2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
1年生の英語がピンチ!! 
朝学習が8回、3/4、3/10、3/12、3/13、3/17、3/18、3/19、3/23に実施されます。
                                平成21年2月25日
倉吉東高等学校
第1学年保護者 様
                              鳥取県立倉吉東高等学校
                                校長    名越 和範
                                一    年    団

             3月の朝学習について(お願い)

 2月の終盤にさしかかり、まだまだ寒い日が続きますが、保護者の皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 さて、本校では毎年学年全体の「全国における成績把握」の一つの方法として、「進研模試」の全国偏差値に注目しております。本学年のその数値を7月、11月、1月と見てみますと、回を重ねる度に全国の平均値(全国偏差値50)を下回る生徒の数が増加しております。通常ですと、1年次は回を重ねるごとに学年平均偏差値が上昇していくのですが、本学年はそれが下降しています。

このままの学習姿勢や生活パターンで3月を過ごしてしまっては、自分の希望する進路を切り開いていけない生徒がたくさん出てしまうのではないかという大きな危惧を本校職員は抱き、今できる限りの対策を講じて学力を挽回させることを職員総意で確認いたしました。

 そこで今回、生徒の意識を変えさせ、家庭学習をしっかりやる習慣を確立させるために、事前に家庭学習の具体的な内容を指示したうえで、3月の平目の8時~8時20分を使って「英語確認テスト」(全8回)を行うこととしました。(実施の詳細は別紙の通りです。)

 保護者の皆様には、この取り組みの実施によって、毎日が「週明けテスト」が行われる目と同じタイムスケジュールとなり、いろいろとご迷惑をお掛けすることになると存知ますが、「学年全体に全国で戦える力をつけてやりたい」との学年団あげての強い思いからの取り組みですので、どうかご理解とご協力をお願いしたいと存じます。

1年英語学習 1年英語学習2
*************
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking人気blogランキング(教育・学校)  コメントの記入方法
written by terasaka
 第1学年「学年全体の英語レベルアップのための特別な取り組み」について

目的:学年生徒全体の英語学習への取り組みを本格的なもの・継続的なものとするため
   に、朝の8:00から8:20の20分間(8日間)を利用して、英語学習への
   取り組み方を実のあるものにしていく機会をつくる。

具体案:事前に自宅での学習内容についての指示を明確に伝えたうえでご3月4、10、
   12、13、17、18、19、23日の朝8:00~8:20の20分を利用
   して、英語の試験を実施し、基礎基本を確認させるとともに、各生徒が自宅でし
   っかりと机に向かって自分自身で考えて学力を積み重ねていくきっかけを提供す
   る。

8回の試験の具体的内容:「第3回進路指導テスト」の出題範囲、「3月課題」の内容と重
            複するよう適切な勉強の指示を出し、各20分間のテストで
            その到達度をみていく。

    3月 4日 ①「学習内容は別紙プリントで指示するj
    3月10日 ②[学習内容は別紙プリントで指示する]
    3月12日 ③「学習内容は別紙プリントで指示する」
    3月13日 ④「学習内容は別紙プリントで指示する」
    3月17日 ⑤「学習内容は別紙プリントで指示する」
    3月18日 ⑥「学習内容は別紙プリントで指示する」        
    3月19日 ⑦「学習内容は別紙プリントで指示する」        
    3月23日 ⑧「学習内容は別紙プリントで指示する」

事後処理:上記の取り組みで、一定の結果に到達できない生徒に関しては、3月25日以降の指
     定された日に補講の日程を組み、それに参加させる。(24日に該当者発表)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sotoikuyukai.blog46.fc2.com/tb.php/960-411d2a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック