2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
 倉東だより第111号(平成22年3月1日号)が発行されました。6ページをご紹介します。
卒業おめでとう
新型インフルエンザに振り回されたこの一年ですが、三年生は学級閉鎖もなく卒業の日を迎えました。支えてくださった皆様から新しい門出に向けてエールをいただきました。

茶道部外部指導者 T 陽子
 茶道部のスタートは、利休の「和敬清寂」(四規)の教えを知ることからでした。お互い同士が和し合い、尊敬し合いながら、おだやかに過ごすこと、何事にも動じない強い心を養うことです。これからの人生の道しるべともいうべき教えです。
学園祭での御手前  皆様は、卒業にあたって、希望に満ちあふれ、進路に向かって燃えていることでしょう。先づは健康で三年間に培った力を存分に発揮し、初心を貫いてください。その過程で越えなければならない荒波があることと思います。
こんな時、自分を信じ友を信じ、素直になることです。やさしいようでなかなか難しいことですが、生きていく基本であり、将来、広く深い心を持つ人になると思うのです。  「和敬清寂」は茶道の言葉ではありますが、この教えをさまざまな場で思い出してほしいと思うのです。
 ご卒業おめでとうございます。
 行く手に幸あれと願いつつ・・。
三年生保護者 A・K
 ご卒業おめでとうございます。皆さんがどこに進むとしても、この高校生活で学んだ事、経験した事を活かすために、大切にしてほしいことをお伝えします。皆さん、多分今までに耳にしたことのある、ごく当たり前の事なのですが、これがとっても大切です。
「挨拶」家でも外でも明るい大きな声で
「感謝」とりまく全てのものに感謝の気持ちを
「前向きの言葉」常に良い意味の言葉を心がけて!
 人や自分を傷付ける言葉はNGです
「笑顔」腹が立つことや悲しいこともたくさんありますが
 そんな時こそ笑顔が変えてくれることも!
「頼まれごと」自分が今試されているのだと思って、
まずはYESの方向で検討を
 皆さんがこれからますます幸せに誠実な人生を歩んでいけますように!
柔道部外部指導者 平井 久雄
インターハイ 奈良大会で  どの部活動でも、振り返ってみると、部員一人一人立場が違ったのではないかと思います。入部した時点で実力があって勝つことを期待されている人は、経験者としての大きなプレッシャーに打ち勝たないといけません。また一方で、高校に入学してから始めた人は、初心者としての苦労に打ち勝たないといけません。特に少人数の部活では、休んで迷惑をかけないように無理をすることもあったでしょう。
 皆さんはこの三年間、それぞれの立場で我慢と努力の日々を積み重ねたはずです。自分のできることを精一杯がんばったという経験と自信をもとに、皆さんがそれぞれ明るい未来を切り開いていかれることを期待します。

育友会活動を振り返って
 本年度は学校創立101年目。気持ちも新たに様々な育友会活動が展開されました。この1年間を振り返ると、以下の主な活動がありました。
5月【育友会総会・大人(おせ)の一言】 多くの会員の出席により総会が盛大に開かれました。
8月【進路講演会】 ご自身の体験談を交えながら進路選択する上で大切なこと、親としての関わり方など長江由美子先生に話していただきました。
10月【強歩大会】 当日はあいにくの雨でしたが、食材の提供から当日調理まで保護者・先生の協力で、あったかい豚汁を生徒に提供しました。
【人権教育講演会】 坂田かおり氏を講師に迎え、部落差別を主なテーマとした話を聞きました。
11月【広島大学見学会】 授業見学・模擬授業を受けた後、学食で本校卒業生と昼食を共にしながら懇談会を行い、大学生活の話を聞きました。
2月【健全育成講演会】 平岩紀代子氏を講師に迎え、少年非行について話を聞きました。
【評議員会・会員研修会】 進路部の先生に大学受験についてわかりやすく説明していただきました。
強歩大会での豚汁提供  この中で一番印象深かったのは、会員一丸となって支援した強歩大会です。子どもたちが多くの人に支えられていることを実感できる場であり、慌ただしい中にも楽しさいっぱいで、手際よく作業しながら会員の和が広がりました。心こもった温かな豚汁を喜び「ありがとうございます」「ごちそうさまでした」と素直な気持ちを伝える生徒に「はい、ありがとう」「がんばって」と答える保護者との短いやりとりですが、心が通い合う瞬間であり、他では味わえない充実感がありました。雨天での豚汁提供となりましたが、参加してくださった保護者の皆さんの心は晴天であったと思います。
 育友会役員となって3 年、本年度で役員を終えますが、この間多くの方々と話す機会にも恵まれ、私の小さな世界が大きく広がったように思います。皆さんとの出会いを大切にし、今後も何かの形で皆さんのお役に立てるよう努めていきたいと思います。会員の皆さんのご理解とご協力、本当にありがとうございました。
(副会長 門脇 晴美)

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/03/18(木) 16:27:25 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1216-00b2f0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック