2020/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
平成20年度 夏休みの心得
鳥取県立倉吉東高等学校
夏休みの心得  いよいよ夏休みに入りました。高校生活を真に充実したものにするためにも、自主的にそして計画的に過ごしましょう。春からの生活を振り返り反省する時間を持ち、自ら課題を見つけ課題解決に向け努力しましょう。

1.健  康
 開放ムードに浸って、生活ペースを乱すと肉体と精神の弛緩は慢性化する。強い意志をもって休み中の計画をたて、心身の鍛錬を図る積極策を考えよう。身体の異常・疾病のある者は、なるべくこの夏休み中に完治しておくこと。
2.勉  学
 漫然と遊び暮らして百年の悔いを残すな。精神を集中し、意識的に計画を実践する努力なしに学力の向上は望めない。不得意科目の克服は夏休みの重点目標である。課外を休まないこと。夏休みの学習計画表にそって充実した日々を過ごそう。
3.生  活
(1)交友関係
 男女の交際は相互に人格を尊重し、一時の感情に支配されることなく、本人及び相手の将来に対する責任感と配慮をもって行動しよう。
(2)飲酒・喫煙
 酒・タバコが高校生に及ぼす害ははかり知れない。開放感・好奇心から手を出さないこと。
(3)旅 行
 旅行届けを提出すること。どこにいつでも本校生徒として、人として社会のルール・マナーをきちんと守ろう。
(4)夜間外出
 県指導連盟のきまりに従って、夜間外出は午後10時までとする。深夜の排梱は絶対にしないこと。外出の際は行き先・用件を家族に告げ、家族の了解なしの外泊はしないこと。祭りなど夏の夜は行事が多彩であるが、好奇心による脱線から不測の事態を招かぬよう自戒しよう。
(5)交通安全
(ア) 無免許運転・自転車の2人乗り、並進、無灯火など違反のないよう交通マナーの向上に努めること。
(イ) 人命尊重の立場から交通ルールを厳重に守る習慣を身につけること。
(ウ) 各自動車学校は学校の許可証がないと受け入れないことになっている。
(6)水 泳
(ア) 同行者、行先、帰宅時間を家族に告げておくこと。
(イ) 自己の健康をよく考え、気象・現場の状況に十分注意すること。危険区域での遊泳または単独での遊泳は絶対にしないこと。
(ウ) 本校プールの使用は原則として禁止する。但し、本校職員の監督のもとに使用す る場合は使用を認める。
(7)地域活動
 各市町村で、地域に根付いた社会教育活動・ボランティア活動に積極的に参加しよう。
(8)催物への参加
 校外における各種の催物(集りのバンドなど)に参加する場合は許可願いを提出すること。
(9)その他
(ア) 土・日(課外などを除く)の校舎内への立ち入りは原則禁止とする。平日については18:00以降の立ち入りを禁止する。
(イ) 教室・体育館の戸締りを忘れないこと。
(ウ) アルバイトは原則として認めない。但し、家庭事情等により特に必要と認めたものに限り職場など勘案し許可する。無断でアルバイトをしないこと。
(エ) 公共物は大切に扱うこと。借用後は必ず所定の位置にもどすこと。
(オ) 登下校時には制服を着用すること。
(カ) 他校(小学校・中学校・高等学校など)を訪問し校舎・校具を使用する場合は、当直責任者の許可を得て使用し、勝手な行動で迷惑をかけないようにすること。
(キ) 夏季合宿に関する規定は、すでに関係の部に配布されているから、その規定に従うこと。
(ク) 休み中問題や異常が生じた場合、速やかに学校(22-5205・担任)に連絡すること。
(ケ) パチンコ店など風紀上よくない場所には出入りしないこと。

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/769-6e60b9f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック