2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
8月28日(土)北栄町農村環境改善センターにおいて、近畿大学入試センターの屋木清孝先生を招き、「大学入試の現状と受験生を持つ保護者の心構え」と題して、進路講演会が開催されました。

会場いっぱいの320名の保護者の参加を得ました。
先生の講演は、テンポのいい語り口に時折、ジョークを織り交ぜながらあっという間の60分でした。
先生の講演の概要は以下のとおりです。
進路講演会 
保護者の心構え 3つのポイント
1 進路の現状、大学入試の現状を理解する
2 良き家庭環境をつくる
3 夢を持たせるコミュニケーションを子どもと図る


<大学入試の現状>
・難関大志向・二極化
・入試科目の多様化
・「入れる大学」から「入りたい大学」「入る価値のある大学」へ

<良き家庭環境づくり>
・将来の夢・目標を話し合うことの大切さ
・話し合える雰囲気を

<夢を持たせるコミュニケーションを>
○やる気の出るコミュニケーション=肯定・賞賛・期待をこめて話す
 「よく頑張っている」「きっと大丈夫」
×やる気をなくすコミュニケーション=否定・比較・叱責
 「オマエには無理」「お兄ちゃんは頑張ったのに・・・」
 「そんなやりかたじゃ、お父さんが怒る」
 「勉強がいやなら止めてしまえ」

◇伸びる生徒の共通点  考え方は、
将来の夢(職業・やりたいこと)⇒近い将来(大学)⇒現在 

進路講演会屋木先生
***********
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1311-e6e31144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック