく現役教員にも教科・進路指導に当たっていただく必要があります。そこで、補習科(仮称)を校内に設置することができれば、一部現役教員による指導も可能となり、そのことによって子どもたちを安心して任せることができます。
***********
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校) コメントの記入方法
reported by terasaka
 東高図書委員会による「図書だより」が発行されましたので紹介します。今回は、教育実習生の皆さんのお薦めの一冊紹介です。
 また、図書館からは毎月図書館ニュース、新着図書案内が発行されています。こちらは学校ホームページの読書・小論文活動をご覧下さい。


図書だより                                    2012年5月
                                        倉吉東高図書委員会

教育実習生の先生方に聞きました「私のおすすめの1冊を紹介します!」
 現在、教育実習で倉吉東高に来ておられる8名の先生方に、「おすすめの1冊」を紹介していただきました。図書館でも展示していますので、興味のある人はぜひ手にとってみてくださいね。

 伊藤恵先生
 『深尾くれない』宇江佐真理著 新潮社
 江戸時代の鳥取市の城下町を舞台にした人情物の小説では他に類を見ないものとなっていると感じます。鳥取市の城下町の風景が如実に表されている作品で、鳥取県に住んでいる私たちにとって鳥取市の地名などもでてくることで親近感を持って読み進めていくことができると思います。この小説を読んだ後、鳥取市を散策などしてみると当時の時代背景と現在への移り変わりをまた楽しむことができる作品であると思います。

 岩田菜穂先生              
 『「イギリス社会」入門 日本人に伝えたい本当の英国』
 コリン・ジョイス著 森田浩之訳:NHK出版新書
 ロンドンオリンピックまであと2か月。今年は、テレビでも新聞でもイギリスの情報が多く流れています。鳥取砂丘にもビッグペンの砂像が登場しました。この本では、英国の人々の習慣や考え方を、海外生活の長いイギリス人がユーモアたっぷりに解説しています。イギリスに住む人々の生活や感覚を思い浮かべながらオリンピック中継を見れば、4年に一度の大会がより面白くなること間違いなしです!

水谷瞭平先生
 『心を整える』 長谷部誠著 幻冬舎
 この本はサッカー日本代表のキャプテン長谷部誠選手が書いたものです。長谷部選手が成功するために普段から行なっている習慣、考え方などが紹介されています。ワールドカップなど大舞台で良いパフォーマンスをするため、また、キャプテンとしてチームを引っ張っていくために必要なことなど勉強になると思います。皆さんも心を整えて、勉強や部活に頑張ってください。

 杉本拓優先生
 『采配』落合博満著 ダイヤモンド社
 私は元中日ドラゴンズの監督であった落合博満さんの書いた、「采配」という本を推薦します。野球をやっていた私は落合さんの勝負に対する姿勢に以前から 共感することが多く、この本には野球をやっていない人でも勝負に勝つという気持ちの重要さを知ることが出来る言葉が沢山載っています。『ROAD TO VICTORY ! 』人生において勝つことの大きさが書かれているので是非皆さん読んでみてください。
           図書だより 2012.5月 表    図書だより 2012.5月 裏
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)
[図書だより]の続きを読む