2020/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
秋桜 第1号が発行されています。

公開LHRを前に、各学年の学習内容、各クラスの人権LHR委員からのメッセージが掲載されています。

私は毎年人権LHRを見させていただいています。
少しずつ大人に近付いていく子どもたちが、それぞれの素直な気持ちを発表したり、懇談会では先生方の生徒たちへの思いが聞けたり、改めて自分を見つめ直すことのできる有意義な時間になっています。

子どもたちの成長を感じられるいい機会、公開LHR行ってみませんか?

(C.Ka)

人権教育推進委員会だより 20140926 表

人権教育推進委員会だより 20140926 裏
11月5日(火)、講師に鳥取県福祉相談センターの田中康子氏をお迎えし、
「デートDVをご存じですか?~カノジョとカレシのいい関係~」part2をテーマに、
約50名の参加により、人権教育研修会が開催されました。

bucho.jpg

昨年度このテーマに研修会を開催したところ、好評だったため第2段での開催でした。
D…domestic(家族の、家庭の)V…violence(暴力)の原因や、
夫婦間だけではなく、交際の中から発生する暴力や人権侵害を
「デートDV」ということ。
また、自分と相手を大切にすること、
自分が被害者だったら…
自分が加害者だったら…
友達が被害者だったら…
友達が加害者だったら…
相談されたら…
など、対処の仕方等をマンガや例を使ってわかりやすく解説いただきました。

DVやデートDVは他人事ではなく身近で起こっていることで、
自分の子ども充分あり得ることです。
そして、DVは社会の問題でもあります。

改めてこうした事を認識でき、有意義な研修会でした。

koushi.jpg


---------------------------------------------
 ↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking  人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事
(H sa)
倉吉東高等学校 育友会人権教育推進委員会だより
 秋 桜   第2号
2013年10月15日

今年度の育友会人権教育研修会のテーマは、

「デートDVをご存じですか? ~カノジョとカレシのいい関係~」part2
期 日  11月5日(火)
時 間  午後7時30分から午後9時
場 所  倉吉体育文化会館 大研修室
講 師  鳥取県福祉相談センター女性相談課
      田中 康子氏

親子で、夫婦で、友だちどうしで、誘いあって参加して下さい!

「愛し方」・「愛され方」を間違えていない?
生徒の皆さんの参加も大歓迎です。
友だちどうしで誘いあって、ぜひ参加しましょう!
待ってま~す !!

みなさん、『デートDV』って、何のことか知っていますか?
DV(ドメスティック・バイオレンス、家庭内暴力)といえば、一般的に配偶者間のイメージが強いですよね。でも、最近は若年層にも交際相手とのDV(デートDV)が広まっており、10代のこどもたちにも多くの被害・加害が生じている現実があります。
 携帯電話で簡単に有害サイトや過激な描写のマンガ・コミックを見ることができたり、携帯電話の機能で交際相手が今どこにいるのかをチェックすることができたりするなど、今の子どもが非常に危険なものを使用していることを親として危機意識を持っていますか?
 このような状況をふまえて、自分の子どもが加害者にも被害者にもならないように、早い段階で「好きな人との関係をどうしたらいいんだろう」ということを考えてもらうことがこの研修会の目的です。
 親だけが研修するのではなく、被害者・加害者になりうる子どもたちにもぜひ聞いてもらいたい内容です。親子で聞くからこそ、情報を共有でき同じ認識で携帯電話や様々な情報のあふれる社会に正しい目で向きあえると思います。

   2013年度 秋桜 第2号 1面   2013年度 秋桜 第2号 2面
2面は<続きを読む>に掲載
---------------------------------------------
 ↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking  人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事
(M abe)
[秋桜 2013年度第2号]の続きを読む
2013年10月15日
倉吉東高育友会会員の皆様へ
            育 友 会 会 長 米増 誠
人権教育推進委員長 井上 英之

2013年度育友会人権教育講演会の開催について(ご案内)

 秋冷の候、皆様にはお変わりなくご活躍のことと拝察いたします。
 日ごろ、育友会の活動につきましては、公開人権教育LHRへの参加をはじめ、格別なご理解とご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて、このたび育友会会員対象の人権教育講演会を下記のとおり開催しますので、ご多用の折とは存じますが、万事繰り合わせの上ご出席いただきますようご案内申し上げます。なお、ぜひ生徒にも知ってもらいたい内容となっておりますので、ぜひ親子で聴いて頂きき家庭でも話題にしていただければ幸いです。

1 期 日 11月5日(火) 午後7時30分から午後9時まで
2 場 所 倉吉体育文化会館 大研修室
           鳥取県倉吉市山根529-2 ℡ 0858-26-4441
3 演 題 「デートDVをご存じですか」~カノジョとカレシのいい関係 Part2 ~
        (裏面参照)
4 講 師 鳥取県福祉相談センター 女性相談室 田中康子 氏
※お手数ですが、資料準備等の関係上、下の用紙により出・欠席のご返事を10月28日(月)までに、クラス担任を通してキャリア形成部・金森までお知らせ下さい。
-・-・-・-・-・切り取り線-・-・-・-・-・-・-・-・
  2013年度育友会人人権教育講演会(11/5(火))に
   出席・欠席  します  (該当する方にマルを)
       保護者   名前                    .
       生  徒      年   組   番 名前                .
        ※講演会に参加する生徒はマルを記入してください  
 生徒は、クラス担任に10月28日までに提出して下さい。
  人権教育講演会 ご案内  H25人権教育講演会案内 裏(デートDVとは)
---------------------------------------------
 ↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking  人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事
(M abe)
[2013年度育友会人権教育講演会の開催について(ご案内)]の続きを読む
 今年度の秋桜(人権教育推進委員会だより)第1号が発行されていますので、紹介します。
 10月2日(水)に行われます公開人権教育LHRの特集号です。おもて面は学年別テーマの紹介、うら面は昨年度参加された会員の感想などが掲載されています。


   平成25年度 秋桜(人権教育推進委員会だより)第1号 表     平成25年度 秋桜(人権教育推進委員会だより)第1号 裏
---------------------------------------------
 ↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking  人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事
(M abe)
平成25年9月18日
保護者の皆様
倉 吉 東 高 等 学 校 長  牧 尚志
育   友   会   会   長  米増 誠
育友会人権教育推進委員長 井上英之

人権教育LHR(ロングホームルーム)公開授業について(ご案内)

 朝夕に、秋の深まりを感じるようになりました。保護者の皆様には益々ご清栄のこととお慶び申しあげます。
 さて、本校は『主体的な学習者の育成』及び『21世紀をリードする人材の育成』を教育目標として掲げ、それにもとづいて生徒が主体的に取り組む人権教育LHRを行っております。この人権教育LHRも、 学園祭、国際高校生フォーラム、チュータリング等の行事とともに、本校教育の大きな特色となっております。
 このたび、今年度2回目の人権教育LHRを10月2日(水)に公開で行うこととなりました。公開人権教育LHRは、生徒、教員そして保護者が率直に意見を出し合い、共に人権問題の解決に向けて学習を深める場として始まりました。育友会としましても、人権啓発のよい機会と考えて広報に力を入れておりますことをご理解のうえ、多くの方々にご参加いただき、ご意見ご感想頂戴すれば幸いです。
 なお、お手数と存じますが、出・欠席のご返事を9月25日(水)までに生徒を通じて担任へお知らせください。
 記 

1.期 日  10月2日(水)6・7限(13:45~15:25)
2.場 所  各クラス教室(仮設プレハブ教室棟)
3.テーマ  1年生「人権問題に学ぶ」
       2年生「在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ」
       3年生「結婚差別問題に学ぶ」

4.その他  O当日の駐車はグラウンドにお願いします。※裏面の地図参照
       O当日は体育館前の受付で案内図等の資料をお受け取りください。
       O参観は、どのクラスでもできます。
    OLHR終了後、15時45分から参観者(保護者、一般参加者)、職員による学年別懇談会を開きます。率直なご意見をいただける貴重な機会ですので、ぜひご参加をお願いします。
        1年:1の2教室 2年:2の2教室 3年・:3の2教室

・・・・・・・・・・ 切 り 取 り・・・・・・・・・・・・・・
  倉吉東高公開人権教育LHR(10月2日(水))に
       出  席   ・   欠  席
                 (該当する方にマルをしてください)

    保護者  名前           .
    生 徒  名前               年  組
      ※出・欠席のご返事を9月25日(水)までに各クラス担任にお知らせ下さい。

人権教育LHR公開授業について(ご案内)    学校周辺図 人権教育LHR公開授業用

---------------------------------------------
 ↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking  人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事
(M abe)
 第3回人権教育推進委員会が、9月11日(水)に開催されます。今回は、講演会・研修会の経過報告と準備等について協議されます。
 
期 日 : 9月11日 (水) 19:30~
場 所 : 倉吉東高校 大会議室
議 事 : 研修会、公開LHR、その他
---------------------------------------------
 ↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking  人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事
(H sa)
 第2回人権教育推進委員会が、8月20日(火)に開催されます。今回は、研修会のテーマ・内容や、広報について協議されます。
 
期 日 : 8月20日 (火) 19:30~
場 所 : 倉吉東高校 大会議室
議 事 : 研修会、授業参観広報活動、その他
---------------------------------------------
 ↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking  人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事
(M abe)
今年度第1回の育友会人権教育推進委員会が開催されます。
基本方針・年間計画の報告、
今年度の事業推進や公開人権・同和教育LHRの取り組み等について協議されます。

期日:7月22日(月)19:30から
場所:倉吉東高校 大会議室

---------------------------------------------
 ↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking  人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事
(H Sa)
倉吉東高等学校育友会人権教育推進委員会だより
      秋 桜                            第3号 2012年11月26日発行
 2012年度の育友会人権教育講演会が、10月30日(火)に倉吉未来中心セミナールームで開催されました。
 はじめに、池内人権教育推進委員長から、「子どもの人権教育を家庭から後押しするのが親の役目であり、この講演会を親の勉強の場として生かしてほしい。」との挨拶があり、続いて講師の紹介の後、鳥取県福祉相談センター次長高橋智鶴(たかはしちづる)さんから、「デートDVをご存じですか?~カノジョとカレシのいい関係~」をテーマに、お話を伺いました。

 今回の人権教育推進委員会だよりでは、高橋さんの講演内容や参加された会員の感想をご紹介します。

「デートDVをご存じですか ~カノジョとカレシのいい関係~」
 高橋智鶴さんは、鳥取市にある鳥取県福祉相談センター(鳥取県婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター)に勤務され、、児童相談・生活保護・婦人保護等に長年携わっておられます。婦人相談所は昭和32年に設置されたものですが、DVば止法の成立等によりこ,現在では、婦人保護事業の対象は、DV被害者等も含まれ、鳥取県内においても、婦人相談件数(特にDV相談)は増加する傾向にあるそうです。

さらに、鳥取県内の学校における児童生徒の暴力行為、いじめ、不登校が増加する傾向にあること、鳥取県で10代の人工妊娠中絶が人口に比較して多いことなどのデータの紹介がありました。
 そして、DVといえば、私たちは一般的に配偶者間のイメージが強いのですが、最近は若年屠にも交際相手とのDV(デートDV)が広まっており、10代の子どもたちに多くの被害・加害が生じていること携帯電話で簡単に有害サイトや過激な描写のマンガ・コミックを見ることができたり、携帯電話の機能で交際相手が今どこにいるのかをチェックすることができるなど、今の子どもが非常に危険なものを使用していることを、親として認識しておく必要があるという説明がありました.
 このような状況をふまえて、10代の子どもたちが加害者にも被害者にもならないように、早い段階で「好きな人との関係をどうしたらいいんだろう」ということを考えてもらうことを目的として、高橋さんが県内の高等学校で実施しているデートDVの学習を実際に体験させていただきました。

①デートDVってどんなこと?(デートDVとは何か、デートDVの実態を理解させる)
・DVとはdomestic(家庭の・家族の)violence(暴力)
・デートDVとは交際相手からの暴力で犯罪であり、重大な人権侵害。どんなに親しい間
 柄でも暴力は許されない。
<平成20年の内閣府調査からみるデートDVの実態>
 デートDVで暴力にあっている10代・20代の女性は7人中1人(男性は23人中1人)
    →どうして女性の被害者が多いのか?
*被害を受けた女性の3割はどこにも相談していない。親にも相談できない。
(相談するほどのことではない。自分さえ我慢すればよい。自分にも悪いところがある。
 相談しても無駄と思った。)
また、被害にあったとき、「別れたいと思っても別れられなかった」ケースが約4割。
<暴力の種類>
「身体的暴力」・・・殴る、蹴る、首を絞める、髪の毛を引っ張る、物を投げるなど。
「言葉の暴力」・・・見下したり、存在を否定する言葉を言う。「ばっかじゃないの」
          「マジむかつく」「うぜえ」「消えろ」など。
「心理的暴力」・・・さげすむ、馬鹿にする、無視、死ぬと脅す(→ 私のせいで死んで
          しまったらと思い、別れられない原因になる)など。
「性的暴力」・・・・・セックスの強要、アダルトビデオを無理やり見せる、避妊に協力
          しない、など。
「社会的暴力」・・・友達付き合いの制限(2人だけの孤立した世界になる)、部活やバ
          イトを止めさせる、携帯電話を無断で見たり、データを削除する
          (携帯も使い方次第で相手を束縛する大きな武器になる)など。
「経済的暴力」・・・相手のお小遣いやバイト代を使う・取り上げる、借りたお金を返さ
          ない、など。
<DV・デートDVのサイクルと特徴>
 緊張期・爆発期・ハネムーン期をぐるぐると繰り返し、相手を混乱させる(どちらが本
 当の姿かわからない)。「やっぱり、自分が悪いから、こうやって怒りが爆発するん
 だ」と思いがち。
 ①あらさがしをしたり、急にムッとしたり、バカにしたり、なんだか雲行きが不安定な
  状態が続く。二人の間の空気は少しピリピリした状態(緊張期)
 → ②何かが引き金となって暴力になる(爆発期)
 → ③「もう絶対暴力をふるわないから」と泣いて謝ったり、「大好きなんだ」と愛を
    誓ったり、プレゼントをくれたりする。(ハネムーン期:下手にでて、相手を
    より支配しやすくする。)

②カノジョとカレシのいい関係ってどんなもの?
・自分の恋愛観をチェックしてみる。
・マンガやDVD、新聞記事等を活用しながら、どうすればお互いの気持ちや考えを大事
 にするいい関係になれるかを考える。
いい関係とは
 ・・・★暴力のない関係★自分のことを大切にする★相手のことも大切にする
*もし、友達がデートDVの被害者・加害者だったらどうするか?
  ・・・しっかり話を聞いてあげる、信頼できる大人に相談する、相談機関の情報を
     伝える。

 高橋さんのお話は、高校生向けにマンガ等を使用して、とてもわかりやすく、1時間半があっという間でした。参加者からは、「デートDVについてはじめて聞いた。」「3年生は2年時にこの授業を受けたが1、2年生にもぜひ聞かせたい。」という感想がよせられました。今年度は行われていないということでしたが、来年度ぜひ取り入れていただきたいと思いました。

<終わりに>
 人権教育推進委員会では、毎年度このような講演会(研修会)を企画・実施しており、参加された方からは、高い評価をいただいています。せっかくの機会ですので、お誘いあわせの上、多くの会員の皆様が参加くださるよう、お願いいたします。
【お知らせ】
 1・2年生人権教育LHRが2月6日(水)に予定されています。保護者の方にも関心を持っていただき、家庭で子どもと語りあう機会をもっていただきたいと思います。

    H24 秋桜 第3号表面   H24 秋桜 第3号裏面

参加者の感想は「続きを読む」に掲載
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)
[秋桜 第3号]の続きを読む
 10月30日(火)未来中心セミナールーム3にて、鳥取県福祉相談センター次長 高橋 智鶴 さんを講師にお迎えし育友会人権教育講演会が開催されました。
 演題は「『デートDVをご存じですか』 ~カノジョとカレシのいい関係~」で、全国・鳥取県における暴力等の実態や相談窓口の紹介の後、県内の高校で実施されている「デートDV」学習のスライドやDVDを主に、デートDVとはどんなことか、いい関係をつくるにはどうしたら良いかを講演して頂きました。
 高校生の保護者としてタイムリーで、、またどんなに親しい間柄でも暴力(身体的・言葉・心理的・性的・社会的・経済的)は犯罪・人権侵害であるというお話をうかがうことが出来ました。

 H24人権講演会講師 高橋智鶴さん   資料1p  資料2p 資料3p 資料4p 相談窓口
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)

鳥取県立倉吉東高等学校育友会 
秋桜
人権教育推進部だより       
2012年10月17日発行

10月10日(水)、公開人権教育LHRが各クラスで行われました。
今回の「秋桜」では、公開授業に参加された保護者の皆さんの感想を中心に紹介します

1年生  テーマ:さまざまな人権問題に学ぶ
■人権LHR委員が、自分の想い、考えを持ちみんな の気持ちを引き出そうとして進行し
 ていてとても上手だなあと感心しました。
■今回は、ドラえもんを題材に人間関係について考えていきましたが、もう少し自分の周
 り、経験の中でみんなが感じることにふれられると、感覚が具体的になり、心に入りや
 すいのではないかと思いました。
■今まさに、世代に関係なく人権について考えなければいけない時だと思います。
 その中で、生徒たちはもっと自分の思いを前に出すべきだと感じました。実際に体験
 したことのない人でも何故ともっと考えてほしいです。
■集中する時間をもっと大事に、ペース配分を考えて話し合いをする。
■はじめに「ひとりひとりがどのように行動し、どのようにクラスに関わっていけばよ
 いか」ということについて、グループで話し合いました。その後、グループで出た意見
 を発表し、クラス内の問題について全体で話し合いました。グループでの話し合いは、
 よく話し合っていましたが、途中から雑談になっていたような気がします。              
 全体的に良く意見が出ていて、皆も他の発表を、よく聞いていたと思います。
■人権LHR‥委員の進行が良かったと思います。クラス全員の動向を見ながら意見をの
 べ、意見を求める方向、自分で考え、班でまとめる時間の配分、難しいことだったと思
 います。
■発表の声が小さくて聞こえにくかった。自分の意見を自信持ってはっきりと言ってほし
 かったです。まちがった答えはありません。本音が聞きたかったです。

2年生 テーマ:在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ
■事前に自分たちで調べ学習して、グループワークをしていてとても活発に意見交換でき
 ていたと思います。他のクラスの参観が出来ず残念でしたが、有意義なLHRが出来て
 いたと思います。「本音で言おう」というルールを人権LHR委員の方から説明があり意
 見がくい違ってもいいから意見を言うことが大切ということをPRされたのが良かっ
 た。
■子供たちは、竹島の問題とか拉致問題とか、今、目につく問題から差別につなげようと
 しがちに思う。何故このような差別があるのか、歴史について学んでいると思うが理解
 が足りないように思った。相手の立場になって考えるということは難しいのかなと思い
 ます。どうしたら、そのような立場に立って考えようと出来るのでしょうかと思いまし
 た。
■生徒たちがよく考えて調べていたと思います。自分たちの時と比べて、在日韓国・朝鮮
 人については、あまり学ばなかったように感じています。この差別問題は、歴史的な背
 景も関係しているように思います。世界の中の日本であるからこそ、今、それを無視し
 て はいけないと思うこのごろです。生徒たちはまだ自分自身に関わっていないところ
 がある ので意見も出しにくいのかと思いました。
■課題事項が多すぎる。課題を絞って話し合いを行うべきと思う。
 様々な話し合い方法が行われていた。どれが良いとはいえないが、多くの人の意見、考
 えを聞くのが良いのでは、と感じた。‥‥結局、結論は出ないので人それぞれ意見があ
 ることを知ることができるため。他人事という感じである(在日韓国・朝鮮人の立場か
 ら考えるというのは難しい)
■この授業でみんな考えが違うということを知り、どうしてそう考えるのかと相手の立場
 で考えることを身に付けて欲しい。

3年生 テーマ:結婚差別に学ぶ
■はじめて参観させていただきました。子供たちの様子が見られた事が一番良かったと思
 います。クラスの中で、我が子がどんな風にとけ込んでいるのか、どう思いを伝えてい
 るのかなど、家では見せない姿を見る事ができました。
 また、各ケラスで生徒たちの努力・活動など知る事ができました。これからの活動に活
 かして欲しいです。
■1年から3年まで全学級見せていただきました。
 人権:LHR委員は深<学び力をつけていると感じました。全クラスともです。
 また、先生方の事前の支援や、生徒への指導がしっかりなされていました。お疲れ様で
 した。
■委員以外の生徒の気付きや葛藤、振返りができていたのかどうかという事には?です。
 問題の本質に迫るためには、やはりピンポイントで教師の切込みが一言でいいので必要
 かもしれないと感じました。どのクラスの授業でも1年ならいじめられている子、いじ
 められ経験のある子、2年なら在日(韓国・北朝鮮人)の子など、その立場にある子が
 クラスにいたとしたら、授業のおわりに顔を上げて笑顔でおわれる授業になっていたか
 ・・・。子どもに運営を任せても、そこははずしてはいけないと思います。
■3年生の結婚差別については後の懇談会で話させていただきたいと思います。中学校で
 結婚差別について扱う学校が少なくなっており「差別に負けない力」「仲間と一緒に闘
 おうとする意欲」をしっかりもたせ「家族や世間に流されない子」として送り出してい
 ただきたいと願っています。少なくとも「被差別」の立場にある子が「寂しい思い」を
 抱いたまま卒業することのないよう、よろしくお願いします。
■結婚についてのアンケートで、相手に求めるものという項目において男子生徒は家庭
 力、女子生徒は経済力を求める割合が高い結果が示され、従来と似たジェンダー(社会
 的・文化的につくられた性差~男だから・女だから)の傾向がみとめられる。
■どのクラスも真剣に考えて話しあっていました。結婚というものが身近な、自分の身に
 差し迫った事ではないのか、少し自分と距離をおいた世界という気がしました。今は実
 感していないかも知れませんが将来、結婚は(必ず)直面することだと思うので、その
 時に出合った障害・問題に力になるようにと思っています。
 リラックスした雰囲気で話し合って率直に意見が出せていたと思います。
■本日は授業を見学させて頂き有難うございました。高校生の特に3年生の発達段階と、
 倉吉東校での3年間の積み上げを強<感じる事ができました。特に印象に残ったのは各
 クラスの人権LHR委員の主体的な係り方で、学校グループメンバーの実態をよくとらえ
 的確な助言や課題設定をしていたと思いました。今日の一時間の学びの中に一人一人の
 今後の人生の中で有効に生きるだけ思考・判断が盛り込まれていたと感じました。
■「立場を固定化しない」という考えを反映させた問いかけを意識していくことが、全て
 の生徒の学びを保障する上で大切であると思います。
 各学級の実態などがあると思いますが、男女混合班での話し合いをしていたクラスの方
 が、話し合いが深まっていたように感じました。人数比等あると思いますが、一考の価
 値はあるかと思います。
■結婚について様々な角度からの考え方を聞く事ができる良い機会でした。どの子もテー
 マを真剣に考えながら話し合いができ、とても意見を言いやすい雰囲気だったと思いま
 す。人の心を動かす強い意志が育って欲しいと思います。
■良い事、悪い事、自分に立場を置き換えて様々な意見が見られて良かったです。「世
 間」における理不尽な事に気付き、それを行動化していける仲間作りを、今日の最後の
 人権学習の授業を、新たなスタートとして、これからの人生の中で活かして欲しいと思
 います。差別問題は根深い部分がありますが、学ぶことで初めて気付く事が多々ありま
 す。子供を支えていける様、親が学習を深めて行く必要があると思います。そして今日
 は参観ができて良かったです。人権LHR委員の生徒さんお疲れ様でした。

育友会人権教育講演会のお知らせ
今年度の人権教育講演会を、下記の日程にて開催いたします。
 今回のテーマは「デートDV」です。「デートDV」とは、交際している男女間で身体、言葉、態度などによる暴力を使って相手を支配しようとすることです。暴力を振る方(加害者)と受ける方(被害者)の気持ちを知り、どのようにしたら互いを尊重し合えるより良い関係を築<ことができるのかを学習していきます。どうぞお誘いあわせの上、ご参加いただきますようお願いいたします。

・とき 10月30日(火)午後7時30分~9時
・場所 倉吉未来中心 セミナールーム3
・演題「デートDVをご存知ですか」~カノジョとカレシのいい関係~
・講師鳥取県福祉相談センター次長高橋智鶴さん

皆さんのご参加をお待ちしています!

(学年別懇談会は「続きを読む」に掲載しています)
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法を紹介した記事(M abe)
[秋桜 2012.10.17発行]の続きを読む
2012年10月10日
倉吉東高育友会会員の皆様ヘ
育 友 会 会 長 西田寛司
人権教育推進委員長  池内春雄

2012年度育友会人権教育講演会の開催について(ご案内)

 秋冷の侯、皆様にはお変わりなくご活躍のことと拝察いたします。
 日ごろ、育友会の活動につきましては、公開人権教育LHRへの参加をはじめ、格別なご理解とご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて、このたび育友会会員対象の人権教育講演会を下記のとおり開催しますので、ご多用の折とは存じますが、万障繰り合わせの上ご出席いただきますようご案内申し上げます。なお、生徒の参加もOKですので、ぜひ親子で聴いて頂き家庭でも話題にしていただければ幸いです。

                    記

 1 期 日    10月30日(火) 午後7時30分から午後9時まで
 2 場 所    倉吉未来中心 セミナールーム3
          倉吉市駄経寺町212-5 TEL.0858-23-5390
 3 演 題    「デートDVをご存じですか」
               ~カノジョとカレシのいい関係~ (裏面参照)
          鳥取県福祉相談センダー 次長 高橋智鶴氏

 ※ 誠にお手数とは思いますが、資料準備等の関係で、下の用紙により出・欠席のご返事を
   10月25日(木)までにクラス担任を通してキャリア形成部の石田までお知らせ下さい。
 ----------- 切 -------- り ------- 取 ------- り --------- 線 ---------
裏面「デートDV」 人権講演会ご案内      2012年度育友会人権教育講演会(10/30)に
  (該当する方に○印を)
          出席します
          欠席します
      保護者 名前              .
      生徒   年  組  番
          名前               (生徒参加は○記入    )
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)
       秋 桜                    鳥取県立倉吉東高等学校育友会    
                                      人権教育推進委員会だより 
                                          2012年10月3日発行
【近日公開!】
  公開LHRで「見て!」十「聞いて!」{知って!」
           →「子どもの成長を後押し」しましょう

                                            育 友 会 長 西田寛司
                                           人権推進委員長 池内春雄
 人権とは、「人が生まれながらに持っている必要不可欠な権利」です。
 人は、自分の人権を尊重してもらいたいと望んでいます。その気持ちは誰もが同じで、それは裏返せば、他の人を尊重しなけれぱならないということになります。
 しかし、最近は権利ばかりを主張し、他の人の考えを受け入れない傾向が多々見受けられます。
 「自分の大切さとともに他の人の大切さを認めること」について、理解するだけに止まらず、いかなる状況においてもその態度や行動に表すことができるよう、子どもたちには成長してもらいたいと思います。
 そのためにも、子どもたちの考えを確認できる絶好のチャンスである「人権LHR」にみんなで参加してみましょう。
 家庭では見ることができない、大きく成長した我が子に会えるかもしれませんよ。

 公開LHR 日程
期 日 10月10日(水)
 一公開LHR-
  ☆時 間  6・7限(13:45~15:25)
  ☆場 所  各クラスにて(どの学年・クラスの参観もOKです)
  ☆テーマ  1年生 「人権問題に学ぶ」
        2年生 「在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ」
        3年生 「結婚差別問題に学ぶ」
 -学年懇談会-
 保護者・一般参加者・先生方等で懇談会を行います。ぜひご参加ください。
  ☆時 間  参観終了後 (16:00~:16:55)
  ☆場 所  1年生:地学室
        2年生:生物室
        3年生.:物理室

   *校舎配置図は、当日受付にてお配りします。*

 高校生たちは、こんなことを学習しています。 LHRを参観される時の参考に、ご一読ください。

1年生
 現在まで積み重ねてきた人権教育について整理し、差別をなくすために、これからどのようなことに取り組むことができるかを考える学習をしています。
 具体的には、中学校での学習を報告し合い、相互に認識を深め、また意識調査の結果をもとに差別が残っているのはなぜか話し合いました。

2年生
 在日韓国・朝鮮人に対する外国人差別を取り上げ、その実態を知るとともに今後の日本社会のあり方を考える学習をしています。
 具体的には、在日韓国・朝鮮人への差別の実態とその差別が形成されていった歴史的な背景や出来事を調べ、その実態を知るとともに、自分だちとの関わりについて学習しています。 

3年生
 同和問題に対する行政の在り方の推移や、進路保障の取り組みの進展を学習しています。進路保障上の問題を通して差別の解消を図る意義を学んでいます。
 同対事業をふまえて、就職差別について学習し、統一応募用紙の理念や違反面接事項などを取り上げ、差別を許さないための具体的行動について考えました。
                                                裏面へつづく
   秋桜 表   秋桜 裏
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)
[秋桜(人権教育推進委員会だより)]の続きを読む
 7月11日に、第1回人権教育推進委員会が開催されました。その概要と第2回案内をお知らせします。


        2012年度育友会 第1回人権教育推進委員会 (記録)
                             2012年7月 11日(水)19 : 30~20 : 45
                            倉吉東高大会議室 司会:田中
 1.挨拶
   池内人権教育推進委員長
 2.自己紹介
 3.報告
  (1)本校人権教育の年間計画・基本方針について(石田)  資料についての説明
  (2)解放研活動について(石田) 現在の状況・リーダー研修会について
  (3)育友会人権教育推進委員会の昨年度事業について(池内)
  (4)その他(石田) 配布名簿について説明
 4.協議
  (1)副委員長の選出  最後に各学年で集まって決定
    委員長   池内春雄(2-3)
    副委員長  田中 肇‘(3-4)、井上英之(1-3)
  (2)推進委員会の事業について
   ①ねらい、活動全般(石田、池内)
    資料をもとに説明,協議。
    各学年で広報紙・秋桜の割振りの確認(1号-2年,2号-3年,3号-1年)。
   ②研修会
    会員研修会の時期・講師について
    時期は10月下句
    DV,児童虐待,いじめ,より良く生きる,部落差別等で考える。次回までに講師案を
   ③他団体主催の研修 紹介(石田)
     ・人権尊重社会を実現する鳥取県研究集会(鳥取市) 8/8(水),8/9(木)
     ・倉吉市市集会(倉吉未来中心池)         8/26(日)
     ・他 資料参照
     ・第64回全国人権・同和教育研究集会(岡山県)  12/1(土),12/2(日)
  (3)人権教育LHRの計画について
    第1回 全学年  5月16日(水) 6・7限
    第2回 全学年  10月10日(水)   6・7限(公開)
    第3回 1-2年生 2月 6日(水)    6・7限
  (4)その他
    ①第2回育友会人権教育推進委員会について 日にちの決定 8/10(金)
 5.その他
・・・・・・・・・・・・・・・・ 切  り  取  り ・・・・・・・・・・・・・・・・
   第2回育友会人権教育推進委員会に
       ( 出席 ・ 欠席 ) する     (該当する方に印を)
     保護者    名前                           .
     生 徒  第  学年 組  名前                  .
                             7月31日(火)までに キャリア形成部石田へ
                        職員室の石田机上に連絡封筒入れを用意しています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
2012年7月17日
倉吉東高等学校育友会
  人権教育推進委員各位
                         育友会人権教育推進委員長  池内春雄

         第2回育友会人権教育推進委員会の開催について(ご案内)

 学園祭が盛大に終了して一回り成長をとげた生徒たちにとって夏休みの待ち達しい今日この頃、会員の皆様いかがおすごしでしょうか。育友会並びに育友会人権教育推進委員会の運営に日頃からお世話になっております。第1回推進委員会にはご多忙中にもかかわらずご出席くださりありがとうございました。
 第1回推進委員会では、本校の人権教育の取組についてご報告し、また今年度育友会の取り組みについて裏面の通り協議いたしました。
 さて、本年度第2回育友会人権教育推進委員会を下記のとおり開催いたします。育友会会員の人権教育研修会のテーマ・内容・時期・講師等や広報について協議をしたいと思います。ご多忙中とは存じますが、万障繰り合わせの上、ご出席くださいますようご案内申し上げます。

                     記
   1 期 日 8月10日(金) 午後7時30分から

   2 場 所 倉吉東高等学校 大会議室

   3 議 事   協議事項
            ①研修会について
            ②授業参観広報活動について
            ③その他
   * 出・欠席のご返事を7月31日 (火)までにキャリア形成部の石田までお知らせ下さい。
    なお、保護者印はサインで結構です。通い封筒はご返却下さい。
---------------------------------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)
[第1回人権教育推進委員会]の続きを読む
鳥取県立倉倉吉東高等学校育友会
人権教育推進委員会だより
                            秋 桜          2011年10月24日発行
 去る1O月5日(水)、人権教育公開LHRが各クラスにて行われました。
 今回の「秋桜」では、公開授業に参加された保護者の皆さんの感じられたことの一端を
紹介します。残念ながら参観いただけなかった皆さんにも、LHRの様子を少しでも知って
いただければ幸いです。

1年生 テーマ:さまざまな人権問題に学ぶ  内容および感想(○)課題(☆)

  各クラスとも事前学習で体験(妊婦・沖縄の人権教育・高齢者・障がい者・子ども・車椅子
 利用の疑似体験)し、学んだ内容を通して、自分だちと人権問題との関わりについて考え、社
 会の一員として人権問題にどのように関わっていくべきなのかということを話し合いました。
○生徒が事前に調べた学習は「深みがある」とは言えないもので残念な感じがあります。
 しかし、7限目の話し合いで、自分たちが「他人事と思って関心をもっていない|Γ少数
 派の意見が尊重されない社会だ」ということに気づき、まず「知る」ことが大切というと
 ころに到達したのはよかったと思う。例えば部落問題など最近は避ける人が多くなってい
 ると思いますが、やはり、これまでの経過をきちんと知ることは大切で、その上で「自分
 たちはどうしたらいいか」考えていけたらと思います。
○小学校の人権教育を土台にして、本日の授業が成立していると感じました。さまざまな
 経験と繰り返し行われる人権学習が生徒の考える力を育ててきたと思います。高校卒業
 後は、次第に学習の機会が減少すると予想されます。職場や地域での学習機会は、少数
 の参加しかないのが現状です。高校で、しっかりと人権について学ぶ時間を持つことが
 大切だと思いました。
○どのクラスも体験を通して「高校生として考えるべきレベル」を明らかにし、小中よりも
 深い人権学習にしようという工夫と働きかけが見えました。自分自身の個人的な感想にと
 どまらず、社会的視点を意識した内容になっていたと思います
☆テーマごとに体験を通して感じたこと、気づいたことがたくさんあり、一人ひとりの思
 いもあるにもかかわらず、発表する時、声が小さく聞き取ることができず残念でした。
 五感で感じ取ったことと自分の思いをクラスの仲間や参観者にしっかりと伝えようとい
 う気持ちがうすいと思います。先生より、心の中で思ったこと・考えたことを声をあげ
 よう、賛同したら支援しようというお話があり、また学習面だけでなく、日々の生活、
 教室の使い方等、現実に連動させてお話され、私も考えるもととなりました。有難うご
 ざいました。

2年生 テーマ:在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ 内容および感想(○)課題(☆)

 「故郷(コヒャン)をつくる街」のDVDを事前LHRで視聴し、感想シートに各自感想・
意見や疑問をまとめ、それをもとに各クラスで様々な切り□から在日韓国・朝鮮人問題に
ついて考えた。
○運営委員の生徒が、すごく真剣に伝えよう、聞きだそう、深めようとしている姿が印象的
 でした。私自身、在日の方への理解はゼロに等しいので、良い機会になりました。子ども
 と家で話してなかったですが、話題にできる家庭でありたいと思いました,、
○これだけの時間で何かを引き出すのは、とても大変だったと思います。準備をされた生徒
 さん、ごくろうさまでした。正解もないし間違いもない、人の意見(気持ち)のことなの
 で、どれだけ相手によりそえるか、私も子供といっしょに考えていきたいと思いました。
 私の住んでいる地域には在日(外国人)の方が沢山おられます。その方から聞いた事を少
 し班の子供さんにお伝えしましたが、私の知る限りの事をきちんと子供に伝えていきたい
 と思っています。意識の温度差が少しでもなくなっていけばいいですね。思っている事を
 しっかり伝え合える人に成長していって下さい。今日は一緒に勉強させてもらってよかった
 です。ありがとうございました。
○韓国研修へ向けてのいいタイミングで学習できたと思いました。それぞれのクラスの資料
 等で、大人も勉強になる事がたくさんありました。発表の場では発表の声がもう少し大き
 けれぱ良かったなあと思いました。今度は現地に行って肌で感じる事はいろいろでしょう
 が、いい交流ができたらいいなあと思います。
☆“関係ない”意識をどう改善していくか、私自身にどう直結させていけるか‥・ですね。
☆生徒の声が小さい。原稿を見ながら下を向きっぱなしでしゃべると、思いが伝わってこな
 いので、何日も遅くまで準備してきた事や、それを通して学んだ事をしっかり前を向いて、
 クラスのみんなに伝えてほしいです。

 秋桜1024 1頁  秋桜1024 2頁  秋桜1024 3頁  秋桜1024 4頁
-----------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)


  
[秋桜(人権教育推進委員会だより) 10月24日発行]の続きを読む
2011年10月14日
倉吉東高育友会会員の皆様へ
育 友 会 会 長  高松 彰
人権教育推進委員長 田中 肇
2011年度育友会人権教育講演会の開催について(ご案内)

 秋冷の候、皆様にはお変わりなくご活躍のことと拝察いたします。
 日ごろ、育友会の活動につきましては、公開人権教育LHRの参加をはじめ、格別なご理解とご
協力をいただき厚くお礼申し上lげます。
 さて、毎年開催しております育友会会員対象の人権教育講演会を下記のとおり開催することに
なりました。講師は、鳥取県教育委員会人権教育課の盛田恭司さんと鳥取県教育委員会中部教
育局の中島朋子さんです。本年度は参加体験研修ということで、広く人権についてと発達障がい
についての2つのワークショップ形式で行います。
 ご多用の折とは存じますが、万障繰り合わせの上ご出席いただきますようご案内申し上げます。
なお、生徒の参加もOKですので、是非親子で体験して頂き家庭でも話題にしていただければ
幸いです。
1 期 日 10月27日(木) 午後7時30分 ~ 午後9時
2 場 所 倉吉未来中心 セミナールーム3
        倉吉市駄経寺町212-5 TEL.0858-23-5390
3 演 題 ①「人権って何だろう?-初めての人の人権ガイド-」
            鳥取県教育委員会人権教育課副主幹 盛田恭司さん
      ②「一人ひとりの特性を知り、認め合うために~ワークショップを通して~j
            鳥取県教育委員会中部教育局指導主事 中島朋子さん

※誠にお手数とは思いますが、資料準備等の関係で、下の用紙により出・欠席のご返事を10
  月25日(火)までにクラス担任を通して人権教育部の石田までお知らせ下さい。
---------切----り---取-----り------線-------
  2011年度育友会人権教育講演会(10/27)に

  (該当する方に○印を)   出席します(参加ワークショップ番号  )
                   欠席します
          保護者  名前                 .
          生 徒       年  組  番
                 名前                 (生徒参加は○記入      )
H23人権講演会
-----------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)

秋桜   2011年10月3日
倉吉東高育友会
人権教育推進委員会 発行

一授業参観-
 ●日時:10月5日(水)5限(12:50~13:35)

一公開LHR-
 ●場所:各クラスにて(どの学年・クラスの参観もOKです!)
 ●日時;IO月5日(水)6・フ限(13:45~15:25)
 ●テーマ: 1年生「人権問題に学ぶ」
       2年生「在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ」
       3年生「結婚差別問題に学ぶ」

一学年懇談会-(保護者・一般参加者・先生方等で懇談会を行います。
        是非ご参加下さい。)
 ●日時 参観終了後16:OO~16:55
 ●場所 1年生 : 旧1の6教室(教室棟IF西側)
     2年生 : 大会議室(管理棟IF西側)
     3年生 : 物理室(管理室2・F東側)

  授業参観と公開LHRのご案内
  メイン 「是非、人権教育ロンクホームルームヘの参観を」
  サブ 「教育の目的は人格の完成」
  既に、保貧者の皆様には学校よりr人権教育LHR(ロングホームルー
 ム)公開授業jの案内通知が届いていると思いますが、改めて育友会
 並びに同人権教育推進委員会よりご案内と出席のお願いをいたしま
 す。
  一年生の保護者の方は初めてですが、本校では「人権教育について
 の基本姿勢」を定め、教育活動の全領域において、生徒一人ひとりを
 尊重した人権教育の実践にあたっており、この度の人権教育LHR(口
 ングホームル一ム)公開授業もこの一環の取組みです。

  多くの生徒が進学を目指す本校において、教科書をマスターし知
 識、技術、教養を身に付ける事は当然の事です。
  しかし、これは本来の教育の目的の一部に過ぎません。
 教育基本法の第1条に教育の目的が明記してあり、それは「人格の
 完成」だそうです。          、
  部落差別を初めとする様々な人権問題に対する認識を持ち、その解
 決に向けて行動できる資質や能力も人格の重要な部分です。
 「人格の完成」は学校だけでできる事ではありません。私達、保護者
 も生徒の発達段階や人間的な成長に配慮しサポートする事も「人格の
 完成」には必要だと思います、
  人権教育LHR(ロングホームルーム)は生徒が中心となり自主的に
 運営します。
  このためクラスの雰囲気は勿論、家では見せない生徒(子供)の姿
 や思い(意見)に触れ、成長を実感できる良い機会になります。
  また、日々成長する生徒に対して、保護者自らも学び成長する事は
 大切であり、そういう意味でも公開授業は責重な場といえます。

  昨年の人権教育LHR(ロングホームルーム)の後、普段は家庭であ
 まり話をしない生徒が、当日の授業について保護者と話をしたという
 報告がありました。

育友会会長 高松彰
育友会人権教育推進委員長 田中肇

秋桜生徒から  秋桜表
-----------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)

[秋桜(人権教育推進委員会だより)]の続きを読む
                                      平成23年9月22日
 保護者の皆様へ
                  東  高  等  学  校  長    牧  尚志
                      育    友    会    会    長    高松 彰
                      育友会人権教育推進委員長 田中 肇
人権教育LHR(ロングホームルーム)公開授業について(ご案内)
 朝夕に、秋の深まりを感じるようになってまいりました。保護者の皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、今年度2回目の人権教育LHRを10月5日(水)に公開で行うことになりました。公開人権教育LHRは、生徒、教師そして保護者が共に人権問題の解決に向けて学習を深める場として始まりました。育友会としましても、人権啓発のよい機会と考えて広報に力を入れておりますことをご理解いただき、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。また、5限を授業参観として公開し、ふだんの学習の様子を見ていただけるように企画いたしました。
 なお、お手数とは存じますが、出・欠席のご返事を10月3日(月)までに担任へお知らせ下さい。

                         記
 1 期 日  10月5日(水)  5限(12:50 ~13:35)授業参観
                  6・7限(13:45 ~15:25 )人権教育LHR
 2 場 所   各組教室

 3 テーマ   1年生 「人権問題に学ぶ」
          2年生 「在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ」
          3年生 「結婚差別問題に学ぶ」

4 その他  O駐車はグランドにお願いします、
        O耐震化工事の関係で、ご不便をおかけしますが、当日は体育館側からお入り
         いただき、体育館前の受付で、案内図等の資料をお取り下さい。
        O参観は、どのクラスでもできます、
        OLHR終了後、16時00分より参観者(保護者、一般)、職員による
         学年別懇談会を開きます。どうぞご参加ください。
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 切  り  取  り ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・       
 公開人権教育LHR(10月5日)に
          出席します      欠席します
                          (O印をしてください)
   保護者 名前                .   
   生徒 名前                   年   組  .
※出・欠席のご返事を10月3日までに各ルーム担任にお知らせ下さい。

人権LHR
-----------------------
↓よろしければ、記事へのコメント、人気ブログランキングへの1日1クリックをお願いします。
ranking 人気blogランキング(教育・学校)コメントの記入方法(M abe)

9月1日に第3回育友会人権教育推進委員会が行われ、本年度の人権教育公開LHRと教育講演会について話し合いました。

①今年度人権教育公開LHRについて(予定)
 ・授業参観の企画について
  10月5日(水)
 ○授業参観  5限  12:50~13:35
 ○公開LHR
 ・時間帯:6・7限  13:45~15:25
 ・テーマ:1年生「人権問題に学ぶ」
     :2年生「在日韓国・朝鮮人問題に学ぶ」
     :3年生「結婚差別問題に学ぶ」
 ○学年懇談会(保護者・一般参加者・教員等の懇談会)
 ・時間帯:参観終了後 16:00~16:55
       ※ 授業終了したクラスから順次始めますが、遅くとも16:00には始める目安です。
 ・場 所:耐震化工事の関係で調整中。決定次第お知らせします。
 ・担当教員: 1年生 川北・仲田  2年生 前田陽・岩間  3年生 石田・古川
 ○育友会と解放研の懇談会(未定)現在検討中

~トピックス~
1.授業参観、懇談会とも、長時間にはなりますが、みなさまこぞってご参加ください。
  人権教育推進委員会では「秋桜 LHRお誘い号」を発刊し、より詳しい内容をお知らせしていく予定です。
  9月末の発刊をめざしていますので、そちらもご確認ください。
2.学年懇談会では、例年出席される方も少なく、その上保護者に意見を求めて何度も振られるのがかなわない
  というご意見があるようです。これを反省して、今年度はあまり保護者に発言を強制しないような進行をと
  先生方も工夫されるとのことです。
  保護者の方々の積極的ご参加が増えることを願っています。よろしくお願いします。

②人権教育講演会について
 10月27日(木)午後7時30分~午後9時
 倉吉未来中心 セミナールーム3
 ワークショップ 1)人権について
           鳥取県教育委員会人権教育課副主幹 盛田恭司
         2)発達障がいについて
           鳥取県教育委員会中部教育局指導主事 中島朋子

 ※ 今年度は初の試みでワークショップ型研修会を企画しています。
   こちらにも、みなさまの積極的ご参加を期待しています。

③ポルフェリン症の難病指定をめざすつながり について
 昨年度の人権教育講演会でご講演いただいた池谷由美さんのこの活動を、本校でも、話を聞いただけで終わらせず継続的な人権活動として署名支援してはどうか、という意見があり、委員会で協議しました。
 この結果、全国ポルフェリン代謝障害友の会「さくら友の会」の署名活動に賛同し、今年度の人権教育講演会までの期間、折に触れ署名を集めていくことになりました。
 このことについても、改めて人権教育推進委員会よりお願いのお便りを出し、署名方法など詳しいご案内をしてまいります。ご協力お願い致します。

                                            (m.fujie)