2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
中部地区高等学校PTAの指導者研修会が、PTA役員、保護者、先生方が出席し、倉吉交流プラザで開催されました。
昨年お招きする予定だった竹内昌彦さんの講演でした。
中部地震のため、昨年の開催は見送られたのです。

竹内さんは元岡山県立盲学校の先生です。
「わたしの歩んだ道」~見えないから見えたもの~として、ユーモアを交えながら、子どもたちへ、親たちへのメッセージなどを熱く語ってくださいました。

いじめを受けた子が自殺していくことに心痛め、
「あなたの命は一人のものでない。あなたの中にお父さん、お母さんの命がある」
「絶望しているかもしれないが、生きていればつらいことの後に必ずいいことがやってくる。」

子どもをどう育てていけば良いのかを考えるときに、
「優しい人間を育ててほしい。」
「勉強は自分のためにするのではない。人の役に立てる人になるために。」
「運がいいことに健康に生まれた人、1%の力でいい。人の役に立つことをしてほしい。」
ご自分も「1%の力」で、モンゴルやキルギスに盲学校を建てた話もされました。
72才でまだまだ精力的に活動される姿を拝見し、自分も人のために何ができるか考えながら生きていきたいと思いました。

中高P研修 1 中高P研修 2

ご自身のつらい体験も話をされ、何度も何度も涙がこぼれました。
強くて優しく、とってもおもしろい竹内さんお話を、ぜひまた聞きたいです。

中高P研修 4

(KM)


追伸
視覚障がい者からのお願いです。

〈点字ブロックの上に、物を置かないで〉
点字ブロックには、誘導ブロックと警告ブロックの2種類があり、白杖や足裏の感覚で進行方向や危険個所の確認をします。
視覚障がい者の歩行・移動時の安全確保のため、点字ブロックの上に駐車・駐輪しないでください。
点字ブロックについて(社会福祉法人 日本盲人会連合会HPより)

〈声を出してください〉
視覚障がい者は音が頼りです。
私たちの生活の中でも、駅の改札でピンポーンと鳴ったり、信号機が変わるとピヨピヨ・カッコウやメロディーが鳴るのを聞いたことがあると思いますが、音で誘導してくれる所ばかりではありません。
「信号が変わりましたよ」 「何かお手伝いすることがありますか」と言ってもらえると助かります。
できることなら、目的地まで誘導してもらえるとありがたい、誘導の際は下記写真のように、右手のひじにつかまらせてください、とのことでした。
音サインの現状(社会福祉法人 日本盲人会連合会HPより)
中高P研修 3

私たちにもできることがたくさんあります。
一人ひとりが少しずつ気を付けるだけで、誰にとっても住みやすい社会になる気がします。
歩行移動時における弱視者の不便さ(社会福祉法人 日本盲人会連合会HPより)
(C-Ka)
一年学年通信「Step by Step」第3号 が発行されました。

「倉東生になる」という学年目標で半年間高校生活を送り、自覚を持って行動できるようになってきたようです。

10月は進路選択の時期ですが、
◯文理選択のポイント や
◯学習習慣の見直し・ポイント
◯国・数・英の勉強の仕方
など、具体的に掲載されています。

詳細は配布された紙面をご確認ください。





H.sa
11月の行事予定表です。
11月は、3年生の模試が毎週のようにあります。
体調に気を付けて、がんばってください!

画面をクリックすると、大きく表示されますので、ご覧ください。
行事予定 201711月
(NA)
倉吉東高校新聞 第92号を掲載します。
第92号は、新生徒会役員決定を著者講演会等についてです。

画面をクリックすると、大きく表示されますので、ご覧ください。
20171020 倉吉東高校新聞 第92号 表20171020 倉吉東高校新聞 第92号 裏
(NA)
学校より、まちこみメールが配信されました。ご確認ください。
警報や避難勧告が出ている地域もあります。
登校は十分に注意してください。
登校できない、遅れるなど、何かあれば学校に連絡を入れましょう。

倉吉東高 (0858)22-5205

<リンク>
 ⇒倉吉東高ホームページ
 ⇒JR西日本 中国エリア運行情報
 ⇒日本交通(バス)最新情報
 ⇒日の丸自動車(バス)最新情報


◇以下、まちこみメール本文です。

台風21号の影響により公共交通機関に乱れが予想されますが、各自が交通機関の運行状況にあわせて登校してください。
また、登校の際は安全を最優先にしてください。

(C-Ka)
風が強くなってきました。
JRでは明日のお昼ごろまで 運行を見合わせるとの事、日本交通(バス)は運休や運行打ち切りの可能性もあるとの事です。
登下校は安全第一です。
今後のまちこみメール、学校ホームページ、台風情報にご注意ください。

<リンク>
⇒倉吉東高 ホームページ
⇒JR西日本 中国エリア運行情報
⇒日本交通 新着情報

(C-Ka)
公開人権教育LHR(ロングホームルーム)の開催についての案内です。
来る11月8日(水)5,6時限(午後2時から午後3時40分)に、各教室において、行われます。
子どもたちが、じっくり人権について話し合いますので、是非その様子を参観してください!

1年生 「人権とは何か」 身近な差別について考える
2年生 「沖縄と平和学習」
3年生 「結婚差別と人権問題」
各学年ごとに上記のテーマで、話し合います。

20171015 公開人権LHR 表20171015 公開人権LHR 裏
提出の締め切りが、11月5日(水)となっております。
よろしくお願いします。
(NA)
倉吉東高新聞、第91号を掲載します。
第91号は、2017インターハイ 高総文祭報告等です。

画像をクリックすると、大きく表示されますので、ご覧ください。

20171005 倉吉東高校新聞 第91号 表20171005 倉吉東高校新聞 第91号 裏
(NA)
今年度の人権教育講演会は、「東京演劇集団 風」による「ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち~」を観劇しました。

10月4日(水)19:00~21:00、未来中心小ホールでおこないましたが、保護者、生徒、教職員合わせて188人の参加があり、会場はほぼ満席の状態でした。
多数のご参加、ありがとうございました。

特に、生徒の皆さんの参加が予想以上に多く、本当にうれしかったです。

プロの役者さんの迫真の演技はとてもすばらしく、胸に迫るものがありました。
この演劇を通して、ヘレンの幸せは何なのかを体当たりで探し求めるサリバン先生の姿に、「障がい者=できない人」と勝手に決めつけるのではなく、相手を理解し一緒になってできることを探していくことの大切さを感じた方も多かったのではないかと思います。

観劇後に提出していただいたアンケートにも、「とてもよかった」「来年も観劇が良い」など肯定的な回答をたくさんいただきました。
予算の都合上、毎年観劇をすることはできませんが、またこのような機会が持てると良いなと思います。
お寄せいただいた感想は、近日発行の人権教育推進委員会だより「秋桜」2号に掲載しますので、そちらもご覧ください。

来年度の人権教育講演会にもたくさんのご参加をお待ちしております。

また、11月8日(水)午後2時~3時40分、公開人権教育LHRがおこなわれます。
人権について真剣に考える生徒の姿をぜひ見に来てください。
3時50分からは懇談会もおこなわれます。
学校側が無理に意見を求めることはしないそうですので、こちらの方も参加していただけると大変ありがたいです。
たくさんの方の参観をよろしくお願いします。

 倉吉東高育友会
  人権教育推進委員長   立木文子
20141004 ヘレンケラー 1 20141004 ヘレンケラー 2

20141004 ヘレンケラー 4

20141004 ヘレンケラー 3

その他の写真は、フォトアルバム(写真集)をご覧ください。
⇒「ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち~」
⇒倉東育友会フォトアルバム(写真集)
第52回という、大変に歴史ある強歩大会の支援世話役責任者の任命を受けた9月初旬。
代々受け継がれている手順等を先輩役員さんに指南を受け、準備を進めました。

事前に保護者及び関係各所から食材提供を募り、足らないところを業者に発注という流れ・・
毎年多くの提供があるとの事。

強歩大会前日の学校での仕込み作業は、忙しい時間をさいて多くの保護者さんに参加を頂き、スムーズに仕込み完了。

今年は例年になく天候が危ぶまれていた強歩大会・・
当日朝は台風を思わせる大荒れの天気でしたが、学校より決行の報告。

悪天候にも関わらず続々と保護者さん集合。
悪天候の中、歩く子供達も頑張りましたが、先生方、保護者も頑張りました。

強風でテントが飛び、吹き込む雨でずぶ濡れになりながらも、頑張って歩いている子供達の事を想えば・・苦にならない・・そんな想いはすべての保護者さん、同じ想いだったと思います。

大鍋2つで調理開始・・約800食の量は、なかなか作りごたえがありました。
味の決め手は、調味料でもプロの技術でもなく・・関わったすべての皆さんの愛情でした。

夢広場に辿り着く子供達を、皆で拍手で迎え入れる情景は、感動的でもありました。
午後からは天気回復で、青空の下・・
元気にゴールを目指す後姿は嵐を乗り越えた逞しさすら感じられました。

そんな中、近所の方から『湖畔を歩く高校生の挨拶が素晴らしい。何処の高校?』と聞かれ『倉吉東高校です。』と答えたら、『さすが倉吉東ですね』とお褒めの言葉を頂きました。
今回の決断、実行、支援体制等を物語る様に思います。
学校、保護者、子供達、一体となって成し遂げた事業でした。

~育友会 強歩大会支援の様子~
 ◇学校にて
 20171003121934.jpg 20171003122250.jpg

 ◇ハワイ夢広場にて
 IMG_2838.jpg IMG_2727.jpg

 ◇懇親会も楽しかったですよ
 CIMG3455.jpg

倉吉東高 育友会
  副会長 吉 岡 学