2020/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
このたび、第9回インターネット活用教育実践コンクール(主催:文部科学省他)において、「国際高校生フォーラムin倉吉」(主催:鳥取県立倉吉東高等学校高校生フォーラム実行委員会、後援:鳥取県教育委員会)の取り組みが総務大臣賞を受賞しました。育友会では、ホームページ運営委員会を中心に、サイトの構築等支援をして参りました。本当におめでとうございます。

                        記
1 実践事例
  「高校生による今日的課題へのプレゼンテーションコンテスト
(『国際高校生フォーラムin倉吉』)-日韓英の高校連携と知への挑戦-」
   団体名:鳥取県立倉吉東高等学校高校生フォーラム実行委員会

2 表彰式日時及び場所 
日 時  平成21年3月13日(金)10:30~
会 場 東海大学校友会館(東京都千代田区霞が関3-2-5霞ヶ関ビル33階)

3 コンクールの趣旨
 地域社会や学校などの教育におけるさまざまな活動の中でインターネットを有効に
活用している優れた実践事例を広く募集することにより、教育の情報化の推進を図る
ことを目的とする

4 取り組みの概要 (参考サイト:http://sotoforum.blog36.fc2.com/
・「国際高校生フォーラム」は、高校生自らが現代社会の諸問題に真正面から取り組み、具体的な解決に向けてチームで議論を重ね、その解決策をプレゼンテーションし、競い、討論するもの。
・平成14(2002)年から毎年8月に倉吉市で実施し、今年度で7回目。
・今年度は「高校生、未来への希望を語る」をテーマに日韓英3カ国から参加した9校の
高校生たちが提言を発表し、討論を繰り広げた。
・プレゼンテーション、討論の様子は、インターネットを通じてライブで配信された。
・プレゼンテーションの概要については、過去のものも含め専用のブログで閲覧できる。
・動画共有サービスサイトを通じて、プレゼンテーションの一部を映像で観ることができる。
 
5 これまでの県内の主な受賞事例(団体名) 
・第8回文部科学大臣賞:「PTAによるブログを活用した学校活動の情報発信 - 開かれた学校を保護者の手で-」(倉吉東高等学校育友会(PTA)) 
・第4回文部科学大臣賞:「生涯学習サイト『トリピー放送局』の取り組み」 
(鳥取県立生涯学習センター) 

6 コンクールの概要 
(1)主催   文部科学省、インターネット活用教育実践コンクール実行委員会
   後援   総務省、経済産業省、朝日新聞社 
(2)応募数  128件 (募集期間H20.9月~10月) 10件が第1次審査通過  
(3)受賞者  内閣総理大臣賞 1件、文部科学大臣賞 2件、総務大臣賞 1件、  
          経済産業大臣賞 1件、朝日新聞社賞 1件 
          優秀賞 2件 特賞 2件 実践奨励賞 5件 
(4)受賞事例 インターネット活用教育実践コンクールホームページで公表
           (http://www.netcon.gr.jp/
*************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka


コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます。
学校の取り組みに加え育友会の後押しの成果と思います。生徒も(一部)かも知れませんが、寝る間も惜しんで頑張った様子を見てきただけに、嬉しく思います。発表の表舞台だけでなく、あの広い未来中心で走り回り、数々のトラブルに対応し縁の下で支えた情報機器や受付の皆さんに陽の目をあててやって下さい。
2009/02/19(木) 12:27:07 | URL | 保護者 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/954-847901f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック