2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
倉吉東高等学校 育友会人権教育推進委員会だより
 秋 桜   第2号
2013年10月15日

今年度の育友会人権教育研修会のテーマは、

「デートDVをご存じですか? ~カノジョとカレシのいい関係~」part2
期 日  11月5日(火)
時 間  午後7時30分から午後9時
場 所  倉吉体育文化会館 大研修室
講 師  鳥取県福祉相談センター女性相談課
      田中 康子氏

親子で、夫婦で、友だちどうしで、誘いあって参加して下さい!

「愛し方」・「愛され方」を間違えていない?
生徒の皆さんの参加も大歓迎です。
友だちどうしで誘いあって、ぜひ参加しましょう!
待ってま~す !!

みなさん、『デートDV』って、何のことか知っていますか?
DV(ドメスティック・バイオレンス、家庭内暴力)といえば、一般的に配偶者間のイメージが強いですよね。でも、最近は若年層にも交際相手とのDV(デートDV)が広まっており、10代のこどもたちにも多くの被害・加害が生じている現実があります。
 携帯電話で簡単に有害サイトや過激な描写のマンガ・コミックを見ることができたり、携帯電話の機能で交際相手が今どこにいるのかをチェックすることができたりするなど、今の子どもが非常に危険なものを使用していることを親として危機意識を持っていますか?
 このような状況をふまえて、自分の子どもが加害者にも被害者にもならないように、早い段階で「好きな人との関係をどうしたらいいんだろう」ということを考えてもらうことがこの研修会の目的です。
 親だけが研修するのではなく、被害者・加害者になりうる子どもたちにもぜひ聞いてもらいたい内容です。親子で聞くからこそ、情報を共有でき同じ認識で携帯電話や様々な情報のあふれる社会に正しい目で向きあえると思います。

   2013年度 秋桜 第2号 1面   2013年度 秋桜 第2号 2面
2面は<続きを読む>に掲載
---------------------------------------------
 ↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking  人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事
(M abe)
DVって・・・
『男性 ⇒ 女性』だと思っていませんか?
女性だけが危険なのではありません。
男性が被害者になることもあるのです!

昨年の参加者の感想をご紹介します。

*夫婦、親子で一緒に聞きたい内容でした これから親元を離れていく子どもたち、こういった話を知っていると知らないとでは違うと思います。帰ったら、子どもたちに話しておこうと思います。性的な話は親子では話しにくいものですが、資料を見せながら説明してみようと思います。お互いを思いやり、そしてNO!と言えるパートナと出会って、幸せにになってもらいたいと思います。

*普段、家庭でこのような内容の話をする機会はありません。一度、ゆっくりと話をしてみ たいと思いました。今が大事な時期だと思ってみても、なかなか話しづらい事柄だと思います。男性の目線、女性の目線、相手の見方が存在し、お互いの思いを理解するよう努めてもらいたいと感じました。このような実態があるということを、まずは「知る|ということが必要なのかなと思います。

*加害者にも被害者にもなりたくないし、子どもたちにもなってほしくない。大人でも悩み苦しむ 閉鎖的な問題で、当事者になったとき、人に伝える(相談)することは本当に難しいことだと思う。今日のような講演会や研修で一人でも多くの人が、「DVは犯罪、あなたは悪くないよ」と周りが助けてあげられる社会になれるようにしたい。鳥取県の現実もわかり驚いたが、事実を正しく知り、社会全体で気づいて守ってあげられる鳥取県にしたいです。親としては、相手を思いやれる子どもに育てられるよう、今日のことを少しでもわが子に話したいと思います。

*デートDVという言葉さえ初めて知りました。携帯電話の普及で、常に相手を束縛できる状況が作れてしまうことがデートDVを増やしてしまうのではないかと怖くなりました。デートDVについてしっかり学習することにより、その知識を持っているのとそうでないのとでは付き合い方が大きく変わると思いますので、学校での指導をお願いしたいなと思いました
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1875-4cd4d49f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック