2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
去る2月20日に、倉吉体育文化会館で
育友会会員研修会が行われました。

演題:「大学入試の現状と今後」
講師:ベネッセコーポレーション 櫻井優一氏
IMG_8535 (225x300)


『親子で考える進路実現』
今後の入試情報や、近年の傾向・対策などについて説明をいただきました。
最近の大学入試方法に関する考えとして「安・近・短」志向が高まっているようです。

「安」:受かりやすい大学でいい
「近」:ブランドよりも家の近くがいい
「短」:早く決まれば(どこでも)いい


そうした現状を踏まえ
「大学はあくまでも『通過点』ですが、捉え方を間違えた安易な進路選択は、時間とお金のロスに繋がります」と櫻井氏。
独自データによると、やむを得ずに進学した“志望度が低い”学生の5割以上が、他の大学への入り直しを強く意識しているという事です。

また、大学入試の鉄則は
“大学入試は高校の授業で学んだことが全て”
入試問題は、
「1・2年生の授業・教科書からの出題が全体の8割」だそうです。


ということは
学校の授業中心の生活がいかに大切かという事を、保護者としても理解しておく必要があると思いました。

まだまだ、書ききれないほどの内容でしたが、小生が個人的に感じたポイントを報告します。
さぁ、親子で大学入試を乗り越えていきましょう!


当日は150人以上の保護者の参加で受験に対する関心の高さを感じました。
IMG_8529 (500x373)

(aisatsu-ojisan)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/2092-2536b92d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック