2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
 いよいよ前期日程試験が迫りました。
 今回は、ここ2年間で体験したり教えてもらった細々したお役立ち情報をまとめて掲載します。保護者だけでなく受験生本人にも役立つ事がありますので、紹介してみて下さい。

~ アラカルト ~
・最近はあちこち(新幹線など)に無料のAC電源があります。タブレットや携帯の充電器は手元に携行しておき利用しましょう。

・現金オンリーの支払いも結構あります。都会ではコンビニATMがたくさんありますが、ゆうちょ、各種銀行の情報もネット検索が役だちます。

・天候の確認はこまめにしましょう。現地の人が驚くような天候の可能性もあります。テレビのデータ放送にある気象情報は、現地の予報が24時間見られるので、無料TVがあれば活用を。
帰りも、地域選択で鳥取県を選べば様子がわかります。

~ 移動編 主にJR ~
・ベストコンディションで臨むためできれば指定席確保をお勧めします。往路、始発でない駅から乗る時は断然です。
国立前期はほぼ一斉日程であり、受験生+同伴者の人数分は多いわけで、増便、増結便はありますが、充分かどうかは未確定です。
帰りの一番早い便は指定席が良いかもしれませんが、ピークを過ぎる頃や翌日などは逆に自由席のほうがゆったり出来る場合もあります。
私立や、国公立中後期など、試験日が混み合う時は、往復指定がよいかもしれません。
道中が長い列車も指定があるほうが良いですが、取れなかった場合でも指定席に空があればとりあえず座り、検札に来た車掌さんに相談すると席が確保できることがあります。

・学割は忘れずに。お得な切符は要リサーチ。。

・保護者同伴時に駅までを車で行く場合には、倉吉駅の無料駐車場も利用できます。
JR利用で行かれる場合は窓口にお尋ねを。

~ 現地編 ~
・試験当日は、バスなど公共交通機関も増便され、タクシーも集中します。また、自家用車での来場は止めて下さいと要項に書いてあっても、利用者はいます。渋滞はあるものと考えて備えが必要です。特に学部の多い大学(会場)は要注意。

前日の下見の際に検討しておくと良い項目を列記しました。

①なるべく渋滞に巻き込まれず、自力で到着できる方法を考えておく。交通手段のベストは徒歩。今更ですが、近い宿が望ましい。

②早めに出る。受付前に待機できる控え室が構内に準備してあることがほとんど。

③距離は遠くても、始発駅やバスターミナル等で乗車すると、満員で乗れない心配が少なくなります。

④親戚や友人宅に泊まったりして車を利用する時は、混まないルート(たぶん難しい)、乗降車場所を検討しておく。

⑤会場となる大学は構内が広く、試験会場となる各建物と正面入り口が遠い事があります。その場合は、試験当日も通行できて、建物に近い出入り口がないか探してみて下さい。そういう出入り口に近いバス停や路面電車などの駅も見つかればなお良いです。
一番わかりやすい出入り口、バス停・駅は間違いがないので安心ですがその分混雑し、料金後支払いだと下車に時間がかかります。どちらの方法が良いか、下見で検討しておきましょう。

⑥構内の下見では、会場となる建物付近、本部・正門付近の掲示それぞれを確認しましょう。
また、建物内への立ち入りができなくても、建物案内図が掲示されているので、会場とトイレ(複数箇所!)を見ておきます。学部によって男女比が極端に異なり不便な場合があります。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事
(M abe)
~ 知っておくと 自動改札機 の余計な「ドキドキ」が減ります ~
①新幹線同志の乗り換え(東京駅)と在来線と新幹線乗り換え(例えば姫路駅)で通す切符の数が異なります。鳥取県の山陰線では馴染みのない機械なので、判らなくてゲートが閉まっても仕方がありません。大抵駅員さんが対応してくれます。ちなみに朝の東京駅の東北東海乗り換えでは、機械ではなく人が改札していました。

②希に切符の種類、コースによって、下車前途に必要な切符も取り込んでしまうことがあります。
購入時に説明されるので、注意が必要です。但し、取り込みを避けるために、全て有人改札を利用しようとすると、駅員さんが「自動改札機で改札して」と、拒否することがあります。

~ 端末が無くてもインターネットを見たい時 ~
・スマホやタブレットを持っていない場合でも、宿泊施設で利用客が使えるPCがある事が多いので、携帯に対応していないサイトを閲覧できます。各部屋にネット回線が引いてあるホテルも有ります。

・PCを有料貸出するホテル(800円~1000円)や、無料PCがロビー等に1~数台設置など、使い方はホテルによって違います。プリンター付き、USBキーでon、単にPOWERボタンでonなど色々。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1750-2fbb5bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック