2020/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
2010年度 進路のしおり  「2010年度 進路のしおり」が配布されましたが、ご覧になられましたでしょうか。
 今年度はページ数を増やして、昨年度の3年団の各クラス担任の先生に寄稿していただくとともに、生徒・保護者の奮戦記も増えております。
 大学受験のカウントダウンが始まっている3年生はもちろん、コース選択や進路に迷っている1・2年の生徒及び保護者の方に是非読んでいただきたいと思います。
 まだご覧なられていない家庭は、お子様に確認してみてください。今年は右の色の冊子です。(毎年色が変わります)

 以下に、目次と進路部主任の芝野先生の「進路部より」をご紹介いたします。
●目   次●
巻 頭 言 考え方や姿勢を先輩から学ぼう
学校長 名越和範
進路部より 感謝のないところに道はない
進路指導部主任 芝野浩貴
特別寄稿  社会学への道-その第一歩のころ-
倉吉東高第17回卒業 盛山和夫
平成19年度入学生との3年間を振り返って
旧第3学年主任 米村親直
文科教養類型
  3年2組  困ったときに読んでください       旧担任 甲斐 清
        ≪私の奮戦記・親子の奮戦記≫
  3年4組  挑戦そしてこれからの道         旧担任 定常弘顕
        ≪私の奮戦記・親子の奮戦記≫
  3年6組  逃げるのか、闘うのか          旧担任 牧野圭介
        ≪私の奮戦記≫
理科教養類型
  3年1組  倉吉東高校の力             旧担任 米村親直
        ≪私の奮戦記・親子の奮戦記≫
  3年5粗  大きな壁を乗り越えて          旧担任 置名浩樹
        ≪私の奮戦記・親子の奮戦記≫
学術類型
  3年3組  3年間を振り返って           旧担任 木村彰志
        ≪私の奮戦記・親子の奮戦記≫
『理系への数学』より  『担任力』         PrePass代表 米谷達也
専攻科     ≪私の奮戦記≫
2010年度大学入試を振り返る
2011年度入試年間スケジュール等
過去5年間各大学別本校生合格者数
大学入試難易ランキング表
募集要項請求
平成22年度進路指導年間計画

進路部より
  感謝のないところに道はない
進路指導部主任 芝野浩貴
 今春入試の国公立大学現役合格者は175名(実数は161名)で過去最高の数となりました。東高校の受験の特徴は、5・6教科7科目を最後まで勉強し、後期まであきらめずに、最後まで受験するということです。結果として、前期:後期の合格比で他の高校に比べて後期の比率が高くなるわけですが、今春の場合は、前期試験で115名(この数字も過去最高)の合格をしており、その合格比は前期の方にシフトしました。このことについて、東高校は国公立の受かるところに行かせていると思われる方もいるでしょう。しかし、次の事実もあります。難関大(東大・京大・一橋大・阪大・北大・東北大・名古屋大・九州大)の合格者が24名で、これも過去最高で、合格率が75%となっています。学年全体の国公立大の合格率も75%ですから、成績上位者の集団力が全体の集団力をひきあげたということになります。さらに、専攻科も含めた現浪国公立大合格者と難関大合格者も過去最高であることより、最近は顕著に現浪が切瑳琢磨していることも窺えます。
 田舎でなぜこんな現象が起きたのか?と問われても、「田舎だから集団力で挑戦するしかない」としかお答えできないでしょう。
 昨年度は、数学者の志賀浩二氏、受験界のカリスマの米谷達也氏、キャリアコンサルタントの長江由美子氏、思想家の内田樹氏等、多くの超一流の方に講演をしていただいたわけですが、すべての講師の方が「倉東の生徒さんは、素直で、よく他人の話を聞いてくれますね」と言われていました。私も個人的に、生徒に講演の感想を尋ねたら、ある生徒が「至る所に学びのチャンスをくれる倉東の文化度に感謝したい」というコメントが返ってきて、身震いした覚えがあります。しおりの編集にあたり、個人の思いを超えて団体戦で挑戦しながら、なお他者に感謝し続ける生徒たちを育てられた先生方や保護者の思いを載せるべく、今年は特別企画としてページ数を増やしました。部活動や学園祭を楽しんでる様子も伝わってきます。OBの特別寄稿は、昨年度の1年生が首都圏研修でお世話になり、現在東大の教授をされている盛山和夫氏にお願いしました。(社会学関係の著作が多く、そのうちの一冊の“リベラリズムとは何か”という本の一節は昨年度の進研模試に出題された)
 今年度のOB講演会では、前関東学院大学学長の松井和則氏からお話しを伺ったわけですが、倉吉で生まれて全国で活躍されている先輩に習うべきことも多くあります。
 在校生の生徒・保護者の皆様。社会人OB、卒業生、卒業生の保護者、担任団の魂のこもった生の言葉を受けとって、是非、「田舎力」のすばらしさを感じ取り、生涯学び続ける力の土台をつくってください。
 ご多忙のなか、田舎まで足を運んでくださった講師の方々、後輩のために原稿を送ってくださったすべての人に感謝申し上げます。

*しおりを読み解くキーワード:「講師力」、「保護者力」、「学年主任力」、「担任力」
        「部活力」、「チーム教科」、「あいさつ力」、「読書力」
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
コメント
この記事へのコメント
全部読んでみたい
今春の卒業生の保護者です。
最後の子どもだったために、東高との関わりは少なくなりました。
この進路のしおりには興味があります。
少しずつでも紹介いただければ嬉しいです。
2010/07/19(月) 08:57:41 | URL | 仕事人 #dMtXu4sA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1283-c47fe809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック