2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
7月12日(金)島根県民会館  出席者 米増、大津、原田、稲毛、竹中、阿部

◎講演「家庭内のコミュニケーションを考える」~聴く力の種~
 講師 島根大学教育学部初等教育開発講座講師 香川 奈緒美さん
 コミュニケーションについて「聴く」ということを解説。
 聴くことの目的は、業務施行や人間形成
 男女間に差はあるが親は子の話を聞いてやることで人間形成が促進される。
 聴くことは聞く、理解、記憶、解釈、評価、応答からなりそれぞれについて解説。
 子の話したいことを引き出すために話し終わって3秒待つことも重要。
 親に話したいけど話せないことが
  心配なことで15%
  悲しいことで7%
  嬉しいことで10%   ある。
 子どもの態度やしぐさ等を読み取って話を引き出し、子どもの立場になって聴く
 など、親として考えさせられる内容でした。

◎高校生による発表
 和太鼓 出雲農林
 ダンス 大社高校
 石見神楽 浜田商業
  それぞれ見応えのある発表で特に石見神楽は全国高文祭に出場する部の発表で素晴らしい内容でした。

◎研究協議
普通科高校におけるキャリア教育  徳島城南高校
 受験対策だけではなく大学進学後の将来を見据えて、進路座談会に就職を控えた大学3年生や社会人を交え、子ども達が大学進学後に直面する社会の現実を知り展望を広げ、進学に向かう子ども達への関わり方を考えている。

地域産業とPTA          松山工業高校
 進学40%就職が60%なので保護者対象の企業見学会や生徒の企業見学への同行を行い、卒業生の仕事ぶりを見て子どもの進路選択について話し合っている。

高校魅力化が結ぶ人との縁     隠岐島前高校
 進学率の低下から島外への進学が増え入学者28名まで激減。高校魅力化プロジェクトを立ち上げ、島留学や公立塾等を行い国公立への進学率がアップし学級増につながった。

R/abe


追記
前日のPTA研修で島根大学を訪れました。
大学を案内してくださった、OGの野崎さん、伊藤さん、ありがとうございました。
ゼミも見学させていただき、「想定外」の驚きが続いた研修となりました。

待ち時間に、偶然通りかかった倉東OBOGが、「先生!」と集まりました。
ひとり、またひとり

OB・OGと島大にて

香川氏講演より
香川氏 講演

高校生による発表より
日本の伝統芸能文化の伝承を高校生が担っています。
浜田商 「石見神楽『大蛇(おろち)』」

研究発表より 
参加者の関心も集めました。
隠岐 島前高発表

(ohtsu)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1835-82b708f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック