2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
 8月8日(土)に行われた高校生フォーラム プレゼンテーション の各高校の発表の概要を、当日会場で配布の「プレゼンテーション要約」と写真でご紹介します。
プレゼンテーション要約(3) 岡山県立岡山操山高等学校
love×money → happiness
PART1 Introduction
岡山県立岡山操山高等学校 岡山県立岡山操山高等学校
今日、格差問題は世界が抱える最も重要な課題となっている。現在のアメリカ流資本主義の最果てには、中間層が存在せず、富裕層と低所得層の二極に分裂した社会ができあがっているのかもしれない。アメリカでは、一部のエリートたちが作ったシステムによって、中間層や低所得層の人々が苦しめられている。日本にもこのような状況が訪れかねない。

PART2 History
岡山県立岡山操山高等学校 岡山県立岡山操山高等学校
人類は交易の手段としてモノの代わりに貨幣を鋳造することで「富の蓄積」を可能にし、ここから富裕層と労働者の間の格差が生まれた。十七世紀の産業革命では、大量消費社会の基礎が形成されるとともに、資本主義が世界の主流となっていった。また、多くの人々の命を奪った戦争は、人類に科学的・経済的発展をもたらした。戦争が終わり二十一世紀に入ると、世界は新たな需要を見出すことができなくなり、経済成長がストップした。人類が自分の利益ばかり追求し続け、結果的に実体をなくしてしまった経済活動を改善するためには、何が必要なのか。それは、“愛”である。

PART3 Suggestion1
岡山県立岡山操山高等学校 岡山県立岡山操山高等学校
人と直接関わり、他者への“愛”を持つことができるお金の使い道として、私たちは「教育」「介護」「食料」の三点に注目した。いずれも、現在や未来の社会に必要不可欠な要素であるが、一方で多くの問題を抱えている。教育においては初等教育の充実、介護では介護サービス従事者への支援、食料では国内消費の向上が最優先課題といえる。

PART4 Suggestion2&Conclusion
岡山県立岡山操山高等学校 岡山県立岡山操山高等学校
これらの問題を解決するために必要な“愛”のあるお金を集めるための方法として、私たちは“ゆうし募金”を提案する。“ゆうし募金”には、「有志」の人々からの「融資」によって“愛”のあるお金を集め、その使い道や成果についての情報が目た見えてわかる“you see”という意味が込められており、一人一人がお金の使い方について改めて考えることのできる募金である。まずは、誰にでもできることとして、身の回りにある問題について“愛”をもって考えることが重要である。
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1052-d9cf4169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック