2020/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
保護者各位 平成19年4月9日
鳥取県立倉吉東高等学校
学 校 長

生徒指導へのご理解とご協力について(依頼)

 春暖の侯、保護者各位におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
 さて本校では、国際高校生フオーラム、倉吉東漸のボランティア活動、チューター制度の導入など、様々な学校改革に取り組んでいます。昨年度、全国各地から多数の学校訪問もあり、今、最も注目を集めている高校のひとつとなぅております。また、本校生の学力も国公立大学の合格者の数に象徴されるように、順調に伸びています。
 しかしながら、生徒一人ひとりの日々の生活に日を転じてみますと、必ずしも本校の教育が商い評価を受けているとはいえません。交通マナーの悪さ、服装の乱れなどは、本校教育に注目してくださる、心ある皆様が一様に批判、指摘されてきた改善すべき重点課題でもあります。この問題についてどう対処すべきか、本校職員全員が、様々な角度から熟 慮し、話し合い、追究し、検討を続け下記項目について全職員で指導をしてまいりました。

指導項目
スカート丈を膝にかかる程度の長さにすること。
制服の下、襟より、下の着衣を出さないこと。
夏服の下着は華美にならないこと。
頭髪の染色、化粧などはしないこと。
登校時は制服を着用すること。(部活動で休日登校時も)
携帯電話、ゲーム機などは学校に持ち込まないこと
携帯電話の使用確認・着信青、振動など確認・ストラップ確認により携帯電話持ち込みが確認できた場合には、学校で1週間預かった後保護者へ返します。2同日以降については更に厳しい指導を行います。
イヤリング、指輪などのアクセサリーは身につけないこと。

 いうまでもなく、このような指導項目の徹底は、職員の努力のみで実現できるものではありません。生徒個々の自覚、保護者各位の多大なるご理解ご協力なくしては実現不可能なものと考えています。また、上記7項目の指導が達成されたからといって、それが高校 生や高校時代にとって、すべての意味で本質的ではないことも充分承知しています。
 自主的に行動でき、しかも自ら律することができる、そして内面の人格の美が、自然と溢れ出るような心豊かな高校生を育てることこそ、本校の教育目標であります。
 そのためには、問題行動が起こってから対処するのではなく、生活全般にわたっての生き方指導として、機を逸することなく生徒の自覚を促す指導に重点を移すため、生活指導部を廃止し、進路指導部の中の生活指導係に位置づけて指導していくことにしました。
 どうか、本校の生徒指導に対するご理解とご協力をお願い申し上げます
生徒指導へのご理解とご協力について(依頼)
画像の見方
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/343-26ed9a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック