2020/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
今年度の人権教育講演会は、「東京演劇集団 風」による「ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち~」を観劇しました。

10月4日(水)19:00~21:00、未来中心小ホールでおこないましたが、保護者、生徒、教職員合わせて188人の参加があり、会場はほぼ満席の状態でした。
多数のご参加、ありがとうございました。

特に、生徒の皆さんの参加が予想以上に多く、本当にうれしかったです。

プロの役者さんの迫真の演技はとてもすばらしく、胸に迫るものがありました。
この演劇を通して、ヘレンの幸せは何なのかを体当たりで探し求めるサリバン先生の姿に、「障がい者=できない人」と勝手に決めつけるのではなく、相手を理解し一緒になってできることを探していくことの大切さを感じた方も多かったのではないかと思います。

観劇後に提出していただいたアンケートにも、「とてもよかった」「来年も観劇が良い」など肯定的な回答をたくさんいただきました。
予算の都合上、毎年観劇をすることはできませんが、またこのような機会が持てると良いなと思います。
お寄せいただいた感想は、近日発行の人権教育推進委員会だより「秋桜」2号に掲載しますので、そちらもご覧ください。

来年度の人権教育講演会にもたくさんのご参加をお待ちしております。

また、11月8日(水)午後2時~3時40分、公開人権教育LHRがおこなわれます。
人権について真剣に考える生徒の姿をぜひ見に来てください。
3時50分からは懇談会もおこなわれます。
学校側が無理に意見を求めることはしないそうですので、こちらの方も参加していただけると大変ありがたいです。
たくさんの方の参観をよろしくお願いします。

 倉吉東高育友会
  人権教育推進委員長   立木文子
20141004 ヘレンケラー 1 20141004 ヘレンケラー 2

20141004 ヘレンケラー 4

20141004 ヘレンケラー 3

その他の写真は、フォトアルバム(写真集)をご覧ください。
⇒「ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち~」
⇒倉東育友会フォトアルバム(写真集)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/2336-96dd146f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック