2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
日経新聞のサイトにあった記事の紹介です。河合塾提供です。
http://ps.nikkei.co.jp/kawaijuku/index.html

・万一の場合に備えて本命大学以外にもいくつかの大学の願書を取り寄せておくと良い。
 (先月の個人面談でも先生から言われていることですが)
・願書の記入・作成には案外時間がかかります。直前になって慌てないよう、時間的に余裕のあるうちに、ある程度準備しておくようにしたいもの。

◆出願の際のチェックポイント
出願に際して、今一度お子さんの受験スケジュールを確認しておきましょう。その際、ポイントとなるのが次の5点。
(ごく当たり前のことですが確認の意味で。)

* (1)試験日が連続しすぎていないか。
* (2)移動スケジュールに無理はないか。
* (3)第一志望校が入試日程の最初にきていないか。
* (4)合格発表と入学手続きの締切日を考慮しているか。
* (5)(国公立大学の場合)前・後期日程の出願校の組み合わせは妥当か。


2011年度入試の志望動向はつぎのとおり。
国公立大学では、「地元志向」と「学費負担が少ない」こともあって、地方国公立大の人気が安定しているほか、就職に有利と考えられている難関大学が人気です。
系統別では、教員養成系や医療系などの「資格系統」と、「理系」の人気が鮮明です。

なお、国公立大学の志望動向はセンター試験の平均点次第で例年大きく変わる傾向にあるので、センター試験後の動きについても十分注意が必要とのことです。
河合塾が提供する大学入試情報サイトKei-Net
www.keinet.ne.jp/doc/dnj/11/
***********
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校) コメントの記入方法
reported by terasaka

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1370-7197ab4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック