2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
先日開催しました公開人権教育LHRの参観者の声がまとまりましたので、ご報告します。
2008公開人権教育LHR参観者の声
2008/10/ 8
参観者数(保護者1年24、2年14、3年7、外来16、合計61) 感想23通

感 想
・人のいいところをどんどんまねして、いいところを広げていく、自分の弱さを認め人の性格やその人の意見を認める…等々の活発な意見が生徒たちから出ていました。親としても考えさせられるものばかりでした。(1年)
・十分な時間がなく各教室を短時間しか見られなかったのですが、それぞれのクラスでの神妙な顔つきが印象的でした。長時間の授業の中で思考を継続させ、つきつめていくことができ、有意義であったと思います。(1年)

・討論が進まなくても意見が出なくても、先生方が口をはさまず見守っておられて、生徒さんを信じて、信頼していらっしゃるのだと感じました。(1年)

・人権について各クラスとも活発に意見がなされて、非常に意義あるものであった様に思います。しかしながら生徒たちの親が果たして生徒同様の考え方をしなければ子どもたちに悪影響を及ぼす。親も参加する場面(=時間)があれば良かったかも。(1年)

・活発な意見はなかったのですが、自分の持論を言った生徒がいてよかった。委員の人たちが一生懸命進行しようとしていた様子がすばらしかった。(1年)

・同教委員さんは本当に熱心にがんばっておられたと思います。男子の方が素直というか単純(いい意味で)なのか一生懸命考える子が多かったような気がします。委員の中にはやはり女子も必要だったかと思いました。難しいテーマでしたが、先生のリードはよかったと思います。発言としてはなかったかも知れないけど、皆きっと考えてる、考えたと思います。(1年)

**************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka
・高校でのLHR参観を初めてしました。生徒が運営するということでしたが、班での話し合いでもだんだん発言が盛り上がってきて明るく笑顔でしゃべっている様子で良かったです。ただ、話し合いの論点が生徒にも少々分かりづらく、自らの差別意識をふり返るまでに至れたのかどうか…これで終わりというのではないので、先生も話されたように、本当のことが言えるクラスになれたらいいなと感じました。(1年)

・発言が少なく、ストレスが留まるLHRだった。人権教育がまだまだ浸透していないのだと感じた。みんなは、頭ではわかっているはずなのに、それを上手に表現できない(失敗できない)ことが恥ずかしいから、だまっているのだろうと思った。これからの成長を期待したい。(1年)

・「差別」と「区別」の違いがわからないから差別をしていると思います。平等か不平等の違いがわかっていれば、差別はなくなると思います。「尊敬する気持ち」をもつと良いと思います。(1年)
・日常生活の中での、自分が気づかない差別意識を気づかせたり…。身近な教材で、「差別を自らの問題としてとらえる」ことができたと思います。生徒が上手く司会していました。(1年)

・各クラス自分たちのクラスの問題とかを例に、身近な差別問題について考えていたようですが、クラスごとのいろいろな雰囲気がありました。ただ学年の横のつながりというものはないのかな?ということが残りました。グループ討議では、それぞれ自分の考えを言っていたのではないかと思います。みんなが幸せになれるには、自分が幸せになれるにはということを考えながら、自分というものを常にもちながら話し合いができればと思います。(1年)

・人権の参観日でしたが、クラスではクラス(1-6)の問題点を話し合い、明日からのクラス改善の目標を立てていました。クラスがまとまっていない様子でした。昨日は中学の参観日で参観してきました。さんたんたるもので、中学校が危ない…!!と危機感を持ちました。今日のクラスの様子を見させていただくと、きちんと人の意見に耳を傾け自分の考えも発表し、保護者の意見を述べたときには、こちらを向いて聞いてくれました。(今の中学生とはえらい違い!!)感心しました。大丈夫、これからきっといいクラスになれます。
 生徒が進行し、よかった。先生は最後のフォローだけで、生徒自身がよく考えることができたと思います。1-4のいじめっ子になるよりいじめられっ子になってほしいのテーマは?本当にいじめを受けていた子にしたらどうなのでしょう?解決策は見いだされたのでしょうか?我が子は現在中学生ですが、実際いじめのターゲットになっていたので、この問題を取り上げるのなら、どうすればそういう人間関係を断ち切れるのか、まで話し合ってほしかった。(1年)

・同じ人からの意見が多かった様に思いますが、意見が出ることでクラスのみんんが考えることが出来るので、いい会になったと思います。学年懇談会で話を聞くことで、一学年全体の様子がなんとなくわかり、1-1ではいい意見が出たけど、反対意見が出たら、もっと深まった話になったのでは、と感じました。各クラスでの取り組みに工夫が感じられ、今日参加することが出来て良かったです。(1年)

・LHR委員が司会しながら、グループで自分の意見を出し合い、考えを深めていたと思います。グループ討議に参加し、子どもたちの意見を聞き、自分の意見も出すことができて、学習を深めることができました。中には差別意識、社会問題…しっかり考えている生徒もいるなあと感じました。人権教育の積み上げの成果かなあと思いました。(2年)

・在日韓国・朝鮮人問題は、常日頃考えている問題でないので(よくないことかもしれませんが)、今日はあらためて考えることができました。やはり、学習することは大切だなあと思いました。(2年)

・シーンとなるところはあったが、委員の子どもたちがうまく導いていたこと、それまでの準備も多くあり大変だったけど、よくがんばってくれました。ありがとうございました。最後にささやかではあるけど、意見交換が出来たことは、相手の思いを知る意味では有意義だったと思います。自分のこととしてまだ十分につまっていないことはあると思うが、いい機会であったと思う。(2年)

・生徒さんが一生懸命考えて組み立てた進行がうまくいかず、とても苦しかったと思います。でも、なんとかしようという思いが、委員さんとクラスの中で共有されていて、まじめに考えていることがうれしかったです。先生の助言も適切だったのではと思います。(3年)

・授業態度も良く解放研究委員はよくリードしていた様に思います。みんながというのは?ですが、発言する子は自分の意見をしっかり持ち発表していたので、同和教育の学びがしっかりできていることを感じました。自主的な発言もあったし、指名された時でもきちんと自分の思いが言えていたのも良かったです。感動しました。全学年も見て回りましたが、さすが3年生は落ち着いた雰囲気で真剣であったことが印象的でした。(3年)

・生徒の司会・運営で授業が進められていて、事前の打ち合わせなど大変だっただろうなと思います。後半の今までの学習のまとめの意見交換で、声がでなかったのが残念でした。しかし意見を出さなかった生徒さんが多かったけど、真剣に考えていたのは伝わってきました。ありがとうございました。(3年)

・全てのクラスを見させていただきましたが、生徒主体で行えていたのが良いところであり、難しいところだと思いました。私が学生のころと変わらず、温度差を感じました。(1~3年)
・1年生と3年生で生徒の話し合い、意見を出す場面を見ました。まず、一人称で考えを語っている姿がよかった。できれば全員の意見も聞いてみたかったが…1年生であっても語る内容、自分の変わり目や他の生徒への説得に近い語り方など、3年生と比べて負けていない姿に感心した。(1~3年)

・それぞれのクラスにあったテーマのところもあり、良かったと思います。3年生では「結婚差別」が身近なテーマとして考えにくいという意見もあったので、どうでしょうか…。1年生では素直に話を出していた部分もあり良かったですが、今後もっと自分をさらけ出せるような関係になってほしいと思います。(1~3年)

・各学年ごとに内容が考えられていると思った。しかし、どの学年においても自らの事柄ととらえる意識が薄いように感じた。例えば、3年生は「結婚」を取り上げているが、生徒によってこのことへの考え方が違うと思うので、間口は広いが、学習としては難しいと思う。話し合いに積極的な生徒は多いが、話し合いのための話し合い感は残った。全てのクラスではありませんが。3-2がなかなかおもしろかった。(5限のみの感想ですが)(1~3年)

【解放研との交流】
成長した3年生を見ることが出来、1年生のいい目標になるでしょう。自分の意見が言え、自分はみんなに支えられて今ここにいる、と知っていることは、すごく強みだと思います。話の中から。
「3年生になると待っていれば意見が出る。それはなぜか?」
一年生
 正しいことは知っている。
 こう言えば大人は喜ぶ。
 自分の弱さや不安はまだ出せない。
二年生
 考えていることが大事。
 黙って考える時も大事。
 解放研に入ろう。(注:現在解放研部員には2年生がいない)
三年生
 慣れもあり言いたいことが言える友。
 同教委員経験者が増えると違ってくる。
 周りの人に支えられていることに気づき、自分のやりたいことを見つけて行動できる。
 自分の気持ちを言葉で表現できることによって、自分の成長に気づく(成長した自分に出会える)

 3年生がディスカッションしている中にいるだけで、1年生は気づけたり考えたりしているはずです。3年間続けてほしいですね。子どもからは学校のことは、ほとんど伝わってきませんが、この一日でいろいろなことがわかりました。来年も、緊張するけど、参加したいと思いました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/838-6ce349a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック