2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
本ブログに掲載した案内等の他に、配布物が幾つかあります。
配布されたのは少し以前ですがご確認下さい。(画像は土曜日授業の説明のみです)

「鳥取県立倉吉東高等学校育友会 人権教育推進部だより 秋桜 2013年度 第2号 10月28日」   
  10月2日(水)の公開LHRに参加された保護者の感想紹介。感想と課題

「学校評価アンケートについて(お願い)」 (平成25年11月1日付け、校長名)
 アンケート用紙 (裏面は「倉吉東高のかたち」)
  提出締め切り日:11月15日(金)
  
「倉吉東高は来年4月から第2・第4土曜日に授業をします」
  来年度の土曜日授業について
    土曜日授業 1面    土曜日授業 2面
---------------------------------------------
 ↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking  人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事
(M abe)
  
倉吉東高は来年4月から
第2・第4土曜日に授業をします
土曜日授業のいいところは?
A.土曜日に授業を行うことで、平日に詰め込んでいた授業を減らすことができます。その結果、平日にゆとりができ、放課後の部活動などに時間を当てることとができます。より一層、学業と部活動の両立を図ることができます。
 また、毎週土曜日に授業があるのではなく第2・第4週の隔週とすることで、自分の時間を確保できるよう配慮しました。第1・第3週土曜日には、部活動の遠征や自分の課題に時間をかけて取り組むことができるので、あなたの夢を学習と部活動の両面で支えることができます。

1時間は65分授業だそうですが・・・
A.本校では、昨年度より生徒の学習意欲をより一層高めることを目的に、アクティブラーニングの理論による授業を積極的に研究・実践しています。
 生徒の学習における主体性を育てるために、伝統的な一斉教え込み授業を越えて、自分の考えと他者の考えとの共通点や相違点を意識しながら思考を深めたり、生徒同士が集めた情報を整理・統合して論理的に表現するような言語活動を一層授業に取り入れていきます。
 そのような学習活動を充実するためには、1時間の授業は65分が適していると考えます。

 <時間割イメージ 奇数週・偶数週 (平成26年度1年生)    略 >

1年間に何回、土曜日に登校するのですか?
A.19日です。
 第2・第4土曜日は合わせて毎月2回ですから、年間24日あります。ただし、7月の第4土曜日と8月の2回、12月の第4土曜日、3月の第4土曜日は長期休業中ですからこの5日を除いた19日が1年間に登校する土曜日です。
 本校は、長期休業いわゆる夏休みと冬休みの日数を、部活動等の時間確保の観点から最大限に近い日数を確保していますので、平日を含めた登校日数は平成26年度が223日です。

何時に始まって、何時に終わりますか?
A.朝の始まりは、8時25分からです。朝読書を10分間行った後、8時35分から1限の授業が始まります。授業時間は65分間で、授業間の休憩時間は10分間です。昼休みは45分間あります。1日は5時限ですから、最後の授業が終わるのは、3時15分となります。
 また、水曜日は午後にある総合的な学習の時間とLHRは50分授業なので、2時45分には放課となります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1880-89d1b049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック