2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
先日開催されたケータイ・スマホに関する研修会、約40名の参加のもと、とても有意義な会になりました。(研修会の様子はこちらから⇒活動報告①

フリートークの時間には、わが子の使い方で気になっていることを話したり、よそのご家庭の様子を聴くことができ、時間が足りない位 話しが弾みました。

皆さん携帯会社のフィルタリングサービスをご利用かと思いますが、WiFi環境だと制限したいサイトの閲覧やアプリのインストールができてしまうことをご存じでしょうか?
Wifi接続時も子どもの年齢に合った機能制限をするためには、各端末で個々に設定する必要があります。

◆ペアレンタルコントロールの具体的な方法はこちら↓の動画を見てください。
 年齢にあわせて携帯端末の使い方を設定しよう!(Apple iOS編)

複数のSNSアカウントを持っている方、すべてのアカウントを管理できていますか?
今は使っていないから と放置していると、知らない間にネットトラブルに巻き込まれているかも・・・
後で気付いても、放置している間にパスワードを忘れてしまい、削除したくてもできなくなってしまうこともあるそうです。
ご家庭で一度、見直してみてはいかがでしょう。

講師の竺原さんんから、情報発信するときは
『自宅の玄関に貼れる情報(誰に見られても良い情報)かどうか』
を考えてみてください というお話がありました。

自分が編集した投稿ではなくても、『シェア』や『リツイート』するということは、自らが発信者になるということになります。
本当に信頼できる記事かどうか、確認してから発信していますか?

振り返るべきことがたくさんありますね。

何よりも大切なのは、対面のコミュニケーション。
面と向かって話せば伝わることも、活字だと真意が伝わらないこともあります。
信頼関係ができていないと、子ども達がトラブルに巻き込まれて悩んでいても、気付かないかもしれません。
心配事をひとりで抱え込まないためにも、まずは顔を合わせて会話することが大切だと、改めて感じました。

その他、参加者のみなさんから、
 ・ 続けて参加しているが毎回新しい情報がある
 ・ 子どもたちにも聴かせたい、子どもと情報を共有したい
 ・ 同じ悩みがある方がおられることが分かった
 ・ 子どもをしっかり見守ることが大切
 ・ 自分や家族はどうだろう?と振り返ることができた、参加してよかった
 ・ 持たせる親の責任を感じた
 ・ 便利だけど危険もあること、理由をきちんと子どもに話し、自己コントロール力をつけなければ
 ・ 定期的に啓発してほしい
などの感想をいただきました。

研修の最後に講師の竺原さんから頂いたチラシを掲載します。
ご一読いただき、子ども達や自分の利用の仕方はどうだろう?と振り返るきっかけにしてください。

◇高校生の保護者が知っておくべき今どきのネット事情4つのこと
高校生の保護者が知っておくべきこと 1 高校生の保護者が知っておくべきこと 2
◇中学生の保護者が知っておくべき今どきのネット事情4つのこと
中学生の保護者が知っておくべきこと 1 中学生の保護者が知っておくべきこと 2

◆鳥取県警サイバー犯罪対策課
 http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=35002
 *各種相談窓口
  ⇒サイバー犯罪に関する相談窓口
  ⇒鳥取県警フィッシング110番
  ⇒サイバー犯罪に被害にあってしまったら

◆IPA(情報処理推進機構)
 情報セキュリティ普及啓発映像コンテンツ

倉吉東高育友会
 ホームページ運営委員長 上山 千晶
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/2264-a5899fa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック