2020/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
 平成29年8月29日(火)19:00から、「倉吉東高OB・OGを囲んで!『大学生活を聞く会』」を開催しました。
44名もの会員の皆様に参加いただきにぎやかな会になりました。
現役大学生7名も夏休み中にもかかわらず、私たち保護者の先生として来ていただきました。

 近年、大学のオープンキャンパスも充実し、昨年までの大学見学会を見直す時期に来ており、「大学生活を聞く会」と「大学見学会」を交互に開催することになり、今回初めて「聞く会」の開催となりました。

 開会30分前から開場して、飲み物・軽食を準備してのフリートークタイム開始。
それが…某ホテル並みのオードブルやデザート、ケーキが用意してありびっくり(予算内で工夫しました)。
大学生さんも一緒につまみながら、開会前にも関わらずすでに会場はにぎやかに話に花が咲いていました。
話しやすい雰囲気づくりのねらい通りのスタートでした。
⇓料理はこんな感じです♪
軽食 3 軽食 4
軽食 1 軽食 2
ウェルカム

 開会し、育友会谷本会長と校長先生のあいさつに続き、「進学とやりくり」と題し、元育友会会長 加藤一さんの進学に関わる保護者経験談をうかがいました。
進学にかかる費用を、受験にかかるお金・入学や住まい等にかかるお金・学費・生活費などに分けて、リアルな数字を挙げて下さいました。
初めて聞かれた参加者は「エエ~ッ!」「(無言の深いため息…)」など素直な反応、すでに経験済の方は「うんうん」とうなずいておられました。
大学生のみなさんも親の財布の状況を知り驚いておられる方もありました。
最後に、加藤さんご自身の子どもとの関わりを包み隠さずふり返られ、「真に大学進学の意義を考える必要があること」「親の考えを押し付けるのでなく、傾聴・受容・共感し、子どもが自ら道を選ぶこと」の大切さを話されました。
参加者は、じっと食い入るように話を聞かれ心に響く経験談となりました。
経験談

 さて、メインの学生さんとの懇話は大変にぎやかで有意義なものでした。
学生さんは、名古屋大2名(工、理)、東京農工大(工)、鳥取環境大(経営)、島根大(教育)、高知大(人文)、愛媛大(法文)の7名。
7つのテーブルに分かれて15分間保護者の質問に答える形で、これを3回繰り返し、話を聞きたい学生さんのところに自由に移動して行いました。
「何を勉強しているの?」「選んだ大学・学部と学びたいことに違いはなかった?」「アルバイトは?」「ボランティアはしている?」「仕送りは?」「卒業後の進路は?」と学生さんへの質問は途切れることがなく、学生さんも丁寧にありのままを一生懸命に答えてくれました。
あっという間に時間が経ち、時間になっても話が終わらず名残惜しそうに移動される方も多くありました。
大学生との懇話

 終了時間になり一応会は閉じましたが、多くの参加者と学生さん全員ががテーブルに残られ、さらにそこから30分!残った軽食やデザートをつまみながら、さらに突っ込んだ話に花が咲き、最後は強制的に(笑)帰っていただきました。
 参加者からは、もっと多くの保護者の方、特に1.2年生の保護者の方に参加いただきたいこと、さらには現役の東高生徒に聞かせたいという声が多く聞かれました。

今回、育友会として初めての取り組みでしたが想像以上の成果があり、役員一同、来年以降もさらに充実した会になるように検討を重ねていきたいと思います。
 参加していただいた皆さま、大学生のみなさん、ありがとうございました。

倉吉東高育友会
  副会長 井上 英之
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/2305-f1903f74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック