2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
入試に向けての体験情報 ③下見編 です。当日の事柄にも多少関わります。


<現地での移動のプランを考える>・前回の ②現地編 でも書きましたが、受験当日は混雑します。巻き込まれたくありませんが、渋滞はあるものと考えて備えが必要です。特に試験学部の多い大学(会場)は、よほど試験開始時刻が分散していない限り要注意です。
・宿の位置と現地の交通手段によって、A案:便利な方法 と、B案:なるべく渋滞に巻き込まれず自力で到着できる方法 とを考えておきましょう。繰り返しますが、ベストな交通手段は徒歩だと思います。(途中までは乗り物でも、ある地点からは徒歩とか)

・始発のバス停では確実に乗車できるので、バスターミナルなどが近そうな場合は一応確認。来たバスが満員で乗れない心配がなくなります。
・親戚や友人宅に泊まり車を利用する時は、混まないルート(たぶん難しい)、乗降車場所を検討する。出入り口に面する道路は一本ですから、確実に混み合います。それに乗り入れない所で降車して歩くことをお勧めします。

<交通機関あれこれ> 受験にはなるべく自力といっても、バス・電車・路面電車・地下鉄などの現地交通機関を利用することと思います。バスの乗り方は地域によって様々です(一律料金、整理券方式、前払い・後払い etc)。下見でどんな方法か経験しておくと安心です。
 電車・地下鉄では、駅構内での移動や乗り換えにかかる時間を見込みましょう。試験日が平日ですので、通勤通学の混雑も考慮しておくと良いと思います。
 公共交通機関は大学受験に対応して増便、臨時便を出すことがあります。バスターミナルや停留所などで運行時刻表や掲示を確認しましょう。

<会場の下見>・大学は構内が広く、試験会場となる各建物と正面入り口がかなり遠い事があります。その場合は、試験当日も通行できて、建物に近い構内への出入り口がないか探してみて下さい。(万一、当日閉鎖されていたら正面出入り口を通行)
・受験建物に近い出入り口があった場合は、近くにバス停や路面電車などの駅がないかダメ元で探してみましょう。もし見つかればなお良いです。一番わかりやすい出入り口(正門)、バス停・駅は間違いがないので安心ですがその分混雑し、料金後支払いバスだと下車に結構時間がかかります。どちらの出入り口が良いか、下見で検討しておきましょう。

・構内の下見では、会場となる建物付近と、本部・正門の掲示それぞれを確認しましょう。また、建物内への立ち入りができなくても、建物案内図が掲示されているので、試験室(部屋の階など)を確認。

・トイレは複数箇所見つけておくと、学部によっては極端に利用できる男女の数が違う場合があるので、休憩時間に安心です。

・同行した保護者の控え室や、試験会場入室までの受験生待合室が準備されていることがあります。生協の建物等が使われます。
---------------------------------------------
 ↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking  人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事
(M abe)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/1906-3d6a5b47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック