2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
 さる2月18日(土)に倉吉未来中心セミナールーム3にて開催されました、平成23年度 育友会会員研修会における講演会の概略をお知らせします。


 演 題 『近年の入試動向と今後について』 ~ 自己実現のために ~
 講 師:倉吉東高等学校 進路指導部 指導主事 桑田 亨先生

PART Ⅰ 入試制度と近年における受験概況について
1 入試制度について
 (1)入試スケジュール   
 (2)大学入試センター試験変更点
    地歴公民について、大学によって指定がある。出願時に決定し、当日変更がきかない。
 (3)合否判定
     センター平均点は上昇傾向。二次力が必要になる
2 近年における受験状況
 (1)全国の情勢
     鳥取環境大学は、公立化でブロック大、難関大並に
 (2)倉吉東高の受験概況
     専攻科廃止による下級生への影響懸念。これまで学習の刺激となっていた。
     1年生から3年生にかけて、大幅に順位が向上した生徒例
 
PART Ⅱ 今と未来をどのようにつなげるか~自己実現のために~
3 倉吉東高の進路指導
   全国から、学力向上の理由を知ろうと視察に来られる
 (1)人間形成の土台となる生活指導
 (2)日常的な学習指導
     週明けテストは、1年生にとっては厳しいものだが、2・3年生は当たり前に
 (3)国公立大学型学習指導
     メリット①学費が安い②就職率が良い③施設設備が充実
         ④国からの研究費補助が充実⑤手厚い指導⑥幅広い教養
 (4)高い志望を持たせる指導
     成績が伸びる。「難関大」を第一志望に。ハングリーに
 (5)集団で高めあう団体戦指導
     教室開放。個人力を増強する
 (6)視野と選択肢を広げ能力を引き出す個別指導
 (7)受験を通した人間形成
4 自己実現のために
   学びが受験のためでなく、自分の成長のためのツールである
 (1)自己実現とは
     大学に合格すること、一流企業に就職することではない。社会(環境)に適応しながら
     自分のやりたいことを自分らしくできること。社会に適応するための「社会人基礎力」
     その中で不足しているのは ①主体性 ②コミュニケーション力 ③粘り強さ  
      受験で言えば、センターで終わらず、後期までやり抜く力
 (2)自己実現のステップ
     基本的生活→学校教育→学力→人間力
 (3)メンタル面を強化するために
     三兎以上を追う(勉強、部活、生徒会、リーダー etc)、感度を上げ身の回りに
     あるもの、過ぎるものを見逃さない。
     一番闘うべきものは自分
 (4)学習のしかた やる気になったきっかけの二位は、テストの成績が良かった・上がった
     学習パターン別対応  ①受動的学習・・・目標設定、生活の見直し
    ②反復定着型学習・・・習慣化。スケジュール管理、妥協を無くす
    ③探求型学習・・・基礎の振り返り、添削
      国語の学習、学習時間の確保  生み出し(自制心と効率化) 
(5)大学の選び方
     ①自分を知る(なりたいもの、やりたいこと。興味関心、得意分野、性格・適性)
     ②相手を知る(将来つきたい職業のための学部、大学の教育内容・施設設備、
            環境や経済的条件)
     ③自分と相手との距離を知る(学力、試験科目、難易度、必要な点数と時間)
5 大人の役割
 (1)高校生と保護者の進路に関する意識調査
 (2)役割分担   家庭は生活の場、学校は鍛錬の場、共通するものもある
 (3)知ろうとすること   子どもの悩みや未来の展望、スケジュール把握、大学の情報
 (4)子どもへのアプローチ    社会を意識させる早いアプローチを
 (5)未来へ遺す
 (6)お願いしたいこと ①東高を信じて
               ②生徒の先回りを。成長のしかけの準備、危険は未然に防ぐ
               ③大人が頑張り、生徒とともに成長を願う
   親に言われて(されて)嬉しかったこと→意志の尊重、サポート
              嫌だったこと  →他と比べる、意志や努力を否定、無関心
6 終わりに
   倉吉東高の実践の確認、
   生物で扱う「リービッヒの最少律:植物の生育は必要な元素のうち最少のものによって
   制限される」特に継続してがんばれる力をつける、高める。一時がんばるのではなく。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)
【他の資料内容】
・大学入試年間スケジュール
・主な大学別志望動向 国公立、難関大、鳥大、岡山
・進路に関する意識調査
・進路LHR(昨年度、3年生担任として3月に2年生に行った)の資料

【質疑応答】
Q 順位があがってやる気が出る生徒が一方で、順位が下がる生徒ができる。
  そういう生徒に対しては?
A やっていなくて下がるのは、やるしかない。
  やっていても成果が出ないのは、①タイムラグがある。②皆が上がれば、個人で上がって
  いても順位は下がる事がある。その時は全国偏差値を見てほしい。
Q センター試験の理科、社会の方法について
A・今年度変わったばかりなので、次年度又変わるということはないのでは。
 ・60分で解答を終わらせるために第一解答科目にするよう多くの国公立が設定。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1574-7678ba4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック