2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
今年度の総会で行いました「大人(おせ)の一言」の発表内容を、数回にわけて紹介します。
掲載が大変遅くなりましたことをお詫びいたします。             (M Abe)

[演題:心を磨く] イエローハット創業者である 鍵山秀三郎さんは、トイレ掃除を徹底して行うことで次のようなことが学べると話しておられます。
   1.謙虚な気持ちになれる
   2.気づく人になれる  
   3.感動の心が生まれる
   4.感謝の心が芽生える
   5.心を磨く
 どんなに才能があっても、傲慢な人は人を幸せにすることはできない。人間の第一条件は、まず謙虚であること。そして、心をとりだして磨くわけにはいかないので、目の前に見えるところを磨く。特に、人のいやがるトイレをきれいにすると、心も美しくなる。人は、いつも見ているものに心も似てくる。
 受験を控えて、人との競争の中で過ごしている皆さんは、より多くの太陽の光を浴びようと争いながら、ぐんぐん成長している青い稲と同じ。そうして伸びていく時代です。でも、謙虚な気持ちや自分の心を磨くことの大切さも知っておいてほしい。そして、成長していく中で、人間として自分を磨いていってほしいという思いを、「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」という一句とともに伝えました。

[演題:人生について、酒について]
Ⅰ 人生について
 平成5年(1992)4月~平成105年(2093)3月の100年カレンダーを資料にして話しました。
 生きているという現実の話しをしましょう。 100年間
 1.カレンダーに印を付ける
  ①生まれた日 ②最初の丸印?→卒所式 ③小学校入学式と小学校卒業式 
  ④中学校入学式と中学校卒業式 ⑤倉吉東高の入学式と・卒業式 
  ⑥新しい生活の始まる時 続いて、進学、就職、結婚、・・・
 2.100年の人生
   Q.この世に生まれた人全てに、平等に与えられているモノ、事とはなんでしょう?→「死ぬ」ということ。自分の100才の誕生日に○を付ける。概ねこの間に君たちの人生が入っている。命日も入っている人が殆ど。今日は、この中をどの様に生きるか、という話しです。
 3.生きる目的・人生の目的
   「幸せ」に生きる、ということが目的。「幸せ」とは、どういう状態を想像するか?答えは各自の中にある。「幸せ」になるために、この限られた人生をどの様に生きていくか、これが今のテーマです。
 4.運命について
   Q.運命は変えることが出来るか? 変えられると思う人は? 変えられないと思う人は?
   運命には2つある   1)不可変(天命) 性別、両親、地域、時代
    2)可変 (宿命) 選択肢・・東高を選んだ ←← 意志の結果 つまり、意志によって人生が変わるということが分かる。ならば、幸せになるためには「幸せ になる意志」を持たねばならない、ということになる。
 5.運命を変える3つの要素
   1)運命は可変であると信じる   2)意志を持つ   3)心をプラスに向ける(ポジティヴ)
    プラスに向けることも、マイナスに向けることも出来る。それは自分が決めること。つまり、今の「心」をプラスにすることによって、将来だけでなく過去さえも変わります。「心」が大事です。

Ⅱ.お酒について
 1.なぜ、未成年者は飲酒してはいけないのか
  Q.なぜ、未成年者は飲酒をしてはいけないのでしょうか? → 法律で決まっているからです。
   未成年者飲酒禁止法 『第一条 満二十年ニ至ラサル者ハ酒類ヲ飲用スルコトヲ得ス 中略 本法ハ大正十一年四月一日ヨリ之ヲ施行ス』だから!未成年者はお酒を飲んではいけないのです。
 2.お酒とは何か
 アルコールを含んだ飲み物。お酒はその国の文化を表している。主たる農産物等を原料とし、気候的条件が加わっている。簡単に言えばその土地、風土に合ったモノから造られている。例えば、ヨーロッパでは麦からビール、ウイスキー。アメリカではトウモロコシからバーボン。
 3.日本酒とは何ぞや?
  Q.日本酒は何から造られているか? → 米(と米麹)なら100点。『日本酒とは米から出来た酒である』(米麹も米から作る) 120点の答えもある。「米、米麹、アルコール、糖類、酸味料・・・」米、米麹以外も酒税法ではOK。
 つまり、「日本酒には本物と偽物とある」。市場で売られている「日本酒」の比率は本物(米、米麹だけの日本酒)20%、偽物《その他の原料(混ぜ物)も使った酒》80%「偽物」は悪いという意味ではなく、本来は日本酒に分類されるべきではなく、別の酒類(例えばリキュールなど)に分類されるべきである、ということです。
 4.正しい日本酒の選び方
 米と米麹だけで造った日本酒を選びなさい。理由は、「それ以外は偽物だから」ではありません。もっと簡単で現実的な話。飲んだ翌日の朝が爽快だからです。二日酔いしにくい、しても楽。頭がガンガンしたりしない。 と、いうことは、体に優しい、ということも容易に想像がつく。
 5.正しい日本酒の飲み方
 1)温かいお酒   お爛が体に優しい → 体に入ったお酒は、体温に温まってから吸収される。
  冷やしたお酒は、温まるまで時間が掛かるので、酔いが回り始めた時には既に飲み過ぎていることが多い。だから冷たいお酒を飲むときは控えめに飲む。温かいお酒は料理が美味しくなる。
 2)限度を知ろう
  一度や二度は飲みすぎてみることも悪くない。そこで、自分の限度を知ることが大事。
 3)お酒のせいにしない。
  お酒を飲んで”人が変わる”というが、原因はお酒ではなく、その人の心にある。お酒は、心を解放する。結果として押さえつけているモノが出てくる。無い物は出てこない。人はお酒を飲むと、「本性を現す」と思って下さい。その人を見極めるチャンスです。
 余談>酔い潰れて、他人のお世話になることもたまには良い。これを「お互い様」という。

Ⅲ.まとめ
 100年カレンダーの、自分の20才の誕生日に印を付ける。皆さんはこの日からお酒を飲んでもよくなります。その日になった時、このカレンダーを梅津酒造に持って来れば、二十歳のお祝いにお好きな酒を1本差し上げます。

IV.鳥取県中部の日本酒(質疑に答えて) 8つの蔵元
 倉吉 「八潮(ヤシオ)」「此君(シクン)」「元帥(ゲンスイ)」三朝 「三朝正宗(ミササマサムネ)」
 湯梨浜「山陰東郷(サンイントウゴウ)」琴浦 「鷹勇(タカイサミ)」「伯陽長(ハクョウチョウ)」
 北栄 「冨玲(フレー!フレー!)」私はここの社長で、お酒も私が造っています。日本酒の外、焼酎と梅酒も造っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1556-aeccaa50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック