2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
11月22日(土)倉吉シティホテルで開催されました「中部地区高等学校PTA指導者研修会」に参加しましたので、その概要を報告します。
本校からは、徳安副会長、大津副会長、勝田人権推進委員長、河田教頭先生、竹中先生、廣谷先生、寺坂の7名が出席しました。

◆講演081122_01.jpg
「鳥取県の将来と教育」 新日本海新聞社中部本社代表 佐伯健二氏

・現在、鳥取県の経済は厳しい。今後も人口減少続き、それとともに経済規模も縮小。
・県民の健康状態も悪い。車が普及し、歩かない。よく酒を飲む。
・環境的には、四季を通じて、野菜、魚がたべられる。
・道州制の動きもあり、地域のことを自分たちで決めていく気概が必要。
・教育のあり方を考えてほしい。世界のリーダーを育てることも大切だが、鳥取県を担っていく人材の
育成も必要。
・豊かさ、暮らしやすさが東京基準で語られている。物をもらいあうもらい物経済はカウントされていない。
都会になくて鳥取という地域にある価値がある。
・以前、鳥取では鍵を掛けている家はほとんど無かった。鍵を掛ける家も増え、表札を掲げない家もある。
個人保護、プライバシーに過剰反応して、誰がどんな人が住んでいるかわからなくなり、地域コミュニティ
が崩壊しているところもある。
・倉吉には、倉吉せんばという全国を席巻した農機具があった。
・江戸元禄時代、幕府から取りつぶしにあった大阪の豪商淀屋の番頭が倉吉の牧田氏。牧田氏は、淀屋の再興をはたし、幕末、倒幕の軍資金を朝廷に献上。近年、淀屋と深い関わりのある倉吉・牧田家が大阪から
注目されている。関西との交流が進めばいい。
・こうした歴史も子ども達に伝えてほしい。倉吉にあった宝を磨いてほしい。
・20年後、倉吉が輝いている時代となるための岐路が今である。

研究討議等はこちら
*************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka

◆研究討議 テーマ「家庭と学校の教育とPTA活動」
1.提言者:倉吉農高PTA副会長 会見茂樹氏

・地域活動部が地区懇談会を実施。6月中、8会場で実施
・学年部ではクラス懇談会・懇親会を実施。4クラスで取り組み。
・課題としては、総会の参加率が低いこと、専門部会への参加が少ないこと、学校からの案内が保護者に
届いていないこと、会員同士の声かけが不足していること。

2.倉吉北PTA専門部長 山脇幸人氏081122_03.jpg

・人権教育部の活動を紹介(講演会、「ともしび」発行、ロングホームルーム)
・子育ての後始末を学校がさせられている。高校生はまだ子ども、子育てが必要。
・PTAは子育ての応援団
・現代の子供達には、社会の中で適切な人間関係を築ける能力、危険から身を守る能力が必要
・北高教育は、やるぞあいさつ日本一、子素(そ)立て、部活動の振興、徹底した生徒指導

◆助言者コメント081122_04.jpg
<県教委家庭・地域教育課副主幹 藤山正明先生>

・PTA活動をおもしろく、楽しく取り組んでほしい。
・家庭教育には、やさしさと厳しさが必要。高校生には「厳しさ」の比重を高めるべき。
・親の価値観が見えにくくなっている。親としての生き方を示すことも大切。
・親の体験を語り、大人としての姿を見せることが大切。

<県教委高等学校課指導主事 三谷徳彦先生>
・授業を参観して、子供、学校の様子を見ていただきたい。
・自立させるためには手を掛けてやることが必要。大人にするためで、大人にして手を離す。このこと
が学校、地域、家庭で拡がってほしい。

◆司会者081122_02.jpg
・中部地区高等学校PTA連合会会長 津川俊二氏
・倉吉総合産業高校PTA会長 田中秀治氏
◆記録者
・倉吉東高育友会(PTA)副会長 大津理恵氏
・倉吉西高PTA副会長 寺方郁夫氏

【開催要項】 案内
(1)趣 旨  中部地区高等学校PTAが相互の緊密な連携・協調をはかり、高等学校教育振興上 の問題、並びに地域青少年の健全育成について研究協議する。
(2)主 催  鳥取県中部地区高等学校PTA連合会  
(3)後 援  鳥取県高等学校PTA連合会 
(4)期 日  平成20年11月22日(土)          
(5)会 場  倉吉シティホテル 
(6)参加者  各高等学校PTA会長・副会長・会員、各高等学校校長・教頭・教職員
        (各校8~10名程度の参加を希望します) 合計約60名 
(7)日 程  受付13:00  開会13:30  講演13:50 研究討議15:00  閉会16:30 懇親会17:00
(8)講 演  演題:「鳥取県の将来と教育」    講師:新日本海新聞社中部本社代表 佐伯健二氏
(9)研究協議  テーマ「家庭と学校の教育とPTA活動」

コメント
この記事へのコメント
同姓同名の人がいたことがびっくりです。
これからも山脇さんがんばってください。
2010/10/04(月) 22:17:36 | URL | 山脇幸人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/891-0269fbd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック