2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
平成20年9月8日
保護者の皆様へ
鳥取県立倉吉東高等学校
校 長  名越 和範
韓国「安養高校」生徒ホームステイ受け入れについて(再度お願い)
ホームステイ受け入れについて  初秋の候、保護者の皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素より本校教育にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。
 標記の件につきまして、先日もご案内いたしましたが、再度お願いを申し上げます。

 本校と韓国安養高校は、1997年に交流提携を結び、以来今日まで、韓国研修、国際高校生フォーラム等を通じて交流を深めております。そうした交流事業の一環として、生徒同士が各家庭にホームステイを行うという行事を隔年で実施しています。
 昨年度は、本校2年生が韓国研修旅行時に安養高校の家庭にホームステイさせていただき貴重な体験をいたしました。今年度は本校がホームステイの受け入れ側となっており、現在、受け入れ家庭を募集しておりますが、まだ必要な数に達しておりません。昨年度ホームステイに参加した生徒さんのご家庭はもとより、来年度ホームステイを希望される生徒さんのご家庭も含め、多くのご家庭に受け入れをお願いしたく、再度ご案内させていただきます。また、翌週に韓国研修へ出発する2年生にとっても、事前に「韓国」を体感できる貴重な機会になると思われますので、是非ご検討いただきますよう、お顔い申し上げます。
 なお、受入れをご承諾いただけるご家庭は、下の申込用紙こ必要事項を記入していただき、ルーム担任へ提出してくださいますようお願い申し上げます。
 (この用紙の裏面に「よくある疑問・質問」についてまとめてみました。ご覧ください。)

<安養高校ホームステイ計画(日程概要)>
10月15日(水)本校到着  ホストファミリー出迎え、ホームステイ(1泊目)
10月16日(木)朝登校(本校まで送り、または生徒と一緒に登校。)
午前:歓迎行事、授業参加  午後:県内観光
夕方:本校まで迎え、ホームステイ(2泊目)
10月17日(金)朝 学校集合 倉吉出発

ホームステイ受け入れについて もちろん、お子さんが受入れを望んでいるかどうかが第一のポイントです。それを前提とした上で以下をお読みください。
 ホームステイには特別な準備は必要ないと思います。文化的な違い等については本人たちも事前に勉強しているはずですし、本校でも、事前に受け入れていただいた家庭に説明会を実施しますので、ご安心ください。(まあ、3日間だけ子どもが1人、あるいは2人増えたと思っていただけるとありがたいのですが・・・。となるとさすがに布団だけは必要かもしれませねえ。)

<よくある疑問・質問・・・>
言葉について、
日本語ができるとは期待しないでください。でも、安養高校の生徒は、英語はできます。残念ながら(?)、本校の生徒よりできると思います、多分。彼らは、好奇心も旺盛ですので、日本語を教えたり、韓国語を教わったりするのも楽しいと思います。最後に送り出すとき、韓国語で「さよなら」なんて声をかけられると感激するかもしれません。とにかく話しかけてみてください。

会話が難しい?
日本語を練習してくる生後もいるかもしれませんが、基本的に期待しない方が無難です。(漢字が読める可能性はありますが‥・)家族の写真(彼らも持ってきているかもしれません)や韓国ドラマなどを話題にして、身振り手振りでコミュニケーションを楽しむのが、ホームステイの醍醐味(?)でもあります。日本的なものや習慣を説明するのもよいかもしれません。気持ちは伝わるものです。
ただし、どの国でも政治的な話は避けた方が無難だと言われています。
どうしても困ったら?・・・お子さんの英語力に頼りましょう!(笑)

文化的背景について少しだけ・・・
韓国は年齢の上下が大変厳しく問題にされます。日本以上です。1歳でも違うと当然敬語を使わねばなりません。ですから、ホストファミリーのお父さん、お母さんにも礼儀正しいはずです。必要な場合は(遅くまで起きていてうるさかったりする場合等)、はっきり注意・指導(日本語で!)してください。ちやんと聞くと思います。また、非常に人情に厚いので、気持ちが伝わるときっと感激すると思います。

食事について
特に問題ないと思います。外食する必要もないと思います。普段どおりで結構です。お子さんの好きなものを一緒に食べて、楽しく会話しながら過ごしてください。

おみやげ?
もしかしたらお土産を持ってくるかもしれません。どうぞお受け取りください。お返し?お任せします。気持ちが大切だと思います。韓国でホームステイした生徒はどうだったのでしょう。これはまた事前説明会でお話します。

登校について
生徒と一緒に登校するのがよいですが、自転車に乗れなかったりします。(もう一台自転車がない場合もありますよね。)まあ、なんとかお願いします。ただ、初日と最終日は荷物が多いと思いますので、できれば送ってやってください。

以下は「事前説明会」に続きます。是非、「よっしゃぁ!」の一声で受入れを承諾していただきますようお願いします。きっと楽しいと思いますよ

↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(tokuyasu)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/813-45496259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック