2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
高校生が考えるこれからの時代の「仕事」
-第4次産業革命期を主体的に生き抜くために-

DSC_0002-1.jpg
昨日8月5日(日)、フォーラム2日目は、倉吉東高等学校のプレゼンから始まりました。

①鳥取県立倉吉東高等学校
「STEPs to Survive in ABCDI-Society」
 

②島根県立松江北高等学校
「20年後の社会における『仕事』とは」
 

③大韓民国京畿道安養高等学校
「危機を好機に変える~HITプロジェクト~」
 

④鳥取県立米子東高等学校
「知識よりも大切なもの」
 

⑤シンガポール共和国セントジョセフ高等学校
「衝撃に備えよ~第4次産業革命期へ向けて~」
 

⑥鳥取県立鳥取西高等学校
「旅するペンギン」
 

⑦長野県松本深志高等学校
「もし未来を生きる人間がAIと仲良しになったら」
 

各校、それぞれの切り口で、テーマについての提言をしました。
発表内容、スクリーンの映像作成、発表の英訳(和訳)に至るまで、たくさんの研究・勉強をし、多くの時間と労力を使ってこのプレゼンに臨んだことがうかがえました。
どの高校も、大きな舞台で、堂々たる立派なプレゼンでした。
発表が終わるたび、会場からは大きな拍手が送られていました。

討論・まとめ
  
各校の発表について、様々な質問や意見が出され、活発な討論が展開されました。
ゲストコメンテーターの先生方からは、具体的な鋭い指摘も多々ありましたが、最後に全ての発表校の健闘に対して温かい言葉をいただきました。

優秀賞は2校、
シンガポール共和国セントジョセフ高等学校と倉吉東高等学校でした。

最優秀賞と倉東賞は、
大韓民国安養高等学校が受賞されました。
おめでとうございます。

このフォーラムに向けて準備を進めてきてくれた生徒実行委員のみなさん、各々が確実にしっかりと仕事をこなし、滞りないスムーズな会の運営でした。
運営に携わって下さった全ての皆様、ありがとうございました。

(no-j)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/2405-21380cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック