2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
明治42年4月創立 今年2009年で創立101年。1学年6クラス(240名)。
国公立大学合格率は平成22年度入試では現役浪人合格229人/卒業生238人、96.2%と全国の公立高校でもトップクラスです。

平成18年度入試では、国公立大学合格率全国1位(現役浪人合格225人/卒業生230人、97.8%)となり、『サンデー毎日』平成18年6/4号(5/23発売)で「国公立に強いベスト150高校」に我が高がトップと紹介されました。

一方、部活動、学園祭もとても熱心で盛んな学校です。フォトアルバムでご覧ください。


 「文武両道」の精神は創立以来受け継がれ、勉学・部活動・学校行事全てに全力投球する校風が今も堅持されています。

とりわけ平成13年に策定した長期ビジョン「倉吉東高のかたち」では、本校の今後進むべき方向と、その実現のための四つの柱をセットにして規定しました。そこでは改めて「文武両道」と「規律ある生活」、そして「授業の質の向上」の重要性を確認するだけでなく、「特色ある教育活動」を創設して、これからの時代に求められる人材の育成に応えようとする考え方が示されています。

 「特色ある教育活動」とは例えば以下のような取り組みです。
1 「国際高校生フォーラム」
 現代社会の諸課題について、国内外の高校生が集い、その課題分析と解決策をプレゼンテーションし、討論で深める取り組み。
2 「倉吉東高のボランティア活動」
 自分の持ち味を生かして社会貢献をしようとする上で、そのきっかけとなるボランティア活動を、自ら企画し、交渉し、実践しようとする取り組み。
3 「チューター制度」
 新入生が高校入試合格者登校日から夏休み前まで、スムーズに本校生活に溶け込めるように、二・三年生チューターが定期的にサポートする取り組み。

 「文武両道」「規律ある生活」「授業の質の向上」「特色ある教育活動」、この四つの柱の趣旨を職員生徒がよく理解し実践することによって、近年の本校の人材育成機能は飛躍的に高まってきました。その成果として、今春の卒業生は、本校の伝統文化の中で自分たちが人間的に成長していることをよく理解し、将来社会貢献を意識した自己実現を図るため、高い志望をもって受験に臨み、国公立大学への現役合格率は70パーセントを超えました。

 高校は、単に大学に受かるための通過点として、あるいは好きなスポーツ等をやるためだけの場でなく、自分の可能性をあらゆる面で広げ、人間的に豊かに成長しつつ進路実現を果たすところです。


学校所在地:鳥取県倉吉市下田中町801番地
      〒682-0812
      電話:0858-22-5205
倉吉東高等学校公式サイト
位置図(航空写真)

◆進路状況(H17-H21)
・平成20年、21年の大学入試結果の概要
・平成19年大学入試結果の概要
・平成17、18年大学入試結果の概要
・過去20年間(S62-H18)入試結果の概要

2010年度学校教育目標

「倉吉東高のかたち」の理想に沿った様々な教育活動を充実発展させるとともに、以下の具体的な学校課題に焦点化して取り組む。

具体的な学校課題
○学校文化度の向上と地域からの信頼向上
 →文武両道と規律ある生活をとおして、生徒の自立を促す
 →生徒の資質(幅広い知的好奇心・コミュニケーション能力・帰属意識)向上に努める
 →中・高・大の接続を円滑にするため、高校教育の担うべき役割を果たす
 →全職員の広報力(学校説明力)向上に努める

○学校教育力の向上
 →教師集団としての教科指導力向上に努める
 →外部訪問を計画的に実施することにより教員研修を充実させる
 →生徒への上質な刺激を定期的に与える

○進路指導の充実
 →進路指導に関する職員研修を充実させ、全員の指導力向上をはかる
 →中堅以上の大学合格者数70名以上を目標とする
 →難関大学の合格者数20名以上を目標とする

○専攻科教育の充実
 →県の専攻科として存続価値を認められる教育内容と進路実績を目指す

○定時制教育の充実
 →職員連携を充実させ学校と家庭との連携を強化し、退学者・休学者の減少に努める
 →進路保障の観点から一人一人に合った学力定着に努める



◆長期ビジョン=倉吉東高のかたち
倉吉東高のかたち

参考:倉吉東高等学校公式サイトより)

◆学校の沿革
 こちらをご覧ください
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka
◆平成21年度の学枚教育目標
                         鳥取県立倉吉東高等学校
「倉吉東高のかたち」の理想に沿った様々な教育活動を充実発展させるとともに、
以下の具体的な学校課題に焦点化して取り組む。

具体的な学校課題
O「倉吉東高のかたち」に沿った学校文化度の向上
 ・文武両道と規律ある生活をとおして、生徒の自立を促す
 一中高連携を強化するとともに、高大連携のあるべき姿を研究する
○教育力の向上
 ・教科指導力の向上に向けて各学力層に応じた三年間のストーリー作りを完成させる
 様々な教員研修の充実を図り、計画的に外部訪問を実施する
○学校評価の充実
 →第三者評価と学校関係者評価を有機的に関速づけ、地域・同窓生・保護者からの信頼を高める
 ・苅谷研究室アンケート結果を分析し、本校教育の検証を進める
○進路指導の充実
 →進路指導に開する職員研修を充実させ、全員の指導力向上をはかる
 →中堅以上の大学合格者数70名以上を目標とする
 一難関大学の合格者数20名以上を目標とする
○専攻科教育の充実
 →中部はもとより、県の専攻科として信頼されろ教育内容と進路実績を目指す
○定時制教育の充実
 一退学者・休学者をできるだけ出さない
  ・わかりやすい授業を行うとともに、基礎学力の定着をはかる
  ・職員進携を充実させながら学校と家庭との連携を強化する

◆教育方針
平成19年度 学校運営方針
1 教育方針
 「倉吉東高のかたち」の理想に沿って、本校の教育活動を更に充実発展させるとと
 もに、主体的な学習者・21世紀の日本を支え、世界に向けた高い志を持った人材
 の育成をめざす。

2 重点目標・具体的な取組内容
(1)(重点目標)
 ①「倉吉兼高のかたち」(別添)の充実・発展
 ア 文武両道
  ・予習等家庭学習の確保・授業に集中する態度の伸長
  ・効果的な時間活用をしたメリハリのある部活動
  ・学びの復権発行・勉強合宿・鳥取大学英語講座参加など主体的学習
 イ 規律ある生活
   遅刻0・品位ある服装・自発的挨拶等の推進、オリエンテーション合宿による生活指導
 ウ プレコン・フォーラムの充実及びテーマ学習の深化
  ・テーマに対する探求力育成・プレゼン能力の伸長
 工 上級生による新入生指導「チューター制度」の更なる充実
 オ 中高連携の強化 (数学・英語辞座の実施等)
② 教育力向上の推進「倉書東南のかたちJの内のものであるが本年度鹿点撮層として外出し
 ア 授業力向上への取り組み強化
 ・教科内外で相互に授業見学しあって学びあう  
 ・教科先進校視察・予備校派遣・研究授業アドバイザー招碑等
 イ 授業評価の改善・工夫
  既に実施している生徒による授業評価について、より改善に結びつく評価方法へ修正を検討
 ウ 様々な教員研修の充実(フォーラム参加校合同研究会・先進校教師招碑・復命研修等)
 エ 朝読書の定着と読書小論文活動の充実
 オ 品位と高い志の涵養(首都圏研修・OB講演会実施等)
 カ 学校文化度の向上(各種事業の充実・伸長によりトータル的に学校文化度の向上を図る)
③学校評価・事算執行の工夫
 ア 外部評価委員会の充実により本校教育の検証
 ・学校評価アンケート活用による本校教育活動の検証など
 イ 東大苅谷研究室との連携強化
 ・平成18年度卒業生に対するアンケートに基づく本校教育の効果検証作業等
 ウ 予算執行の工夫
 ・予算委員会で年間計画と執行調整等検討、光熱水費等の冗費節減と効果的な予算執行
④進路指導の充実
 ・進路目標を見据えた生き方指導の充実
 ・国公立合格者目標現役150名、難関大学合格者数目標20名以上
⑤専攻科の一層充実
 ・地域の期待に応えられる実績の維持向上
⑥定時制教育の更なる充実発展
 ア 退学者・休学者数の減少
 ・わかりやすい授業の実施、職員連携の充実
 ・学校と家庭との連携等
⑦創立100周年に向けての準備(平成20年度記念行事に向けての諸準備)

参考:鳥取県教育委員会公式サイトより)
   倉吉東高校公式サイトより)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/496-7bb9ed2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック