2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
11月11日(土)平成29年度鳥取県高等学校PTA指導者研究大会が開催されました。

講演に先立ち行われた表彰式では、本校からも河田校長先生をはじめとする5名が育友会活動の功績を認められ、PTA連合会表彰を受章されました。おめでとうございます。

続いて午前の講演会では、エール鳥取県発達障がい者支援センターの川口所長さんにより、「発達障がいについての理解と対応」と題した講演を頂き、改めて発達障がいに対する理解を深めるとともに保護者・教員としてどのような配慮をしていけば良いのかを学びました。
冒頭には発達障がいの方が執筆された書籍の紹介があり、「過去は発達障がいを研究している専門の医師が書籍を書いた」、「次の時代は発達障がいの子を持つ親が経験談を書いた」、「今は発達障がいの当事者が自分の言葉で本を出版できる時代になった」と発達障がいが時代の中で理解されつつある現状を例えられました。
講演では発達障がい児が持つ一つひとつの特性に対して症状別の支援のコツを伺い、子供達を支える親の立場として、成人期に向けて今どのように関わりを持てば良いのかを具体的に学ばせて頂きました。
発達障がいのある人が、「発達障がいのままでしあわせに」暮らしていけるよう支援をしていく…だから今、社会全体でさらに理解を深める必要があるのだと感じました。

午後の講演は「ペップトーク〜目標を達成させる最強のショートスピーチ」を日本ペップトーク普及協会の寺本さんに講演頂きました。

ペップトークとは…短く、分かりやすく、肯定的に、魂を揺さぶる言葉を掛けて、人をその気にさせる…激励のショートスピーチの事です。

親として子供を見るとき、どうしても子供の出来ていない部分を見てしまいがちです。おのずと言葉かけもネガティブな表現になる事が多くなっていませんか?

子供にとっての親、生徒にとっての先生、選手にとっての監督…子供たちの夢の実現や目標の達成を本気で応援するサポーターとして私たちも一つひとつの言葉かけを見直してみませんか。

なんて、語りたくなる、エネルギッシュで前向きになれる研修でした。

皆さんも参考にしてみて下さい。
一般財団法人日本ペップトーク普及協会
https://www.peptalk.jp/
⇒ 日本ペップトーク普及協会ホームページはこちらから

20171111 指導者研修会 1

倉吉東高 育友会
  副会長 入澤 孝好
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/2351-c993f9a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック