2020/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
                                      平成23年9月22日
 保護者の皆様へ
                  東  高  等  学  校  長    牧  尚志
                      育    友    会    会    長    高松 彰
                      育友会人権教育推進委員長 田中 肇
人権教育LHR(ロングホームルーム)公開授業について(ご案内)
 朝夕に、秋の深まりを感じるようになってまいりました。保護者の皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、今年度2回目の人権教育LHRを10月5日(水)に公開で行うことになりました。公開人権教育LHRは、生徒、教師そして保護者が共に人権問題の解決に向けて学習を深める場として始まりました。育友会としましても、人権啓発のよい機会と考えて広報に力を入れておりますことをご理解いただき、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。また、5限を授業参観として公開し、ふだんの学習の様子を見ていただけるように企画いたしました。
 なお、お手数とは存じますが、出・欠席のご返事を10月3日(月)までに担任へお知らせ下さい。

                         記
 1 期 日  10月5日(水)  5限(12:50 ~13:35)授業参観
                  6・7限(13:45 ~15:25 )人権教育LHR
 2 場 所   各組教室

 3 テーマ   1年生 「人権問題に学ぶ」
          2年生 「在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ」
          3年生 「結婚差別問題に学ぶ」

4 その他  O駐車はグランドにお願いします、
        O耐震化工事の関係で、ご不便をおかけしますが、当日は体育館側からお入り
         いただき、体育館前の受付で、案内図等の資料をお取り下さい。
        O参観は、どのクラスでもできます、
        OLHR終了後、16時00分より参観者(保護者、一般)、職員による
         学年別懇談会を開きます。どうぞご参加ください。
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 切  り  取  り ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・       
 公開人権教育LHR(10月5日)に
          出席します      欠席します
                          (O印をしてください)
   保護者 名前                .   
   生徒 名前                   年   組  .
※出・欠席のご返事を10月3日までに各ルーム担任にお知らせ下さい。

人権LHR
-----------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)

9月1日に第3回育友会人権教育推進委員会が行われ、本年度の人権教育公開LHRと教育講演会について話し合いました。

①今年度人権教育公開LHRについて(予定)
 ・授業参観の企画について
  10月5日(水)
 ○授業参観  5限  12:50~13:35
 ○公開LHR
 ・時間帯:6・7限  13:45~15:25
 ・テーマ:1年生「人権問題に学ぶ」
     :2年生「在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ」
     :3年生「結婚差別問題に学ぶ」
 ○学年懇談会(保護者・一般参加者・教員等の懇談会)
 ・時間帯:参観終了後 16:00~16:55
       ※ 授業終了したクラスから順次始めますが、遅くとも16:00には始める目安です。
 ・場 所:耐震化工事の関係で調整中。決定次第お知らせします。
 ・担当教員: 1年生 川北・仲田  2年生 前田陽・岩間  3年生 石田・古川
 ○育友会と解放研の懇談会(未定)現在検討中

~トピックス~
1.授業参観、懇談会とも、長時間にはなりますが、みなさまこぞってご参加ください。
  人権教育推進委員会では「秋桜 LHRお誘い号」を発刊し、より詳しい内容をお知らせしていく予定です。
  9月末の発刊をめざしていますので、そちらもご確認ください。
2.学年懇談会では、例年出席される方も少なく、その上保護者に意見を求めて何度も振られるのがかなわない
  というご意見があるようです。これを反省して、今年度はあまり保護者に発言を強制しないような進行をと
  先生方も工夫されるとのことです。
  保護者の方々の積極的ご参加が増えることを願っています。よろしくお願いします。

②人権教育講演会について
 10月27日(木)午後7時30分~午後9時
 倉吉未来中心 セミナールーム3
 ワークショップ 1)人権について
           鳥取県教育委員会人権教育課副主幹 盛田恭司
         2)発達障がいについて
           鳥取県教育委員会中部教育局指導主事 中島朋子

 ※ 今年度は初の試みでワークショップ型研修会を企画しています。
   こちらにも、みなさまの積極的ご参加を期待しています。

③ポルフェリン症の難病指定をめざすつながり について
 昨年度の人権教育講演会でご講演いただいた池谷由美さんのこの活動を、本校でも、話を聞いただけで終わらせず継続的な人権活動として署名支援してはどうか、という意見があり、委員会で協議しました。
 この結果、全国ポルフェリン代謝障害友の会「さくら友の会」の署名活動に賛同し、今年度の人権教育講演会までの期間、折に触れ署名を集めていくことになりました。
 このことについても、改めて人権教育推進委員会よりお願いのお便りを出し、署名方法など詳しいご案内をしてまいります。ご協力お願い致します。

                                            (m.fujie)
  

    
                                            2011年6月14日
倉吉東高等学校育友会
 人権教育推進委員各位
                                  
                                 育友会人権教育推進委員長 田中 肇


           第1回育友会人権教育推進委員会の開催について(ご案内)


  梅雨の候、みなさまにはますますのご清栄のこととお喜び申し上げます。
  日ごろ、育友会並びに育友会人権教育推進委員会の運営につきましては、格別なご理解とご協力をたまわり
 厚くお礼申し上げます。
  さて、本年度第1回育友会人権教育推進委員会を下記のとおり開催しますので、ご多用の折とは存じますが、
 万障お繰り合わせのうえ、ご出席いただきますようご案内申し上げます。

                    記

  1.期 日  6月30日(木) 午後7時30分から

  2.場 所  倉吉東高等学校 大会議室

  3.議 事  (1)報告事項
           ① 2011年度本校人権教育の基本方針・年間計画について
           ② その他
         (2)協議事項
           ① 副委員長の選出
           ② 2011年度の推進委員会の事業推進について
           ③ 公開人権・同和教育LHRの取り組みについて
           ④ その他


   ※ 出欠の返事締め切り 6月28日(火)となっております。
     まだの方は急ぎお返事をお願いします。

                                            (m.fujie)

 
                                 2010年10月18日

育友会会員の皆様へ

                鳥取県立倉吉東高等学校
                    育  友  会  会  長   寺 坂 和 利
                    育友会人権教育推進委員長    橋 本 徳 香
                    学     校     長   名 越 和 範


   2010年度育友会人権教育講演会の開催について(ご案内)

 秋冷の候、皆様にはお変わりなくご活躍のことと拝察いたします。
 日ごろ、育友会の活動につきましては、公開人権教育LHRへの参加をはじめ、格別なご理解とご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて、毎年開催しております育友会会員対象の人権教育講演会を下記のとおり開催することになりました。講師は、現在米子市人権教育推進員をしておられる池谷由美さんです。池谷さんは、骨髄性プロトポルフィリン症の難病指定を目指す活動をとおして、繋がり支え合う生き方を各地で語っておられます。
 ご多用の折とは存じますが、ご出席いただきますようご案内申し上げます。なお、生徒の参加もOKですので、是非親子で聴いて家庭でも話題にしていただければ幸いです

                 記

1 期 日  10月30日(土) 14:00~16:00
2 場 所  倉吉体育文化会館 中研修室
3 演 題  『みんながしあわせになるために』
        ~ポルフィリン症の難病指定をめざすつながり
         そして、私が歩んでいる中から~
        講師 池谷 由美 さん

※誠にお手数とは思いますが、下の用紙により出・欠席のご返事を10月27日(水)までにクラス担任を通して人権教育部の山田史子までお知らせ下さい。


―――――――――( 切 り 取 り 線)―――――――――
2010年度育友会人権教育講演会(10/30)に

  出席します
           (該当する方に○印を)
  欠席します

保護者 名前                  

生 徒      年   組   番


101030annai.jpg

*************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by oba
 10月30日(金)未来中心セミナールーム3にて、米子市市民人権部人権政策課 坂田かおり さんを講師にお迎えして育友会人権教育研修会が開催されました。
 インフルエンザにより、先日まで2年生の学年閉鎖、また1年生の学級閉鎖と大変な時期ですが、大勢の育友会の会員の皆様に出席していただきました。
人権講演会人権講演会人権講演会
人権推進委員長より紹介委員長へインタビューパワフルなおしゃべりです
 演題は 『この子たちの笑顔に逢いたくて ~子供たちと共に学び育む人権教育~』 で、被差別部落出身の自らの体験、結婚から出産、現在のお仕事などををパワフルなおしゃべりで語っていただきました。
 笑いも涙もある心に残る講演でした。詳しくは人権推進だよりでご紹介予定です。
人権講演会
 最後に倉吉東高開放研の部長より、花束贈呈。
 しかし、花束は坂田さんのお嬢さん(次女 高2)の手に渡ることになりました。

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
                                    倉吉東高校育友会     
                                   人権教育推進委員会 主催

  人権教育講演会のご案内

       この子たちの笑顔に逢いたくて

と き:2009年10月30日(金)午後7時30分
ところ:倉吉未来中心セミナールーム3(入場無料)
講 師:坂田かおり さん
 (米子市市民人権部人権政策課)



 今月8日は、公開人権LHRに多数ご参加下さりありがとうございました。
 生徒たちの声「今回のLHRは討論会の形で話し合いをしました。時間が経つにつれてみんなの声に熱が入ってきて、最後の方は活発に意見が出るようになり、みんな真剣に考えているのが伝わってきました。話し合いの中で自分の意見が変わった人もいて、凄く有意義なLHRでした。」

 保護者の声「一人ひとりが自分の考え、思いを自分の言葉で語り、また友だちの意見をしっかり聞き、学習を深めていてよかったと思います。なごやかな雰囲気で話し合いが進められていて、自分の思いが語れる人間関係があり、あたたかい気持ちで参観することができました。」

 教員の声「活発な話し合いだった。高校生が社会に出て行こうとする今、差別に負けない心や熱い思いをこれだけ持っていることを大人に見てもらいたい。」

 今回は育友会を対象に、人権について考えを深める講演会を企画しました。

 人との出逢い、仲間や家族とのつながり、同和教育、わが子の成長…
 「共に育つ」ことを大切にするためにも、差別や人権について考えてみませんか?

 どうぞ、お子さんやご家族とご一緒に、またお知り合いの方をお誘い合わせの上お越し下さい。
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka
 
明日(10/8)はいよいよ人権教育LHRです。台風接近で天候が悪い中ですが、ぜひお集まりください。
■■ 人権教育ロングホームルームにようこそ ■■

 公開ロングホームルームでは、各学年が共通のテーマをもって学習しますが、クラスの取り組み方や内容は少しずつ異なります。各クラスの委員たちが、互いに相談を重ねながら、独自の工夫をして準備を進めています。今回はその取り組み(内容)の一端ををご紹介します。

 当日はどの学年、クラスに参加なさっても結構です。気軽に教室にお入りになって下さい。なお、5限に授業参観を予定しています。

―授業参観―  
  ●日 時:10月8日(木)5限(12:50~13:35)
 
 ―公開LHR― 
  ●場 所:各クラスにて(どの学年・クラスの参観もOKです!)
  ●時 間:6・7限(13:45~15:25)
  ●テーマ:1年生「人権問題に学ぶ」
       2年生「在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ」
       3年生「結婚差別問題に学ぶ」 
 
 ―学年懇談会― (保護者・一般参加者・教員等で懇談会を行います。
                          是非ご参加下さい)
 ●時 間:参観終了後 16:00~16:55
 ●場 所:1年生:会議室(管理棟1F西側)
      2年生:生物室(管理棟3F東側)
      3年生:物理室(管理室2F東側)  
 
 ―育友会と解放研の懇談会―  
 ●時 間:17:00~17:45 そのあと反省会
 ●場 所:大会議室

091006LHR案内01  091006LHR案内02

[授業参観・公開LHRのご案内]の続きを読む
人権教育LHRが10月8日(木)に開催されます。保護者の皆さんから、LHRへのお誘いのメッセージが届いています。ぜひ、一読していただいて、授業参観してみてください。
公開LHRへのお誘い
この人権教育LHRは本校の特色ある教育活動のーつです。1年生は身近な人権問題を学び、2年生は、韓国研修を控え、在日韓国・朝鮮人問題を学び、3年生では、結婚差別問題について学ぶこととなっています。

子供たちの真摯な取り組みに私たち保護者も一緒に参加して学んでみませんか。子供たちの意見・考え方に新たな発見をすることもあるかもしれません。教室での姿を通じて、わが子の成長を感じることもできるでしょう。

さあ、初秋の午後のひと時、学校に出かけてみませんか。また、5限の授業は公開されていますので、早めにおいでいただいて参観されてみてはいかがでしょうか。 それではお待ちしています。
                                           育友会会長 寺坂和利

―授業参観―  
  ●日 時:10月8日(木)5限(12:50~13:35) 詳細は裏面に

 ―公開LHR― 
  ●場 所:各クラスにて(どの学年・クラスの参観もOKです!)
  ●日 時:10月8日(木)6・7限(13:45~15:25)
  ●テーマ:1年生「人権問題に学ぶ」
       2年生「在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ」
       3年生「結婚差別問題に学ぶ」 
 
 ―学年懇談会― (保護者・一般参加者・教員等で懇談会を行います。
                          是非ご参加下さい)
 ●日 時:参観終了後 16:00~16:55
 ●場 所:1年生:会議室(管理棟1F西側)
      2年生:生物室(管理棟3F東側)
      3年生:物理室(管理室2F東側)


倉吉東高校育友会の皆さま、こんにちは。

 今年も秋の深まりを感じる季節となりました。人権教育ロングホームルームが10月8日(木)に開催されます。
 人権問題を考えるとき、他人事としてとらえてしまうことはありませんか?「自分や家族は当事者ではないから…」と思っていても、ある日突然にその問題が降りかかってくるかも知れません。

いじめの問題や、携帯・インターネット上のトラブルなどにより深刻な人権侵害が身近に起こる可能性は誰にでもあります。また、突然の事故や病気などで自分や家族が身体や心に障がいを負ったり、あるいは高校生の親としては どのような場面に出会っても、人権問題に対する正しい知識と理解を持ち、自分自身の問題としてとらえることが大切です。生徒たちとともに人権学習を深めるよい機会ですので、お忙しいこととは思いますがぜひご参加ください。

 また、倉吉東高はいつでも参観OKということで特定の参観日を設けていませんでしたが、なかなか一人では来づらいというご意見もあり、5限目を授業参観の時間としていただきました。めったにないチャンスです。ぜひ、5限目からおいでください
                                    育友会人権教育推進委員長 橋本徳香

公開LHRへは、過去2回参観しました。以前は、積極的ではありませんでしたが、我が子が司会をするというので様子を見に行こうと参加し、子どもたちの前で少しだけ自分の思いを話しました。講演会に行くのも良い研修ですが、公開LHRへ参加し子どもたちの話に耳を傾けてみませんか?3年生は、最後の公開LHRです。是非参加し、一緒に子どもの成長を見届けましょう。   (3年生保護者)
 


LHR案内1 LHR案内2
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka
 
[授業参観と公開LHRのご案内]の続きを読む
平成21年9月25日
保護者の皆様へ
倉吉東高等学校長  名越 和 範
育 友 会 会 長  寺坂 和 利
育友会人権教育推進委員長  橋本 徳 香
人権教育LHR(ロングホームルーム)公開授業について(ご案内)
 朝夕に、秋の深まりを感じるようになってまいりました。保護者の皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
人権教育LHR(ロングホームルーム)公開授業について(ご案内)  さて、高等学校では、中学校の道徳・学級会活動にあたる授業時間をLHR(ロングホームルーム)と呼んでおりますが、今年度2回目の人権教育LHRを10月8日(木)に公開で行うことになりました。公開人権教育LHRは、生徒、教師そして保護者が共に人権問題の解決に向けて学習を深める場として始まりました。育友会としましても、人権啓発のよい機会と考えて広報に力を入れておりますことをご理解いただき、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。また今年は、5限を授業参観として公開し、ふだんの学習の様子を見ていただけるように企画いたしました。
 なお、お手数とは存じますが出・欠席のご返事を回答用紙にて10月5日(月)までに担任へお知らせ下さい。
1.期 日10月8日(木)5限(12:50~13:35)
6・7限(13:45~15:25)
授業参観
人権教育LHR
2.場 所各組教室(学校の管理上、正面玄関の受付を通っていただきますようお願いします
3.テーマ1年生「人権問題に学ぶ」
2年生「在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ」
3年生「結婚差別問題に学ぶ」
4.その他
○当日は正面玄関からお入りいただき、受付で、案内図等の資料をお取り下さい。
○参観は、どのクラスでもできます。
○LHR終了後、16時00分より参観者(保護者、一般)、職員による学年別懇談会を開きます。どうぞご参加ください。
○育友会人権教育推進委員の方は、17時00分より大会議室にて解放研生徒との懇談会、17時45分より委員懇談会を持ちますので、ご出席ください。

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
先日開催しました公開人権教育LHRの参観者の声がまとまりましたので、ご報告します。
2008公開人権教育LHR参観者の声
2008/10/ 8
参観者数(保護者1年24、2年14、3年7、外来16、合計61) 感想23通

感 想
・人のいいところをどんどんまねして、いいところを広げていく、自分の弱さを認め人の性格やその人の意見を認める…等々の活発な意見が生徒たちから出ていました。親としても考えさせられるものばかりでした。(1年)
・十分な時間がなく各教室を短時間しか見られなかったのですが、それぞれのクラスでの神妙な顔つきが印象的でした。長時間の授業の中で思考を継続させ、つきつめていくことができ、有意義であったと思います。(1年)

・討論が進まなくても意見が出なくても、先生方が口をはさまず見守っておられて、生徒さんを信じて、信頼していらっしゃるのだと感じました。(1年)

・人権について各クラスとも活発に意見がなされて、非常に意義あるものであった様に思います。しかしながら生徒たちの親が果たして生徒同様の考え方をしなければ子どもたちに悪影響を及ぼす。親も参加する場面(=時間)があれば良かったかも。(1年)

・活発な意見はなかったのですが、自分の持論を言った生徒がいてよかった。委員の人たちが一生懸命進行しようとしていた様子がすばらしかった。(1年)

・同教委員さんは本当に熱心にがんばっておられたと思います。男子の方が素直というか単純(いい意味で)なのか一生懸命考える子が多かったような気がします。委員の中にはやはり女子も必要だったかと思いました。難しいテーマでしたが、先生のリードはよかったと思います。発言としてはなかったかも知れないけど、皆きっと考えてる、考えたと思います。(1年)

**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka
[公開人権教育LHR(10/8)参観者の声]の続きを読む
平成20年(2008年)9月26日
保護者の皆様へ
倉 東 高 等 学 校 長 名越 和範
育  友  会  会  長 寺坂 和利
育友会人権教育推進委員長 勝田 芳正

人権教育LHR(ロングホームルーム)公開授業について(ご案内)
人権教育LHR(ロングホームルーム)公開授業について  朝夕に、秋の深まりを感じるようになってまいりました。保護者の皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、高等学校では、中学校の道徳・学級会活動にあたる授業時間をLHR(ロング・ホーム・ルーム)と呼んでおりますが、今年度2回目の人権教育LHRを10月8日(水)に公開で行うごとになりました。公開人権教育LHRは、保護者、生徒そして教師が率直に意見を出し合い、人権問題の解決に向けて共に学習することができる良い機会と存じます。育友会としましても多くの保護者に参加していただくために、力を入れて広報しておりますことをご理解いただき、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。また、生徒の学習を深めるためにも、授業の参観というよりも一緒に参加するという意識でおいでいただき、ご意見等頂戴できれば幸いです。
 なお、お手数とは思いますが出・欠席のご返事を回答用紙にて10月3日(金)までに担任へお知らせ下さい。
1.期 日10月8日(水)6・7限(13:45~15:25)
2.場 所各組教室(学校の管理上、、正面玄関の受付を通っていただきますようお願いします
3.テーマ1年生「身近な差別に学ぶ」
2年生「在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ」
3年生「結婚差別問題に学ぶ」
4.その他授業は13時45分開始ですので、少し早めにお越し下さい。
当日は正面玄関からお入りいただき、受付で、案内図等の資料をお取り下さい。
保護者控室を、設けております(管理棟(正面の校舎)の玄関右奥の大会議室を予定)。 早めにおいでの方は、そちらをご利用下さい。
参観は、どのクラスでもできます。また、当日は1限の授業より公開しておりますので、ご自由にご参観ください。
LHR(ロングホームルーム)終了後、16時00分より、管理棟大会議室、物理教室、生物教室にて参観者(保護者、一般)、職員による学年懇談会を開きます。どうぞご参加ください。
育友会人権教育推進委員の方は、17時00分より大会議室にて解放研生徒との懇談会、17時30分より委員懇談会を持ちますので、ご出席ください。

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
2008年9月5日
倉吉東高育友会会員の皆様へ
育 友 会 会 長 寺 坂 和 利
育友会人権教育推進委員長 勝 田 芳 正
2008年度育友会人権教育講演会の開催について(ご案内)
人権教育講演会の開催について  初秋の候、皆様にはお変わりなくご活躍のことと拝察いたします。
 日ごろ、育友会の活動につきましては格別なご理解とご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて、毎年開催しております育友会会員対象の人権教育講演会を下記のとおり開催することになりました。講師は、NPO法人こども未来ネットワークの中井浩先生です。中井先生は、鳥取県ケータイ・インターネット教育推進員として、ケータイ・インターネットの危険性を地域・学校などの講演で語っていらっしゃいます。子どもたちがケータイ・インターネットで被害者にも加害者にもならないために、保護者の方も現状を認識していただくよい機会になると存じます。
 時節柄お忙しいとは存じますが、万障お繰り合わせの上ご出席くださいますようご案内申し上げます。なお、生徒も参加できますので、親子で聴いて家庭でも話題にしていただければ幸いです。
1 期 日9月24日(水) 19:30~21:00
2 場 所鳥取県立倉吉未来中心 セミナールーム3(2階です)
3 演 題人権教育講演会「みんなで学ぼう身につけよう!メディアとの正しい接し方」
中井浩さん(鳥取県ケータイ・インターネット教育推進員)

お手数とは思いますが、下の用紙により出・欠席のご返事を9月19日(金)までにクラス担任にお渡し下さい。

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
9月26日開催された橋本智洋さんの人権教育講演会の感想を掲載します。多くの方から内容の濃い感想を頂戴しました。ありがとうございました。

かなりボリュームがありますが、ゆっくり、じっくり、読んでいただけたらと思います。

文書で配布した感想の「秋桜 号外」はこちらをご覧ください。
講演会当日の様子はこちらをご覧ください。


橋本先生の講義を聴かせていただくのは、2回目です。先生ご自身の人生を振り返りながら、差別と向き合ってこられたことが、非常によくわかりました。話があるごとに私自身ならどうしただろうと想像したりして、聞いていました。

生まれた場所、地名のために差別を受けられ、大変な思いで生活されたと思います。それは非常に不合理なことだと思います。今日の講演のことを家族で話し合ってみようと思います。私達は、気がつかないところで差別しているところがあるかもしれない。

差別と出会ったとき、相手にわかりやすく注意しなければならない。また、差別に気づく感性をもっていなければならないと思います。今後も、講演会等に参加して、感性を磨いていこうと思いました。



同和教育を受ける中で、「出身は聞かない方がいい」と耳にしてきましたが、私も相手を知る仲良くなる糸口だが、別に差別しとるわけではないと、心の中で思っていました。でも、橋本さんの話を聞いて、何でもないと思っていた質問にそんなに心を痛めておられる人がいるんだという事をつくづく感じました。

これからは違う事で仲良くなる糸口をみつけていきたいと思います。 歌、歌詞、心にしみました。ただ、何年か後、もっと軽やかに歌われる橋本先生にお会いしたいと思います。そうなるよう少しでも知っているからしていると言えるよう努力していきたいと思います。講演を終え、外へ出たら、たぬきが踊りそうな月夜でした。


・ただそこに生まれたというだけで、どうして差別されるのか、
・差別する側が差別している事に気づいていない、気づけないという事は部落問題に限らず、言える事だと思った。
・知らないうちに強者の側に立って平気で相手を傷つけるような事をしているかもしれないというおそろしさを感じた。
・どうしたら相手の立場に近づけるのだろうか。自分の弱さ、誤りを認める勇気がなければ人とつながっていけないのだと思った。


淡々とした口調で語られる言葉の一つ一つ、フレーズが心に響く講演でした。生まれた場所、親の職業、自分ではどうしようもない事柄で”世間”から評価されてしまう悲しさ、もどかしさ…自分の一番近い人には語れない差別の話。

 日常生活を送っておられる中から出てくる本音は私の心の中にストレートに入ってきたように思います。
 45歳の私には橋本さんの歌のメロディーはどれも心地よく、詞とお話しがだぶってしまいおもわず涙してしまいました。是非一度コンサート向きの会場で、じっくりシンガーソングライター橋本智洋の世界に入ってみたいと思っています。その日がくるのを楽しみにしています。お元気でご活躍をお祈りしています。

続きはこちら
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
reported by terasaka
[橋本智洋さんの人権教育講演会の感想を掲載します]の続きを読む
11月9日付けで「人権教育講演会に参加して ~秋桜 号外~」を発行しました。橋本先生の講演の感想を取りまとめたものです。

9月26日、小学校教諭の橋本智洋先生を招いて、本校大会議室で人権教育講演会を開催しました。橋本先生は、自らの生い立ちを語りと歌とで講演され、その正直でストレートな心の叫びは私たちの心を揺さぶりました。
 参加者は保護者105人、生徒33人、教職員20人、合計158人でした。

 今まで人権教育、特に部落差別の問題をとりあげた講演や研修には何回も参加してきましたが、今回の講演ほど心を動かされた講演はなかったです。

 今までは何となくうわべのことだけを考えてきたように思います。相手の立場に立って行動するなどと簡単に言ってきたけど、心底相手のことを考えた行動ができていなかった自分があり、とても恥ずかしい気持ちになりました。

 橋本先生は、しっかりとした自分の考えをお持ちで差別と戦っておられるんですが、今でも出身地をきかれるとドキッとするといわれました。そういう心を苦しめているという差別の根強さを改めて感じました。

 先生の歌で今まで気づかなかった自分をふりかえることができたように思います。
 とても素晴らしい講演でした。ありがとうございました。

 私はどうなのか、ということを問いかけられたのが、初めての斬新な体験でした。自分は部落差別にどう向き合うのか、どう関わるのか、人ごとでも昔のことでもなく、自分のこととして考え行動することの大切さを改めて教えられました。

 橋本氏ほどの方でも、出身地を聞かれると心臓が打つのですから、差別される方の苦痛は、聞いただけでは分からない、測り知れない痛みだと思います。

 娘さんのことを思って歌われた「きみへ」を聴くうち、涙があふれてきました。同じ親として、私も、わが子を守ってやらねばと気づかされました。

 私は49歳ですが、40歳の方のご両親でも文盲に近いことをお聞きして、今でもそんなことがあるのかと、愕然としました。土下座のことをお聞きし、ご両親の思いと、本当に愛されて育てられたのだということを感じ、思いました。

 また、橋本先生の淡々とした語り口に、逆にその思いの深さ、大きさを感じさせられました。

非常に新鮮で心を打たれた。家族、子供、そしてふるさと。誰にでもある大切なものを温めるのではなく、逆に部落で生まれたことで、大切な物を差別してしまう自分は本当に辛い。橋本さんのその辛さを考えると胸がいたみました。

私は家族もふるさとも大切です。傷つけられたくもないし、守っていきたい。なぜ部落差別はなくならないのか、どうすればよいのか、今の私にはわかりません。しかし、橋本さんが差別と向き合い、「私は自己紹介をさせていただいているだけです。」と言われたとき、どんな小さなことでも人に伝えられるものがあるのではないかと感じました。それを探していきたい。また、私は常に自分の差別性に恐怖を抱いています。

差別したくないと思っていても、きっと私の心には差別心がある。その差別心と向き合い続けていきたい。そして、橋本さんが話してみようと思える人になりたいと思う。とても学ぶことの多い講演会でした。お忙しい中準備して下さりありがとうございました。

橋本先生、今日はどうもありがとうございました。先生の40年間のふりかえり(「苦しさから逃れるための自己紹介」)を聞きながら、自分のふりかえりをしました。橋本先生が生まれたふるさと、両親の職業、小卒・中卒の両親を恥じ、かくそうとしたと話されたのを聞いていて、障害がある家族がいる私の生い立ちとダブって、涙がでてしまいました。

私はその家族、両親と同居していますが、充分に家族を認めたり、両親にやさしくしたりしているわけではありません。育ててくれたことは感謝していますが、両親の言動をきらっているところもたくさんあります。自分の生い立ちや家族のことは、自分が信じられると思った人にしか話すことはできません。やはり、心が解放されていないのでしょう。

 私は、橋本先生と同業の小学校教員ですが、橋本先生から「自分のふりかえりをしない一番は教員であり、本音と立前を使い分けている。」と批判されました。また私も教え子に部落に対するマイナスイメージを持たせてしまったのだろうかとも考えてしまいました。橋本先生の話を聞いたのは2回目ですが、頭の中はすっきりしません。でも、自分をふりかえることができた90分でした。ありがとうございました。


橋本先生講演会1 橋本先生講演会2
画像の見方

**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
reported by terasaka
[人権教育講演会に参加して ~秋桜 号外~]の続きを読む
先日、人権教育推進委員会だより「秋桜」を掲載しましたが、「秋桜」では人権教育ロングホームルームの公開授業に参加された保護者の皆さんの感想の一部を紹介しました。「秋桜」で紹介できなかった感想については、以下のとおりです。


授業の内容についての感想 

1年
○グループごとの話し合いの形は多くの生徒が意見がだしやすく1年生にはよい形だと思いました。グループに先生が入り適切に助言されるとみるみる盛り上がり、活発に意見が出るので、まだまだ話し合いの力がついていないと思ってみました。

○身近な差別に学ぶということで、高校1年生が何を身近な差別として考えているか、まず知りたいことでした。
 まず子供クラスは4組「結婚差別」と「教育に関する差別」でしたが、教育に関する差別って何といった感じでした。結婚差別については、やっぱりまだ高校生なのかなという感じでした。

○活発に自分から意見を述べようとしていて好感が持てた。討論では、人間の本質に触れるような意見もあり、今後の成長がとても楽しみに思えた。

○今日は保護者という立場と同和教育担当という立場で両方から学習に参加しました。様々な視点から人権問題にせまっていこうとされている姿勢や工夫・発想はとても良かったと感じました。先生も生徒も前向きに取り組もうとする姿も見られました。逆に、部落問題や同和教育に対する意欲や楽しさ(豊かさ)を充分に味わえてない部分も多くあるように感じました。この点は、小・中・高とも考えないといけない共通した部分です。高校生の意見をきけたことは貴重でした。ありがとうございます。

○保護者からのアンケート結果、意見を提示しながら、また班内での話し合いを仕組みながら、意見が出るように頑張っていたと思います。この授業をきっかけに、身のまわりにある不合理なことに気づき、どんな小さなことでも自分にできることを行動にうつしていってほしいと思います。

○生徒中心の同教を楽しみに参加した。生徒の力で、時間いっぱいうまくまとめていたと思う。
 各クラス色々な切り口があり、そのクラスらしさが出ていて、とてもよかったと思う。先生のまとめもよかったです。

○授業を参観させていただき、ありがとうございました。率直に書かせていただきます。LHRの目的が何なのか、見えません。前半は話し合いの時間でしたが、私がみていた班では全く話し合いが進まず、深まりもありませんでした。進行役が決まっていたのか否かも、前半では分かりませんでした。先生方からのアドバイスはほとんどなく、机間巡視もほとんどありませんんでした。3人の先生がおられるのに、先生方の本時における役割分担があまり見えませんでした。どの班がどのような内容を話し合っているのか、把握されていなかったようにみえました。「生徒の自主性にまかされて」いたのでしょうが、「ほったらかし」のようにみえました。生徒は班毎に書いてはいましたが、真剣に考えた結果のものとは思えませんでした。今日までのどのような取り組みをされていたのかがみえてきません。今後どのような取り組みで、本時の目標にせまっていかれるおつもりなのか…。高校の人権教育に対してもっていた思いがくずれました。2001年度3年の学級で、同テーマの学習をしたときは3年生だったから、ということもあるでしょうが、「生徒が時間延長を担任に申し入れる程に話し合いが深まりさすがに高校生と思った」と妻から聞いていただけに、残念でした。

○公開授業は1年3組を中心に、1組、2組も参観させていただきました。3組は、クラス全体が明るく、生徒一人ひとりの表情に笑顔が多く、かつ真剣に討議されていました。1組、特に2組は部落差別や問題に対して本音で思いを伝えあっている部分を参観でき、核心に触れた授業で聞き入ってしまいました。大変良かったです。3組は部活~部落問題に入っていく中で、素直な気持ちや思いを出し合い、「難しいナ~」とつぶやいた人に「こうじゃない?」と教えあっている姿と、「正しい心を持つ事が必要」と言う雰囲気が伝わってきました。この授業に至るまでの積み上げがあり、先生又生徒たちの努力に対して、大変だった事でしょう、お疲れ様でした。

2年
○「ハンメの運動会」の絵本を教材に学習していました。色々な立場で見方考え方ができる。又、読む側によっても考えさせられる教材(絵本)であることを感じました。
 司会進行の生徒さんもよく学習していることを実感しましたが、周りの生徒が今一つ!!真剣さに欠けているように思いました。(我が子を含めて…反省!!!)

○生徒が色々と考えて準備をした事が感じられた。
他の生徒も協力的に色々と意見を発展していて良い雰囲気だったと思う。

○生徒が進める授業でしたが、よく準備され、自分の体験を入れながら、とてもいい進行をしていたと思います。答えていた子たちも、よく意見が言えて良かったと思います。とてもむずかしい内容でしたが、自分に返して考えさせられ、子どもたちも話しやすくなったと思います。

3年
○最初はなかなか意見が出なくて司会の生徒さんが大変そうでしたが、だんだん意見が出てきて、「最後に一言言いたい人」というときに数名手が挙がって、皆さんがいろいろ考えておられることがわかりました。

○「結婚」はまだ実感がないかな~。

○LHR委員ががんばってました。その姿はとてもよかったです。よく考えて進めていました。

○高三・高一の生徒が中学3年時、授業の中でかかわっていただけに、なつかしく表情や仕草に接することができました。クラスをリードしながら、また友人と意見を出し合いながら、真剣に話し合いに加わっている姿をみて、とても心地よくなりました。学力もだが、中学の教員にとっては生徒の生き生きとしているようすを実感できたことが何よりです。

○クラスの雰囲気は和気あいあいとしていて、Frankに発言できていたのではないでしょうか。進行がスローで、時間的に取り組む予定のことを終えるのはむつかしそうであった。でも、無口になりがちな内容も、卒業したらすぐ自分の直面する問題になる人もあるだろうから、友人のいろいろな意見を聞いて、自分の考え方、生き方をきづいていくと思います。

○ロールプレイをして、討論して、人権教育のまとめを全生徒が発言した。ロールプレイからの導入で議論に入りやすかったと思う。まとめの発言も一人一人素直に自分の思いや意見が言えて、涙を流している姿もあった。本音が話せる仲間であることを感じた。青少年の反乱の記事が多い中、これからの若者たちの行く先を案じることの多いなか、この生徒たちの純粋な心や今までの人権教育が根付いていることを知り、安心した。3年間参観させて頂き、子どもたちの成長のすばらしさを感じました。先生方の協力や努力のおかげです。本当にありがとうございました。

全学年
○内容ではありませんが、さすが高校生。自分の意見を自分の言葉で話せるのがすごいと思いました。集中していたように思います。

 課題等

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
reported by terasaka
[人権教育ロングホームルーム 参加者アンケート結果]の続きを読む
人権教育推進委員会だより「秋桜」を発行しました。

先月10月3日(水)午後1:45~人権教育ロングホームルームが公開され、その後各学年反省会・解放研の生徒と人権教育推進委員との懇談会がありました。「秋桜」では公開授業に参加された保護者の皆さんの感想など思いの一端を紹介します。なお、寄せられました他の感想については、おって掲載します。


1学年

1年生は、「身近な差別に学ぶ」というテーマのもと身近な差別の事例を取り上げ、差別の不合理さ・自分の中の差別心に気づくことなどを目標に学習を深めた。

■アンケート・学年反省会での感想
様々な視点から人権問題にせまっていこうとされている姿勢や工夫・発想はとても良かったと感じました。先生も生徒も前向きに取り組もうとする姿も見られました。逆に、部落問題や同和教育に対する意欲や楽しさ(豊かさ)を充分に味わえてない部分も多くあるように感じました。高校生の意見をきけたことは貴重でした。

授業を参観させていただき、ありがとうございました。率直に書かせていただきます。LHRの目的が何なのか、見えません。前半は話し合いの時間でしたが、私がみていた班では全く話し合いが進まず、深まりもありませんでした。

進行役が決まっていたのか否かも、前半では分かりませんでした。生徒は班毎に書いてはいましたが、真剣に考えた結果のものとは思えませんでした。今日までどのような取り組みをされていたのか?先生方も今後どのような取り組みで、本時の目標にせまっていかれるおつもりなのか…。


活発に自分から意見を述べようとしていて好感が持てた。討論では、人間の本質に触れるような意見もあり、今後の成長がとても楽しみに思えた。

伝えるための力量、気持ちの強さ、周りとの信頼関係によって発言が変わると思うが、とにかく自分の言葉で話すことができればもっと充実した話し合いになるのではと思った。答えが出なくでも本音が言えればいいのではないか。

 保護者である自分が授業を参観する、差別について学ぶという姿勢をみせることで子ども自身にも学んでほしい。


     課 題 な ど

授業が授業の部分で終わる事なく、今後の生活や学級、学校の場で、少しずつ不合理に対して行動できる人であって欲しい。

アンケートの質問紙の中の「被差別部落だとその出身を知ってしまったとき…」とあるが、ここにすでに部落に対するまちがったイメージやとらえを感じた。仮に意図的であったのなら、生徒にしっかりおさえておく必要がある。


先生の反省・感想
◆グループ討論するがあまり意見出ず。
◆自分自身が差別をなくせるかどうか考えさせるところまでLHRを深めることが出来なかった。
◆生徒はまだまだ発展途上。人権について考える雰囲気をつくるのが大事。まずは友達を大切にする!
◆同和教育は授業の中での話。優秀な答えがでるような教育は受けている。しかし普段の生活は普段の生活とドライに割り切っている生徒が多い。
◆グループに一人リーダーを入れたり、仲が良い者同士でグループを組ませることで活発に意見交換させることができた。
◆個々での話し合いは見られたが、全体の話し合いにならなかった。

2年生、3年生、解放研の生徒と人権教育委員との懇談会、反省会はこちら

コスモス1 コスモス2 コスモス3 コスモス4

画像の見方

**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
reported by terasaka
[人権教育推進委員会だより「秋桜」発行しました]の続きを読む
10月25日(木)午後7時30分より人権教育推進委員会機関紙「秋桜」編集会議を開催しました。

橋本先生の人権教育講演会、公開人権LHRで寄せられた感想、ご意見をどのように機関紙に組み込むか、議論しました。
秋桜1 秋桜2
人権教育講演会を秋桜号外で、LHRは昨年と同様4頁にして、皆さんにお届けすることとしました。

早ければ、今週の発行となります。ご期待ください。

画像の見方
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
reported by terasaka
10月25日(木)19:30から「秋桜」の編集会議を開催します。また、あわせて、先日の公開人権LHRの反省もしたいと思います。委員の方、お忙しいと思いますが、お集まりください。

                               2007年10月9日
人権教育推進委員各位
       
                              鳥取県立倉吉東高等学校育友会
                               会          長  寺坂和利
                               人権教育推進委員長 野口裕子



    育友会人権教育推進委員会機関紙『秋桜』編集会議の開催について(ご案内)

 燈火親しむの候、皆様には益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
 先日の公開人権教育LHRの広報活動、並びに公開LHR・反省会への参加につきましては、格別なご理解とご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
さて、本年度の育友会人権教育推進委員会の機関紙『秋桜』の編集会議を下記のとおり開催しますので、ご多用の折とは存じますが、ご出席いただきますようご案内申し上げます。

                   記

1.期 日  10月25日(木) 午後7時30分から
2.場 所  倉吉東高等学校 大会議室
3.内 容
(1) 協 議
① 公開人権教育LHRの育友会として総括
② その他
(2) 『秋桜』の原稿編集作業

* 誠にお手数とは存じますが、下記の用紙により出・欠席のご予定を10月15日(月)までに人権教育部の浜路までお知らせ下さい。

――――――――――――( 切 り 取 り 線)――――――――――――
育友会人権教育推進委員会『秋桜』編集会議に
( 出席・欠席 )する (該当する方に○印を)

保護者 名前                           
生 徒 第  学年  組  番 名前 

コスモス編集会議
画像の見方

**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
reported by terasaka
昨日(10/3)開催されました人権教育LHR(ロングホームルーム)の様子をお伝えします。

-授業参観-
○3年3組の様子
・事前LHRでは、
結婚差別を描いたビデオ「紫陽花のころ」と資料から結婚差別の事例を学習。
・公開LHRでは、
1.趣旨の説明
2.グラフの読み取り
3.アンケート結果の報告
4.ディスカッション(班ごと)
  ・4つの結婚の形で、親の役と子供の役に分かれる。
  結婚相手が①被差別部落の人②障害者③外国人④宗教が違う 
  ・親の役の人は、子供の結婚に反対する。
  ・子供の役の人は結婚を認めてもらうために、どう説得するか。 
  ・一種のディベートのようなスタイルで進めていました。
5.結婚についての話し合い(全体)
  ・知久馬先生、保護者から結婚について語られました。
6.終わりに
  桑本先生から「結婚はしてみないと分からないもの」

○「結婚」にもう少し現実感が無かったということもあったのでしょうか、突っ込んだ議論までにはいたらなかった感じでした。

人権教育LHR3年3組1 人権教育LHR3年3組2

人権教育LHR3年3組3 人権教育LHR3年3組4

-学年反省会-
3年生に出席しました。
◆3年生
クラスごとに感想を言っていただきました。
・もっと一人ひとりの子供の想い・考えを聞きたかった。
・子供の成長が見たかったが、うわべだけの議論になったようだ。
・差別の事例を示して、子供の立場、親の立場で意見交換できた。
・差別されている本人を前にしない第三者としての差別について議論。
・これまで学習してきたことは何か、予想以上にいい意見が出た。
・3年間の想いを一人ひとりが発言。わが子の成長を感じた。感動した。
・雰囲気が何でも話せるって感じだった。
・アンケート結果については、保護者に結果を返して欲しい。
 →(先生)返したい。生徒がまとめているものは、できている範囲で。
人権教育LHR3年全体会

-全体会- 17:15-17:30 18:15-18:45
解放研との意見交換のため、中断。
・保護者の参加者 60人+α(受付をせず教室に行かれた保護者)
・昨年より、少なく、望ましい参加者について議論。
・感覚的に90人程度か。各クラスに5人程度。
・保護者の参加がゼロというクラスもあった。
・「授業参観のご案内」が前日。来年はもう少し早く配布を。
・参加の回収状況をみて、再度、声かけすることができなかった。

-解放研との意見交換-
・10数名の生徒が合流して意見交換。
<生徒から>
・(2年生)昨年より、良くまとまっていて、充実していた。
・いままでよりずっといいいLHRだった。
・班にしたことで意見が出やすかった。
・事前の準備と今日の資料が良くできていた。
・司会の進行も上手だった。1年→2年で成長か。
・一人ひとりの想いが言えてよかった。
・同教委員が意見を発展させることができた。
・グループにせず、生徒が対面して、一人ひとりが意見を言った。
<保護者>
・うまく運営出来た点は、きっちり残して、伝えて欲しい。
 →取りまとめたものを作っている。生徒はそれを見てくれたものと思っている。
・上手に組み立ててあった。いい仲間作りができているなと感じた。

人権教育LHR解放研と1 人権教育LHR解放研と2

画像の見方

**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
reported by terasaka
今日(10/3)は人権教育ロングホームルームです。貴方のご参加をお待ちしています。

■人権教育ロングホームルームにようこそ■
 公開ロングホームルームでは、各学年が共通のテーマをもって学習しますが、クラスの取り組み方や内容は少しずつ異なります。各クラスの委員たちが、互いに相談を重ねながら、独自の工夫をして準備を進めています。今回はその取り組み(内容)の一端ををご紹介します。LHRご案内

 当日はどの学年、クラスに参加なさっても結構です。気軽に教室にお入りになって下さい。なお、授業は1限から公開されています。
―授業参観- 1限からの参観もOKです。
●日 時:10月3日(水)13:45~15:25
●場 所:各クラスにて(どの学年・クラスの参観もOK!)
●テーマ:1年生「身近な差別に学ぶ」
     2年生「在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ」
     3年生「結婚差別問題に学ぶ、3年間の学習のまとめ」

-学年反省会-
 (保護者・一般参加者・教員等で反省会を次の会場で行います。
 是非ご参加下さい)
●日 時:参観終了後 16:00~16:55
●場 所:1年生:会議室(管理棟IF西側)
     2年生:生物室(管理棟3F東側)
     3年生:物理室(管理室2F東側)
○当日の案内はこちら
○授業参観へのお誘い


◆第3学年
  「結婚差別問題に学ぶ、3年間の学習のまとめ」
 結婚差別の事例から学び、差別を見抜き行動することの重要さを考えたいと思います。
特に、まもなく成人して社会人となること、高校最後の人権LHRということをふまえ、社会的な目を養いたいと考えます。LHRご案内

LHRの内容 <指導者>
<1組:河口泰丈、有山 彰>     
事前LHRでは、Q&A方式でまず結婚の知識を確認し、委員が紹介
したエピソードをもとに結婚の意味、結婚差別について学習。公開LH
Rでは、引き続き結婚差別及び忌避意識について議論し、様々な形の差
別に対する気付き、これからのありかたについて学習を深めます。

<2組:川本 祐子、檜 佳憲、河本詩織>  
 事前LHRでは、結婚についてQ&Aもとりいれながら班で話し合い
ました。公開LHRでは、保護者の方から回答いただいたアンケート結
果や先日行われた人権講演会に参加した生徒の感想を基に、結婚差別や
結婚の意義について話し合います。また、自分を振り返りこれからの在
り方について意見を述べます。
<3組:桑本秀一、知久馬大輔、浜路政庸>
 事前LHRでは、結婚差別を描いたビデオ「紫陽花のころ」と資料か
ら結婚差別の事例を学習。公開LHRでは、アンケートに表れた保護者
の思いを参照しながら、生徒自身の考えを徹底討論。結婚観、差別に対
する気づきを深めます。

<4組:置名 浩樹、廣田 誠->
 事前LHRでは、結婚前には身元調査や親戚の反対などの問題が、ま
た結婚後も親戚づきあいの拒否や疎外などが起こりうることを事例とビ
デオから学習。公開LHRでは保護者から回答をいただいたアンケート
結果を基に、結婚差別の背景や結婚の意義について議論を行います。

<5組:徳本 和訓、藤原 達夫、石田 亮彦>
 事前LHRでは、結婚差別を描いたビデオを見て、どこが差別なのか
を考えました。公開LHRではビデオを見た感想をもとにグループで話
し合い、生徒一人ひとりが結婚に対してどのように考えているかを発表
します。そして、結婚差別の背景を生徒に考えさせ、最後にこれまでの
人権学習を振り返って、今後の生き方について一人ひとりが発表します。

<6組:桑田 亨、三谷 友来>
 事前LHRでは、担任が結婚差別の事例を話しました。公開LHRで
は、ロールプレイングをもとにして円形になって討論を行います。保護
者の方々の意見を交えながら、よりよい結婚のあり方を模索します。ま
た、数年間にわたる人権学習を通して、自分のこれからの在り方につい
て生徒一人ひとりが意見を述べます。              
LHR終了後、学年反省会(16:00~)を物理室(管理室2F東側)で行います。是非ご参加ください。

画像の見方

**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
reported by terasaka
[授業参観のご案内 =人権教育ロングホームルームにようこそ=]の続きを読む