2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
育友会は、倉吉東高の教育方針である「倉吉東高のかたち」を推進するために保護者と教職員が一体となって、生徒を学習面、生活面から支援する活動を行っています。学校運営方針の詳細はこちら

育友会の活動内容を紹介します
 活動には保護者である貴方一人ひとりの力がなにより必要です。

育友会では、これまで、平成19年度優良PTA文部科学大臣表彰、第8回インターネット活用教育実践コンクール文部科学大臣賞など多くの賞を受賞してまいりました。詳しくはこちらを御覧ください

◆主な年間行事(開催月は目安)
○5月 総会
○8月 進路講演会(H20灘高木村先生H21岡山大学長江先生H22近畿大学屋木先生(元駿台予備校講師))
○10月 強歩大会 支援 (休憩場所での炊き出し)
    公開同和教育LHR
○11月 大学見学会 (H17は広島大学、H18岡山大学、H19島根大学、H20大阪大学、H21広島大学
    人権教育講演会
○2月 評議員・会員研修会

 
◆育友会は運営委員会、3つの専門委員会及びホームページ運営委員会が中心となり、次のような活動をしています。

1 運営委員会
 役員が適宜集まり、育友会の活動に必要な事項について協議しています。

2 広報委員会
 「倉東だより」を年3回発行しています。昨年度は、全面カラー化を行い、今年度、いよいよ創刊100号となります。

3 人権教育推進委員会
 公開の同和教育LHR(ロングホームルーム)、人権教育講演会などを実施し、会員の人権教育への理解を深めています。

4 健全育成委員会
 朝夕の街頭指導、あいさつ運動、そして昨年度の新企画「先生方の目に映る最近の東高生はどう?」先生へのアンケートを実施しました。これらの活動を通じて、生徒の規律ある生活を推進しています。

5 ホームページ運営委員会
 育友会はインターネットでも情報発信しています。今年度、組織したもので、皆さんからの意見をタイムリーにいただきながら、充実した内容を目指しています。
 ITを活用し、生徒、保護者、地域、学校に必要な情報発信を行うことで、もって倉吉東高のブランド力(「倉東力」)アップを図れるようにします。 

以上のように各委員会ともさまざまな活動を行っています。

これまで、PTA活動に距離をおいていた方も、自分自身が楽しむために、活動に参加してみませんか。皆さんの参加を心からお待ちしています。

**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka
   
◆育友会のこれまでの受賞歴等をご紹介します。
●平成19年度優良PTA文部科学大臣表彰を受賞しました。(H19.8.24)
PTAの健全な育成と発展に資することを目的として、毎年、PTA活動に優秀な成績を挙げている優良PTAを表彰しているものです。

●第8回インターネット活用教育実践コンクール(主催:文部科学省他)で文部科学大臣賞を受賞したのを皮切りに3年連続入賞しました。
このコンクールは、地域社会や学校などの教育におけるさまざまな活動の中でインターネットを有効に活用している優れた実践事例を表彰するものです。
○第10回インターネット活用教育実践コンクール特賞受賞 (H22.3.19)
 テーマ:「通学路安心安全見える化大作戦」の取り組み
○第9回インターネット活用教育実践コンクール 総務大臣賞受賞(H21.3.13)
 テーマ:「高校生による今日的課題へのプレゼンテーションコンテスト(『国際高校生フォーラムin倉吉』)-日韓英の高校連携と知への挑戦-」(鳥取県立倉吉東高等学校高校生フォーラム実行委員会)
  同サイトの構築を育友会で実施
○第8回インターネット活用教育実践コンクール 文部科学大臣賞受賞 (H20.3.19)
 テーマ:「PTAによるブログを活用した学校活動の情報発信 -開かれた学校を保護者の手で-」(倉吉東高等学校育友会(PTA))

●マイタウンマップコンクール(主催:同実行委員会、後援:文部科学省他)で2年連続、実行委員会奨励賞を受賞しました。
このコンクールは、地域を見つめ、考え、その活動の中で出会った感動や喜びを、ICT(情報通信技術)を活用し、広く発信・発表した優れた作品等を表彰するものです。
第16回実行委員会奨励賞 受賞
 テーマ:通学路安心安全見える化大作戦
第15回実行委員会奨励賞 受賞
 テーマ:PTAの手による学校活動の情報発信(新型インフルエンザに備える!!)

●育友会のブログがu-Japanベストプラクティス2008(主催:総務省)に選出されました。
これは、様々な人や物を結びつけ、生活やビジネスの様々な場面における課題を解決するICTサービス・システム事例を蓄積し、ユビキタスネット社会における活用モデルを選定するもの 総務省紹介記事 選定紹介記事
 テーマ:「Web2.0を活用した保護者の手による学校活動の情報発信」

鳥取県教育振興会助成事業にも応募し、助成金を得て活動をしています。
○平成22年度 研究題目:映像技術を生かした学校教育内容の発信 ==高校版オープンコースウェアの実践的取組==
○平成21年度 研究題目:通学路の安心安全「見える化」大作戦
○平成20年度 研究題目:PTAによる学校PR映像創作実践活動
○平成19年度 研究題目:インターネット新時代におけるPTA活動のあり方に関する調査研究
 なお、平成20年度には、食育を考える研究会 (代表 金光美恵会長)のメンバーに育友会会員有志が参加して、中部地区高校PTA連携による食育実践活動に取り組みました。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/03(土) 18:12:23 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1332-84c70845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック