2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
育友会は、このたび第8回インターネット活用教育実践コンクール(主催:文部科学省他)において、このブログの取り組みに対して文部科学大臣賞を受賞しました。

このことは、ひとえに学校のご理解と育友会員の皆様、地域の皆様をはじめ、このブログをご覧いただいた皆様のご支援をおかげです。改めて、感謝申し上げます。

                    記

1 取り組みの概要    詳細はこちら
 「PTAによるブログを活用した学校活動の情報発信
      - 開かれた学校を保護者の手で-」
・育友会(PTA)が自主的にブログを構築。
・学校活動の情報発信、情報共有化の作業は、学校のみがその役割を負う必要はなく、保護者
が担ってもいいと考え、保護者の力を有効活用している。
・先生の役割を教育活動に集中させるとともに、開かれた学校づくりのために保護者との協
働・連携を進めたもの。

2 表彰の趣旨
地域社会や学校などの教育におけるさまざまな活動の中でインターネットを有効に
活用している優れた実践事例を広く募集することにより、教育の情報化の推進を図る
ことを目的とする。

3 表彰式日時及び場所 
日 時  平成20年3月19日(水)10:30~
会 場 東海大学校友会館(東京都千代田区霞が関3-2-5霞ヶ関ビル33階)
  表彰式の様子(3/20追記)

4 これまでの鳥取県内の受賞団体 
・倉吉市立東中学校 「満足度を高めるデジタルコンテンツの活用」(第7回佳作)
・米子市立成実小学校 「テレビ会議を変える『データ会議』による遠隔交流学習」(第6回佳作)
・伯耆町立溝口公民館 「中学生に学ぶパソコン体験教室」(第6回佳作) 
・鳥取県立生涯学習センター 「生涯学習サイト『トリピー放送局』の取り組み」(第4回文部科学大臣賞) 

5 コンクールの概要 
(1)主催   文部科学省・インターネット活用教育実践コンクール実行委員会
  後援   総務省、経済産業省、朝日新聞社 
(2)応募数  71件 (募集期間H19.7月~9月) 10件が第1次審査通過  
(3)受賞者  内閣総理大臣賞 1件、文部科学大臣賞 2件、総務大臣賞 1件、  
          経済産業大臣賞 1件、朝日新聞社賞 1件 
          インターネット活用教育実践コンクール実行委員会賞 4件、佳作 13件 
(4)受賞事例 インターネット活用教育実践コンクールホームページで公表

なお、2月27日付け朝日新聞の社会面で受賞団体が掲載されています。
(追記)3月3日付け日本海新聞教育欄で紹介していただきました。
**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
reported by terasaka
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/661-6ac3b4a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック