2020/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
昨日開催しました木村達哉先生の講演会には多くの生徒、保護者の皆さんにお越しいただき誠にありがとうございました。

また、会を運営したスタッフの皆さま、お疲れ様でした。
さらに、名越校長先生をはじめ、倉吉東高の先生方にもご尽力いただきました。重ねて、御礼を申し上げます。

先生のお話は、
・ご自身の高校生活から大学生時代、
・開学直後の西大和学園高校でのこと
・灘高校に移籍されたいきさつ
・ヒアリング力をつけるために、通訳学校の体験入学を利用したこと
・数多くのシリーズ本の発刊のいきさつ など
その時々のエピソードを先生の巧みな話術で、来場した生徒や保護者の皆さんは、まさに「キムタツ」ワールドに浸り、会場は何度も笑い声にあふれていました。
木村先生1 木村先生講演会 木村先生講演会 木村先生講演会

木村先生のブログに早速、本校への訪問、講演会のことを書かれています。是非ご覧ください。

また、当日の写真をフォトアルバムに掲載しています。ご覧ください。
(写真掲載について木村先生から快諾をいただきました。)


先生の講演からその一部をご紹介します。

・・・
高校生のみんなに言いたいのは、
夢を大事にしようという、でも、現時点でほんまに夢のある奴はいるのか?あんまりいないと思う。夢なんてそう簡単にみつからない。もちろん東京大学に入るという小さな目標はあるかもしれない。何々大学の医学部にいきたいというちょっとした目標はあるかもしれない。

しかし、「よし、人生でこれを叶えてから死ぬぞ」という大きい夢を持っている奴はそんなにいない。大人であっても。ぜんぜん焦る必要は無いけれど、どっかの時点で自分は何のために生まれてきたのか、何を残して死ぬのかということをちょっと考えてみて、それが見つかったら、それを夢というノートに書き付けて、叶えにいく。そのことを大事にしてほしい。

東京大学にいく。何々大学に行く、医者になる、結果的には小さな目標。それは職業。そこから何をするのか。人生の中で何をするのか。考えておかないと面白くない人生が。われわれ大人でも、日常ルーティン。だらだらと流れていく。同じ流れが一生続く。何も無い。・・・

君たちは、自分の能力に線をひいてはならない。絶対に。一人ひとりは、能力は高い。成績は違う。それぞれの人間が持っている能力はものすごく高い。つい、偏差値という数値に投影させて、自分の能力は、おおよそこれぐらいではないかと線を引いて、さらに親がそれを後押ししているケースがある。・・・それぞれの人は、生まれてきた意味があると信じている。神様が何かおもろいことをやっておいでと送り出してくれた。一個でいいから。なんかやっておいでと。成績とは関係ない何かをやっといでと。

頑張っているうちに、夢はみつかる。見つかったときにそれをゲットできる人とそうでない人が出てくる。フットワークが重い人と軽い人がいる。夢見つかったなというときに様子を見ようという人はあかん。とりあえず、動いてみる。・・・



**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/806-e6d67219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック