2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
 昨日、鳥取県立倉吉体育文化会館大会議室において補習科(仮称)の保護者説明会が開催され、3年生の保護者をはじめとして多くの保護者が出席されました。その概要をお知らせします。

 Ⅰ 経過報告(西田育友会長)
 ・専攻科の廃止とそれに対する活動の経過。
 ・平成17年9月議会で「平成20年度までに県立高校の専攻科廃止」の決定。
 ・平成19年11月、県高校PTA連合会による「県立高校の専攻科存続の陳情」提出。
 ・平成19年12月議会で「県立高校の専攻科存続の陳情」が研究留保。
 ・平成20年6月議会で「県立高校の専攻科存続の陳情」が不採択。(倉吉東、米子東の
  専攻科は平成22年度まで  存続し再度検討。)
 ・平成21年11月、県高校PTA連合会による「倉吉東・米子東専攻科存続の陳情」提出。
 ・平成21年12月議会で「倉吉東・米子東専攻科存続の陳情」不採択。
 ・平成22年5月、中西部高校PTA連絡協議会による「倉吉東・米子東専攻科存続の陳情
  (署名)」提出。
 ・平成22年6月議会で「倉吉東・米子東専攻科存続の陳情(署名)」研究留保。
 ・平成22年9月議会で「倉吉東・米子東専攻科存続の陳情(署名)」不採択。
  この間、鴨水同窓会等で検討会が立ち上げられる。また、倉吉市長、倉吉市議会議
  長、倉吉教育長、前育友会長の要望書などが提出される。
 ・平成24年6月に育友会・鴨水同窓会による「倉吉東高補習科(仮称)設置の陳情」提出。
  育友会評議員会で確認。
 ・平成24年8月、県議会総務教育常任委員会が来校。同窓会長、歴代育友会長らが対応
  し聞き取りを受ける。
 ・平成24年9月、県教育長へ中部高等学校PTA会長連名で6千余名分の署名を提出。
 ・平成24年9月議会で「倉吉東高補習科(仮称)設置の陳情」が趣旨採択。
 ・昭和36年に設立された専攻科は51年の幕を閉じるが、新たな組織である補習科(仮
  称)を立ち上げることがで  きるようになった。今後は、組織作り、育てていくう
  えで、保護者の皆さんの協力、助言をお願いしたい。
 
Ⅱ 概要説明(牧校長)
  今、3年生は毎週模試があり、その度に厳しい判定が連続していると思うが、ここで保
 護者がタオルを投げて(諦めるのも仕方ないと)目標を下げず、最後まで生徒が努力するよう、
 それを支えて欲しい。

 ・補習科(仮称)の組織形態は、NPO法人が運営。対象は主に中部地区の高卒生とする
  が、これに限らない。
  資料にある主体的学習者の育成という目的を、文言だけでなく実際に実現する。
 ・名称は、「倉吉鴨水館」を予定。
 ・理事は、鴨水同窓会長、育友会長、中部地区高P連会長又は副会長、東高校長を含む3
  ~15人以内。監事は、外の立場で1~3人以内
 ・スタッフはNPO法人が雇用し、常勤・非常勤講師及び非常勤事務職員。
 ・定員は、廃止の経緯を踏まえ約50名(理系・文系)
 ・資料のカリキュラムは常任委員会の願意聞き取り調査の時に説明したものである。
  今後、講師の確保が課題。
 ・「趣旨採択」の意味は、「専攻科と同じもの」は認められないということである。
 ・授業料は、専攻科の授業料とルーム費を合わせた金額程度としているが、変動の可能
  性有り。
 ・今後の日程は、この説明会後、NPO設立総会11/13、定款作成、申請。認可は遅くと
  も2月に。
 ・3月中旬(前・中期入試後)募集要項配布、入学試験4月初旬、授業開始4月中旬に向
  けて準備。
 ・補習科(仮称)と倉吉東高との連携イメージ図を説明。
  
Ⅲ 質疑応答
 ・「お願いとして、魅力あるものとしてあり続けるための長期的な展望を今から取り入
  れておいて欲しい。」
   ⇒ 東高の実績は、通説以上に長期間継続している。それは「何をするか」でなく
    「なぜ」、「どうして」を考え続け、実行し続けてきたことによる。保護者にも
    当事者として一緒に支えてほしい。
 ・「スタッフの採用について」
   ⇒ 公募では無く、依頼する予定。
 ・「定数について」
   ⇒ 専攻科の人数のままでは認可が難しい。採算と認可を考慮したライン。
 ・「場所は」
   ⇒ 東高の敷地内。
 ・「入試において家庭の経済状況を考慮してもらえるか」
   ⇒ 経済状況は合否判定には入れない。 
 ・「高卒以外は対象でないのか」
   ⇒ 専攻科でも高校中退者(今でいう高校卒業程度認定試験合格者)はいた。試
    験の状況で判断できる。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1705-047481e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック